新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 緑色の魅惑 | トップページ | 宝石箱 »

機能付チョコレートレビュー

 最近、カカオ分が多いことをうたったチョコレートや、GABAという、ストレス抑制成分が配合されたチョコレートなどが、店頭に並んでいます。

 私も、チョコレートは大好物なので、いくつか試してみました。
 その結果、当然のことですが、メーカーによって、味が相当違うことに気づきました。

 あくまで私の感想としてですが、どのメーカーのものがおいしかったか、比較してみようと思います。
 対象となるメーカーは、「リンツ」(スイスのメーカー)の、「エクセレンス」(カカオ分70%、85%、99%の三種類)、「ロッテ」の、「カカオの恵み+リラックス」(GABA配合、カカオ分70%)、「グリコ」の、「メンタルバランスチョコレートGABA」(GABA配合、カカオ分不明のため、ビタータイプで比較)、「明治」の、「チョコレート効果」(カカオ分72%、86%、99%)の四社(本当は、ブルボンなどからも出ているのですが、そこまでは食べ切れませんでした…)です。

 まず、カカオ分99%同士ということで、リンツVS明治。
 もともと、値段自体が大きく違う(リンツの99%は、明治のそれの2倍以上)ということもありますが、圧倒的にリンツの勝利。
 カカオ自体の味がしっかりしていて、苦味の中にうまさが感じられるリンツに比べ、明治の99%は、舌にざらつくような感触が残り、味もただ苦くてまずいような感じを受けます。

 続いて、GABA配合ということで、ロッテVSグリコ。
 微妙な差なのですが、個人的にはロッテのほうがおいしく感じました。
 とはいえ、グリコも悪くはありません。
 ただ、ロッテの「カカオの恵み」は、カカオ分が70%も配合されているにもかかわらず、ほのかな甘みとおいしさが感じられ、リンツのチョコレートに近いところを感じました。
 対するグリコは、ビタータイプでもちょっと甘みが強め。
 このあたりは、個人の味覚によるところが大きいと思います。

 最後に、カカオ分70%クラスということで、ロッテVS明治(72%タイプ)。
 カカオ分という点では同じくらいなので、純粋に味の比較となります。
 ここでも目立ったのが、明治のチョコレートの舌に与えるざらつき感。
 あまり、良いカカオを使っていないのかもしれません。
 結果、ロッテの圧勝。

 総合すると、個人的な好みでは、「リンツ」>「ロッテ」>「グリコ」>「明治」(明治のファンの人は、申し訳ありません)という感じになります。

 ほかにもいろいろなメーカーから出ている、高カカオ分チョコレートなど。
 もっと食べてみたいのは山々なのですが、吹き出物とおなかが気になるので、あまり食べ過ぎないように注意しつつ、特に仕事のストレス発散のために、GABA入りのものを選んで食べています(笑)。  

« 緑色の魅惑 | トップページ | 宝石箱 »

お菓子関連」カテゴリの記事

コメント

markさん、チョコレート研究家みたい。(笑)
リンツのチョコ、おいしいですよね。
好きだけど、最近控えてます…
夏が近づくと、毎年ダイエット宣言!!
そのわりに痩せないんだけど。(笑)
太るのは簡単なんだけどな~

 比較的、うちの家系は味にうるさい人が多いので、必然的に私も結構味にうるさい(とはいえ、うちの中では一番舌の解像度が低いのですが…)のです。
 リンツのチョコレートは、99%のものであっても、チョコレート本来の「味」がしっかりとしているのが分かるので、大好きです。
 製菓用で使う、クーベルチュールとかに近いのかもしれません。
 夏は、多少はやせると思いますが、例年に比べるとやせられる幅が少なくなっているかもしれません(例年、食欲がなくなって、「やつれる」というべきなので)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/10191087

この記事へのトラックバック一覧です: 機能付チョコレートレビュー:

« 緑色の魅惑 | トップページ | 宝石箱 »

アクセスカウンター

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE