新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 転ばぬ先の… | トップページ | 安心と時をお金で »

次世代ディスク追記

 がじろうたさんから、結構おもしろいコメントをいただけたので、予定を変更して、もう少しこの話題に対して付け加えたいと思います。
 (なお、罵詈雑言は嫌いですが、このような自分の考えなどを示す「批評」は、むしろ大好きです。自分の考えの間違っているところが分かったりすることもありますしね)

 HD DVDの「将来」という意味では、ブルーレイのほうが明らかに進んだ企画であり、不利にしか見えないと思います。
 ただ、意外と「コスト」という面は、馬鹿にできない影響力を持っていると思います。

 有名な、VHS対ベータにおいて、最終的に普及度を分けたのは、コスト面でした。
 ベータのほうが明らかに画質において上回る(実際に、同じ番組で見比べたことがあるので、間違いないと思います)にもかかわらず、VHSの方がハード、テープの両面において、低コストを実現できた結果、最終的に勝者となったという感があります。

 HD DVDにおいて、最大のメリットは、従来の機器を「メディア作成において」流用できるという点にあると思います。
 このことはつまり、外国の会社(このあたりが、勝敗を分ける鍵になりそうです)などが、今までの機器を利用して、HD DVD用のメディアを安価に製造するということが可能だということを意味しています。

 対するブルーレイは、今までとは全く違う機器を使わないと、メディアを作成できないため、ある程度以上資金力のあるメーカーしかメディア作成を行えないと思います。
 (PS3によって、需要が出たとしても、「書込用」のメディアの金額に反映されるかは、微妙な線だと思っています)

 結果、パソコンショップや家電店などにおいて、
 「多くの種類があって安価なHD DVDのメディア」対、
 「いくつかの大手メーカー製しかなく、高価なブルーレイのメディア」
 という構図が発生することは、十分に考えられると思います。

 現に、現行のDVDにおいても、一般的なDVD-RおよびDVD+Rに対し、DVD-RAMは相当選ばれる頻度としては、低い(書き換えは出来ても、高価なため=書込みのみで安価なメディアで十分)ということからも、このような状況になった場合、消費者がHD DVDを選択する(多少容量は低くても、同じ値段で2枚買えるのなら、そちらの方が容量としては大きくなる)可能性は、十分考えられると思います。

 個人的な考えを最終的にまとめると、
 「現行では、HD DVDに十分な勝機がある。ただ、更なる新規格(ブルーレイの発展系など)が出たときは、恐らくそちらの方が優位に立つであろう」という見解です。
 かなり中途半端ですが。

 前回のベータにおいて、高品質でありながら、コスト面で敗者となった「東芝」。
 これが、今回低コストを前面に出した「HD DVD」で勝負に出たというのは、皮肉な感じがします。

 まあ、どちらが勝つにしても、消費者にとってはいい迷惑ですけれどね。
 単なるデータ保存用なら、きわめて安くなった通常のDVD-Rで十分ですし。
 「ハイビジョンの映像を保存する」ための規格対決という感じは受けます。

« 転ばぬ先の… | トップページ | 安心と時をお金で »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/10236789

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代ディスク追記:

« 転ばぬ先の… | トップページ | 安心と時をお金で »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE