新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 魅力的な物語には | トップページ | 紅茶へのこだわり その5 ティーバッグ »

思わぬ伏兵

 二日続けて動物ネタです…もっとも、今回は、「今日」発生したのですが。

 仕事をしていると、いきなり肘の辺りに、軽い「何か」が触れるような感覚がありました。
 「もしかしたら、蚊かもしれないな…」と思って、何気なく見てみると、そこにいたのは「蚊」ではなく、黒くて小さい「蜘蛛」だったのです!
 (大きさは、ありの頭くらいの、本当に小さいものでした。もしかしたら、「蜘蛛」ではなかったのかもしれませんが…)

 さすがに蜘蛛が苦手な私でも、この程度の大きさなら冷静に対応できます。
 手で払って、一件落着、そしてしばらく仕事を続けていたのですが…なんか、肘の辺りがちくちくするような感覚がするので、みてみると、なんと蜘蛛がいた辺りから、血が出ているではありませんか!

 さすがに、これには驚きました。
 まさか、「蜘蛛に噛まれる」事があるなんて…。
 あわてて払い落とした辺りを調べて、蜘蛛の種類を確認。
 どうやら、「クロゴケグモ(猛毒)」ではなかったようなので、一安心しました。

 日本には毒蜘蛛はいないはずですが、「絶対」とは言い切れない…飼っていた外来動物が逃げ出すというニュースも、時々聞くので、ちょっとどころではなく、あせってしまいました。
 とりあえず、こうして「blog」を書いている時点で、毒蜘蛛の恐れはなさそうです。

« 魅力的な物語には | トップページ | 紅茶へのこだわり その5 ティーバッグ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ぴよこさん、こんばんは。
 カウンターの数字を見ると、3000に「後一歩」といったところだったと思います。
 誰が、3000をゲットしたのでしょう?
 (ちなみに、これを書いている時点で、後「1」になっています)

 無事…だと思います。
 さすがに、これ以上経ってから「効いてくる」様な毒なら、そもそも「猛毒」ではないと思いますしね。

 最近、「外来種」が増えていて、怖いですよね…。
 「カミツキガメ」なんて、池にいたとしたら、子供をそこの近くで遊ばせるわけに行きませんし。
 もう少し、何とかして欲しいと思うのですが…。

 ちなみに、私の仕事は、デスクワークで、なおかつ「タイピング」です。
 コメントなどでも、仕事が十分に生かされている(速度の面で)と思っています。

こんばんは。
蜘蛛に噛まれたんですか
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
その後大丈夫ですか?
確かにテレビで大騒ぎになったりしますので怖くなりますね。
夏になるとこういうのがイヤなんですよね~。蚊とか厄介だし…。
子供は去年ここからとびひになりました。またこの時期が来たかと
思うと恐怖でドキドキです。

昼間、コメントが受け付けられなくなってましたね。
またココログの不具合でしょうか?

蜘蛛が噛むんですか!!
ビックリです。
もし、もし 蜘蛛じゃなかったにしても「噛む」とは怖いですね。

外来動物を軽はずみに飼う→手に負えなくなってその辺に捨てる。
言葉も出ないほど腹が立ちます!!

 ゆずさん、のんさん、こんばんは。

 実は、二度目のコメントだったりします。
 前のコメントが、「反映されない」という不都合が発生してしまったので…。
 いいかげん、ココログも何とかして欲しいです。

 To ゆずさん

 こうやって、コメントをかけるくらいなので、恐らく大丈夫なのだと思います(笑)。
 その瞬間は、かなり焦りました。

 蚊に刺されると、かゆいですからね…。
 子供が、かきむしる気持ちも、分かります。
 「かく」よりは、「血を絞り出す」方が、まだ多少はましだと思います。

 そして、一番いいのは、「薬を使う」ことだと思います。
 私の場合、居間、自分の部屋、かばんの中、職場の四箇所に「ウナコーワ」を常備してあります。
 これは、「行き過ぎ」かもしれませんが(笑)。

 To のんさん

 ココログの不都合に、現在進行形で悩まされています(笑…えなくなってきました)。

 もしかしたら、「大型のダニ」だったのかもしれませんが、どちらにしても、「血が出る」ほど噛まれたのに、「触った程度」にしか感じなかった私は、相当鈍感なようです。

 外来動物に限らず、「生き物」を捨てることに、私は怒りを覚えます。
 もし、「どうやっても飼い続けられない」としたら、「保険所」に連れて行くのが飼い主の最後の使命であり、重い十字架なのだと思います。
 ちょっときついかもしれませんが、一度「飼う」事を決めるということは、「最期」まで面倒を見ることだと、私は考えていますので。

 そういえば「セアカゴケグモ」という外来の毒グモが一時期話題になりましたね。
 最近は話題にもなりませんが、結局は日本で繁殖し始めてしまったんでしょうか?

 気をつけようにも気をつけようがないところが怖いです。

毒グモじゃなくてよかったですねー。

外来生物の繁殖、問題になってますよね。
台湾リスが増えて、生態系に影響すると聞いたことがあります。
元々日本には存在しない動物なので、密輸入されて誰かが捨てて繁殖したのでしょうか?

 NEOさん、ル・シュクルさん、こんばんは。
 コメントが遅くなってしまい、申し訳ありません!

 To NEOさん

 私も、「セアカゴケグモ」と、「クロゴケグモ」の可能性が頭にあったので、あわてて払い落とした蜘蛛を確認しました。
 結果は、どちらも大丈夫だったので、良かったです…。

 気をつけようにも、「触った」と思ったら、次の瞬間には噛まれているというのが、私の場合なので、これは本当にどうしようもないと思います…。

 To ル・シュクルさん

 本当に、毒蜘蛛でなくて、ほっとしています。
 もし毒蜘蛛だったら、今日こうしてblogを書いていられるかどうか…怖かった~!

 外来種、本当に大問題ですよね。
 私が一番嫌いな外来種は、「ブラックバス」です。
 ただ、「楽しむ」ためだけに日本の河川に野放しにして、なおかつ「キャッチアンドリリース」と称して再び戻して生態系を食い荒らさせる…本当に、許せません。
 こういう魚は、「釣ったら食べる」のが、マナーだと思います。
 意外と、おいしいという話も聞きますしね(笑)。

 外来種が増えると、「日本の固有種」が、危機にさらされるんですよね…。
 いくら、ある意味では「自然の摂理」(弱者淘汰の法則)とはいえ、問題があると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/10634117

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ伏兵:

« 魅力的な物語には | トップページ | 紅茶へのこだわり その5 ティーバッグ »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE