新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 梅ジュース製造中 | トップページ | 魅力的な物語には »

「にょろ助」の恐怖

 この時期になると、5年位前の悪夢を思い出します…。

 あれは、私がまだ採用されて間もないころでした。
 その当時は、「田舎」の方の部署に配属となり、そちらの方でがんばっていました。
 現在は、多少「都会」よりの場所に転属になっています。

 ある日、帰りに掃除をしていこうと思って、事務所の中を歩いていたところ、細長い「ごみ」が落ちているのを発見しました。

 「誰がこんなごみを落としたのだろう…」と思い、拾おうとして手を伸ばしたところ、なんとそのごみが動き出したではありませんか!

 そう、「ごみ」ではなく、「蛇」だったのです!
 手との距離、わずか10センチ。
 こちらを、じっと見ていました。

 そのときに上げた悲鳴は、多分人間の範疇ではなかったと思います(笑)。

 それからが大変でした。
 逃げる蛇、追い詰めるほかの職員(私は、完全に硬直していました)、そして、最悪なことに、蛇が物陰に隠れてしまい、いろいろと除けて、ようやく「蛇に直接影響を与えられる」状態になりましたが、棒でつついても、動こうとしません。

 そんな中、女性の職員が、棒で「ひょいっ」と引っ掛けて、そのままちりとりの中に入れ、外に逃がしてあげました。
 今考えても、その職員の行動、すごすぎると思います。
 「実家で慣れている」との事でしたが…。

 もともと蛇は苦手だったのですが、その一件以来、ますます苦手になってしまいました。
 普通、「事務所」の中に蛇がいるなんて事態、想像できませんよね?
 いくら、「周りが田んぼに囲まれた」田舎だったとはいえ…。

 それ以降、「細長いゴミ」を見るだけで、だめになってしまっております(笑)。
 そろそろ、「克服」しなければならないのは、分かってはいるのですが…。

« 梅ジュース製造中 | トップページ | 魅力的な物語には »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

細長いゴミがヘビだったとは。(笑)
私は、以前4Fに住んでいた時、ベランダで大蛇と遭遇したことがあります!!
完全に固まり、恐怖で声も出ませんでした。
部屋になんとか戻り、夫に捕まえてもらい、外へ逃がしに行ってもらいました。
markさん、クモもダメでしたよね♪
小さいのもダメ?

克服!?無理無理┐( ̄ヘ ̄)┌

って、これは私のことですよ?

だって、へびって文字打つのさえ嫌な私は、へびの存在自体が理解できないっすよお!!


多分、私がmarkさんだったら、その場で硬直して動けないか、すぐさま時速50kmくらいで部屋を飛び出し、そのまま戻ってこないという感じでしょうね~??

markさんも克服なんてことは考えず、へび撲滅運動をともにしましょ~!!

(まあ、へびに罪はないものの……、しかも、撲滅したら、自然の生態系に影響ありありだろうな~?)

Kinako

 ル・シュクルさん、Kinakoさん、こんばんは。

 To ル・シュクルさん

 「大蛇」なんていったら、それこそ「蛇ににらまれた蛙」状態になりそうです。
 ながーい棒(最低2メートル)があれば、何とか対処できるかもしれませんが、とてもではありませんが「自発的に」やろうとは思えません。

 蜘蛛も、「ジャンピングハエ取り蜘蛛」くらいならば、わりと平気なのですが、それ以上だとちょっと…。
 特に、「女郎蜘蛛」や、「毛の生えた蜘蛛」は、大の苦手だったりします。
 同じく、「人とは思えない悲鳴」を発しながら、逃げ回ると思います(笑)。

 To Kinakoさん

 自転車で、「紐」が落ちていたのを避けようとして、大転倒したことがあるくらいなので、さすがに「へび」と、「紐」の区別がつくくらいには克服したいな…と思っています。
 そのときは、ちょっと恥ずかしかったですから。

 事実、硬直して、身動きが取れませんでした(笑)。
 完全にその蛇への対応は、ほかの職員任せで、後ろで固まっていました。
 
 畑仕事や、ガーデニング、山登りをあまりやりたがらないのも、「にょろ助」と出くわしたくないからだったりします。
 それがなければ、それらも面白そうなのですが…。

 俺もミミズとか駄目です、蛇も……かな。
 中学校の理科の実験でミミズを使う際、さりげなく距離をとっていた俺を尻目に「ミミズって結構可愛いよねー」とミミズをモロさわりしていた女子に驚愕した記憶があります。

 女って強いなぁ…… と。

こんばんは。
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
ゲテモノ、虫とか嫌いです。
蛇なんて私もだめです。でもそんなちいさい蛇もいるんですね。ってことは親も…?
考えただけでも恐ろしいです。
冬はおとなしい生き物もこの時期
になるとイロイロでてきますよね
・゚・(ノД`)・゚・。 。
毎年我が家は裏の栗畑からやってくる蟻の行列退治です。自宅前を横切っていきます。もう朝から悲鳴です。ゴキだってオットは退治してくれないので私がイヤイヤ始末する係りです・゚・(ノД`)・゚・。
誰か助けてください…

追記です
コメントに返事をしたのですが
こちらにも一応コメントさせてください。
リンクありがとうございます。
こちらこそ申し出が遅れてすみませんでした。私もリンクを貼らせてください。よろしくお願い致します

 取り急ぎ、ゆずさんのblog、こちらのリンクに加えたことと、リンクしていただけることは大歓迎ですので、お願いすることだけをコメントさせていただきます。
 正式なコメントは、仕事が終わってから行いたいと思います…申し訳ありません。 

 NEOさん、ゆずさん、こんばんは。
 仕事から帰ってきたので、これでようやく「正式な」返信が出来ます。
 遅れてしまい、申し訳ありません。

 To NEOさん

 ミミズは…子供の頃に、朝のラジオ体操に行く途中のアスファルトの部分で、「大量に」干からびているのをみてから、苦手です。
 (100匹は下りませんでした…踏まずに歩く方が困難なくらい)
 似たような「ごかい」は、釣りで使うので、何とか触れるのですが…。

 ミミズがかわいい…「感性」の違いだと思います。
 意外と、女性の場合、「ちょっと不気味」なものに惹かれる(マスコットの女性向きを見ると、意外とそういうものがあります)事がありますしね。

 To ゆずさん

 何よりも、「コンクリート建ての事務所」の中に、「蛇」という組み合わせが、一番ショッキングでした。
 全く、どこから「もぐりこんだ」のやら…。
 想像もつきません。

 ありは…普通の「黒い」ものなら、殺すためのえさがあるのですが、小さいやつは殺虫剤で徹底的に入るところまで探して片付けるしか、ありませんしね。
 あれも、厄介だと思います。

 ゴキ…私は「間接攻撃」(スプレー)派です。
 ゴキ専用殺虫剤なら、比較的早く倒せますしね。
 まあ、その後の「処理」は、ティッシュを何重にもした上で恐る恐る…となりますが。

 相互リンク、まことにありがとうございます!
 これからも、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/10618946

この記事へのトラックバック一覧です: 「にょろ助」の恐怖:

« 梅ジュース製造中 | トップページ | 魅力的な物語には »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE