新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 「類似品」にご注意を | トップページ | 紅茶へのこだわり その4追記 »

効果は「十分」、されど…

 明日の朝食に行う予定だったのですが、朝食用のパンは「ベーカリー・ヤス」で購入してしまったため、今日、「納豆+ごま油」の組み合わせに、挑戦してみました。

 この組み合わせは、ほかのblogで知って、試してみました。

 効果は…「味については、相当の改善あり!」です。
 納豆の「臭み」が、軽減されて、なおかつごま油の風味が漂い、なかなか美味しかったです。

 ただ、私の場合、「納豆の粘り」が苦手で、そちらの方は、通常と変わりませんでした…。
 結果、私にとって納豆はやはり、「食べられるけれども、苦手」という評価に変わりはなさそうです…。
 
 とはいえ、「味」に対しては、相当の効果があります。
 納豆の「味」が苦手な方で、ごま油が嫌いではない方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
 もしかしたら、納豆が「好き」になれるかもしれません。

« 「類似品」にご注意を | トップページ | 紅茶へのこだわり その4追記 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 ぴよこさん、こんばんは。

 実は、もう一つ、私にとっては、まずい点がありました…。
 これは、「人による」ので、あくまで私のケースということなのですが…実は、私は「生」の油をあまり摂取すると、お腹を崩してしまうと言う性質があります。
 それを失念して、「結構大量に」ごま油をかけてしまったために…現在、悲惨な状況です(笑)。

 人(特に女性)にとっては、この効果は「プラス」かもしれませんね。

 「これはぜひ試したい!」と思って、やってみました。
 味は、確かに美味しくなりますね。
 ほかにも、いろいろなblogで、さまざまな「食べ方」が載っているので、いろいろやってみたいです。

 ちなみに、「粘り」が嫌いなのは、「ほかのおかずに影響する」からなんです。
 そのため、「納豆を食べてから、ほかのおかずに手を出すときは、必ず箸を拭くか、味噌汁で粘りをとる」というのが、私なりの対処手段です。
 納豆単体+ご飯と味噌汁なら、ある程度は何とかなるので、「納豆自体がダメ」というわけでもないのですが…。

こんばんは~。
あ~!納豆だぁ~。私は基本的に納豆はダメです。(笑)妻は東京出身なので大好きです。息子も同じく大好きです。毎日でも良いみたい。私は、以前は妻に騙されたと思って食べてみて!と言われ半年くらい食べた事が有ります。持病にも良いという事だったので。。。しかし、やはり、好んで食べていないせいか、最近は、全然です。(笑)

ねと~っとした所と強烈な臭いがダメなのかも?って、私の母も納豆は納豆でも金山寺納豆とかいうものしか食べられませんでした。これは、私も大好きですよ!

私も納豆苦手だったのですが、
健康ブームに乗っかって
食べれるようになりました。(単純♪)
ねばねばは、ものすごーく
かき混ぜると、それほどでも
なくなるような・・・。
でもかなり食べる前に疲れます。。。

 eimeisさん、けろんさん、おはようございます。

 To eimeisさん

 東京近辺の人はともかく、特に「関西」では、納豆はあまり好まれませんね…。
 私の場合、「粘り」がダメなので、もしかしたら、「ふりかけ」の納豆のように、「糸引き納豆」以外なら、食べられるかもしれません。

 ところで、「金山寺納豆」って、もしかして「もろみ」のことでしょうか…?
 (検索サイトでの結果なので、間違っていたら申し訳ありません)
 あれは、確かに「納豆」と名前はついていますが、どちらかというと、「金山寺味噌」の名前の方が、私には馴染み深いです。
 やっぱり、「ちょっと苦手」だったりします(笑)。

 To けろんさん

 あまりかき混ぜすぎると、納豆好きの人から言わせると、「納豆の味が死んでしまう」らしいのですが、嫌いな人にとっては、むしろその方がよさそうですね(笑)。
 (一説には、「混ぜれば混ぜるほどよい」とありますが、実際はそうでもないそうです)
 一応、2~3分くらいかき混ぜて、粘りが少しでも減るようにしています。
 私も、「食べられない」というわけではないのですが、「ほかのおかずとの兼ね合い」を考えると、躊躇してしまうという感じです。
 (糸の引いた箸で、ほかのおかずを食べるのは…)
 納豆「だけ」であれば、むしろいいのかもしれません。

これは、魅力的!!!
納豆、食べることは食べるけど・・・って感じの私です。
ゴマ油は好きなので、ぜひトライしてみます!!!

 てん。さん、こんばんは。

 納豆の「味」が苦手ということであれば、この方法は、いけるかもしれません。
 「本家」のblogには、更にいろいろな組み合わせが載っておりますので、あわせてぜひ訪れてください。
 この組み合わせは、かなり画期的だと私も思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/10565442

この記事へのトラックバック一覧です: 効果は「十分」、されど…:

« 「類似品」にご注意を | トップページ | 紅茶へのこだわり その4追記 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE