新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« おいしい=幸せ | トップページ | 公開時間を使って »

コーヒーのススメ その6 コーヒーミル

 この記事も6回目です。
 今回は、「コーヒーミル」について、取り上げてみようと思います。

 コーヒーをお店で買ってきて、すぐに使ってしまう人はいいのですが、挽いた豆の場合、どうしても湿気を吸ってしまったり、空気に触れる部分が多かったりするため、家で保管しようとすると、劣化してしまいがちです。
 そこで、コーヒーを「豆」のまま買ってきて、家で挽く方が、比較的長持ちしますし、挽き立ての香り高いコーヒーを味わうことができます。

 コーヒーミルは、安いのから高いのまでいろいろとありますが、やっぱり安物だと、きちんと挽くことができずに、苦労すると思います。
 そして、一番大切なのが、豆を入れるところが、ドーム状になっているなど、きちんと閉められる構造になっていることです。
 アンティーク風のコーヒーミルで、単に上から豆を流し込むタイプだと、いざ挽くときに、とんだコーヒーのかけらがテーブルのあちこちに散乱する…という、悲惨なことにもなりかねません。

060603_1329 私が使っているのは、「カリタ」のミルで、銅色っぽいものです。

下のコーヒー豆をためておくところが、結構大きめなので、上のドーム上の部分に豆をいっぱいに入れても、きちんと挽ききれるところが、気に入っています。

テーブルの上で挽こうとすると、こすれて傷になってしまうため、敷物は必要不可欠です。

 ただ、やっぱり挽くのは結構手間がかかります。
 そこで、私の場合は、良く飲む豆はあらかじめお店で挽いてもらい、とっておきにする「いい豆」については、豆のまま買って、家で挽くようにしています。

 本日5つ目の記事…別に、「eimeis」さんに影響されたというわけではありませんが(笑)。
 書きたいことがいっぱいあるので、書けるときには思いっきり書いてみようとした結果です。

« おいしい=幸せ | トップページ | 公開時間を使って »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ど~も~、こちらこそはじめまして。
 
訪問、及びコメントありがとうございます。
 
コーヒーは眠くなったときによく飲みます。ですが、挽き立てのコーヒーはまだ飲んだことがありません。
やはりおいしいんだろうなぁ、と思います。
 
これからもよろしくお願いします。

 たつのりさん、はじめまして!

 コーヒーについては、私も1年ほど前に始めたばかりだったりします。
 インスタントや、缶のコーヒーが余り体に合わない(アレルギーが出たりすることがある)、けれどもコーヒーは飲みたい…ということで、自分で入れ始めました。

 「コーヒーのススメ その1」というコラム(右側の、コーヒー&紅茶の中に入っています)でも書いたように、初期投資としては、道具に400円、豆がそこそこいいものでも500円で、始めるのに、1000円でおつりがくる位なので、ぜひ自宅で入れるのに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/10373781

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーのススメ その6 コーヒーミル:

« おいしい=幸せ | トップページ | 公開時間を使って »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE