新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 出張と自己責任? | トップページ | 外国法とのふれあい »

無線LANのすすめ その4 子機の選択

 いよいよ、「子機」の選択について述べたいと思います。

 まず、子機を選ぶには、親機と同じメーカーのもの、及び親機についている付加機能に対応したものがよいということは、前回(第2回、及び第3回)述べたとおりです。
 そのため、今回は「子機の形状」で、どれを選ぶかという点に絞ろうと思います。

 まず、デスクトップのパソコンを使っている方は、ほぼ無条件で「USBタイプ」をお勧めします。
 このタイプは、比較的安価であり、なおかつ製品も多いです。
 ただ、ちょっと古いパソコン(XPの初期以前)ですと、USBの規格が古く、USB1.1という規格の物があり、その場合十分な速度が得られないかもしれません。
 USB1.1だと、大体11bで何とか速度を発揮できるくらいで、11aや11gの無線規格だと、速度を十分に発揮できません。
 この場合は、ほかのタイプを使うか、あるいはUSB2.0のスロットを増設によって手に入れたほうがよろしいかと思います。

 次に、ノートパソコンで、無線LAN機能がついていない場合(ついていたら、子機を買う必用はあまりありません)は、「PCカードタイプ」がお勧めです。
 このタイプがもっとも安価です。
 また、最新規格であるMIMO、及び11nに対応しているのも、大きなアドバンテージといえます。
 最新規格を利用するのであれば、無線LAN機能がついているノートパソコンにおいても、購入の価値はあるといえます。

 ただ、メーカー製の特殊なつくりのパソコンならともかく、通常デスクトップのパソコンの場合、PCカードスロットは搭載されていないという大きな問題があります。
 そのため、間違えて買ってしまうことだけは、避けてください。
 一応、PCカードスロットをデスクトップのパソコンに増設することも、可能ではあるのですが、通常のルートでそのパーツを手に入れるのはかなり困難だと思いますし、お金も相当かかってしまいます。

 最後に、「イーサネットコンバータ」タイプに触れます。
 これは、単に「パソコンを無線LANにしたい」だけであれば、避けるべきだと思います。
 電源を必要としますし、サイズも大きく、値段も上記の二つに比べ、相当高価ですしね。

 それでは、このタイプはなぜあるのかというと…「有線型のLAN端子を持つ、家電製品を無線LANに組み込むことが出来る」というメリットがあります。
 HDレコーダーや、PS2をネット対戦で使用する人たちにとっては、このメリットは大きいと思います。
 また、プリンタもLAN端子があるタイプは対応可能なので、パソコンだけで利用するのでなければ、利用価値があるといえます。
 また、更にパソコンを組み込む場合であっても、「ドライバ」と呼ばれるソフトをインストールしなくても使えるというメリットはあると思います。
 とはいえ、パソコンだけの場合には、お勧めできないと思います。

 以上の3タイプ(実質的には、上2つですが)が、子機の形状となります。
 購入の際は、自分のパソコンが「デスクトップ」であるか、「ノート」であるかを考えて購入してください。

« 出張と自己責任? | トップページ | 外国法とのふれあい »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

読んでて「???」ばっかりでした~☆
無線LANなんですけど 全てダンナがやってるので‥
私は キーボードをチャカチャカ叩くのみです。
爪を伸ばしているので(オシャレでね♪)チャカチャカうるさいらしいです☆

私ものんさん↑同様、ちんぷんかんぷん(笑)
じゃあコメントするなよ、って感じ?
でも、せっかく来たので足跡残しとこうかと思って♪
日本語なのに理解不能って悲しいよ~

 のんさん、ル·シュクルさん、こんばんは。
 ちょっと今回の記事は、専門的だったかもしれません。
 あくまで、「無線LANを撰ぼうとしている人」向けの、アドバイスとして書いてしまったので…。

 To のんさん

 新しく買うのでなければ、分からなくても全く問題無かったりします(苦笑)。
 のんさんが使っているパソコンは、デスクトップなのでしょうか?

 もし、そうだとしたら、「棒」のようなものがくっついていると思います。
 それが、「子機」で、電話の近くにある(と思います)「親機」とセットになって、無線LANのシステムを形成しております。

 女性の方ですと、爪がキーボードに当たるかもしれませんね。
 爪を痛めることのないよう、お気をつけください。

 To ル·シュクルさん

 難し過ぎる記事で、本当に申し訳ありませんでした。
 それにもかかわらず、コメントいただけて、感謝しきりです。

 専門用語というのは、とかく難しくなりがちですよね…。
 また、「知っている人」は、相手もある程度「分かっている」ことを前提として、説明しがちです。
 「お役所」が分かりにくい説明をするのも、このあたりが原因なのかもしれません。

こんばんは~!私も何がなんだかさっぱりわからない機械音痴の人です。markさんはすごいですね~!詳しい!尊敬します。(*^o^*)/

 ども、markさん^^

えー、自分はすでに無線LANを導入しているのですが、
子機と親機とで違うメーカーの無線LANカードを選びました、
単純に値段に釣られた機種選択をしたからです^^;;;
安く売られているモノは当然型落ち品なので、最低でもWAP対応、
あとは新11aや、SuperAGに対応しているか否かを慎重に確認。

確かに、それなりに設定に面倒はありました。
でも、個人的にPCでのトラブルはまさにPRICELESS、お金で
買えない価値がある楽しみの1つなので^^;
(最近のPCは何をしても安定していて面白くない・・・)

まあ、こういうPCヲタの戯言はともかくとして、道具として
PCを考えれば余計な手間を省く事ができる簡易設定機能の
有無、そしてその機能が利用可能かどうかは、ちょっと
くらいの価格差なら充分に無視できるモノだと思います。
同一メーカー製品であればトラブル時にも原因の切り分けが
しやすいですし。
これから無線LANを導入しようかと考えているなら、ここは
重要ですよね。

では。

 ちょっと時間が押しているので、この記事への「正式な返信」は、仕事から帰ってから行うことにします。すみません。

 kussamamatakachanさん、がじろうたさん、こんばんは。

 To kussamamatakachanさん

 詳しいというほどでもないですけれどね(笑)。
 自分で設定なども一通りこなし、またいくつかの会社の製品を使い比べたことがあるので、もし同じように「無線LANを使おうと思っている」人がいれば、アドバイスできるかな…と思い、記事にしました。
 とはいえ、「初心者」には難しすぎて、「ベテラン」には初歩的過ぎる、中途半端なものになってしまったかも。

 To がじろうたさん

 私も、親機はNECテクニカ製で、子機は以前はプラネックス、現在はバッファロー性のものを使っております。
 TOKAIのルーターが、NECのAtermWL54AGと組み合わせるようになっていたので…。
 それ以前に、コレガの親機を接続したのですが、電源を落とすと接続できなくなってしまうという異常が発生し、そのため「純正品」に乗り換えたという次第です。

 プラネックスの子機は、ドライバが最悪でした。
 XPをして、ブルーバックを多発させるという…。
 いくら「自分で解決する」としても、これは限界があります。
 そのため、絶対に買い換えたい、そのときは相性問題の少ないバッファロー製にしようと心に決めておりました。

 新11aは、もし対応していないと、「最新機器との接続」で障害が発生しますよね。
 旧来の11aからファームウェアでバージョンアップするタイプは、「新規格の商品の半分=従来と同じ数のチャンネル」しか対応しないため、無理に新しい方を選ぶ必要性はあまり無いのかな…と思っていたりします。

 一般の人にとっては、自動設定はかなり便利だと思います。
 マニアにとっても、「自分で複雑なパスワードを設定する必要がない」こと、及び「ランダムな文字列のため、個人情報が漏れても推定されないパスワードが設定できる」というメリットは、かなり大きいと思います。
 
 がじろうたさんにとっては、今回の記事だと、「常識」だったかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/11107309

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANのすすめ その4 子機の選択:

« 出張と自己責任? | トップページ | 外国法とのふれあい »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE