新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 密かにはまっているもの | トップページ | 実は「爆速インターネットツール」 »

この青空に約束を―のレビュー

 今回レビューするのは、「戯画」の、「この青空に約束を―」です。
 ちなみに、この作品は、PC用の、18禁ゲームとなりますので、ご注意ください。
 また、ネタバレは色を変えております。

 カラット(ボリューム):4

 まず、オープニングまでに、結構時間(私の場合で、1時間以上)がかかります。
 そして、共通ルートが結構長く、そこまでで数時間かかるのが普通だと思います。
 そこから、個別ルートに入り、後は選択肢の無い一本道となりますが、個別ルートのボリュームも結構ある(それに、会話が面白いので、つい聞き入ってしまう)ので、結構長いと思います。

 隠しルートは、全員攻略後にグランドエンディングを見て、それから発生しますしね。
 ボリュームは、相当大きいと思いました。

 硬度(システム):S

 このシステムの完成度、システムだけでほかの会社に販売し、もっと広めて欲しいくらいです。
 設定項目も充実していて、セーブ・ロードは右側にマウスを持っていくことで現れるバーから一発で行えて、キャラクターの表情はころころ変わって…。
 その上、一番驚くべきなのは、これだけ充実していながら、「比較的軽い」ということです。
 PCの性能にもよるのでしょうが、私の環境では、ストレスを全く感じませんでした。
 バックログもロード直後から出来ますし、文句のつけようがありません。

 個人的に、今回の作品の「白眉」といえるシステムが、「イベントモード」です。
 これは、イベント単位で構成されるこのゲームにおいて、一度見たものであれば、好きなイベント(Hシーンに限らず、「全てのイベント」が対象となります)を見ることが出来るというもので、このシステムは本当に全てのゲームで採用して欲しいくらい、気に入りました。
 これで、「お気に入りのイベント前でセーブデータを取っておく」という作業からも解放されます。

 余談ですが、この「イベント」の名前、分かる人にとっては「にやり」とさせられます。
 「あの素晴らしいおせち料理をもう一度」とか、「KOOLになれ、藤村静」(COOLでないところがポイント)、「さえ、ちゃんとしようよ!」など、タイトルだけで笑わせてくれます。

 カラー(グラフィック):A-

 ちょっとのっぺりした顔立ちですが、まあこれは個性だと思います。
 表情豊かで、見ているだけで状況が手に取るように分かる→イベントのグラフィックが少ないことを感じさせないというのは、すごいと思います。
 演出効果(キャラクターに「おどろ線」が入るとか、画面にひびが入るとか)も充実していると思いました。
 ただ、CGモードに入ると、イベントのグラフィックのほとんどがHシーンに費やされているのは、容易に分かってしまうのですが…。
 それでも、「通常の絵」がとっても表情豊かなので、ポイントは高いです。

 クラリティー(音楽):音楽A+、キャラクターボイスB

 音楽も、充実しております。
 シーンにあった音楽がきちんと用意されていますし、また「音楽の練習中」には、音楽モードに登録されない「そのキャラクターの拙い演奏」が流れるなど、音楽の演出にはすばらしいものがあります。
 個人的には、「Through The Dark」、「TWO OF US,SEVEN OF US」などが、とってもお気に入りです。

 ただ、キャラクターボイスは、相当癖があると感じました。
 特に、それが顕著なのが、「浅倉奈緒子」です。
 この声は、ちょっと「学生」には聞こえにくかったかも…(苦笑)。
 演技力は全く問題なかったのですが。

 グランドエンディングで、「全員による斉唱」があるので、これは必見です。
 途中で「ずれる」のは、下手なのではなく、演出で、すごいと思いました。
 グランドエンディングを見た後に、個別エンディングで「声あり」のエンディングが見れるようになります。

 ブリリアンス(キャラクター):A+~B

 キャラクターは、とても生き生きと描かれています。
 それこそ、「このキャラクターたちと生活できたら、楽しいに違いない」と思わせるくらいに。
 また、サブキャラクターに至るまで、きちんと描写されているのが、非常に好感が持てます。
 ただ、一部のキャラクターで、心理描写が不十分のため、突然恋に落ちるような展開になってしまうのが、気になりました。
 (これは、「シナリオ」で評価すべきポイントなのかもしれませんが…)

 また、このゲーム、「主人公」がとってもすばらしいです。
 ちょっとスケベなところがあって、「好き」であることをきちんと表現できて、行動力があって、勉強が苦手(笑)と、ちょっと昔の18禁ゲームの主人公に近い、「行動派」です。
 そのため、「障害があるのなら、自らそれを乗り越えてみせる」という動きになるため、見ていて非常に気持ちが良かったです。

 ちなみに、18禁シーンは結構「濃い」上、キャラクターごとに「そのキャラクターにあった」掛け合いが楽しめるので、読み飛ばすことなど出来ませんでした。
 私は、基本的に18禁シーンはあまり好きではないのですが、このゲームの場合、半ば「ギャグ」のようなピロートークもあったりするので、かなり楽しめました。
 移植はほぼ確定なのですが、この部分、単純に削ると、キャラクターの魅力を損ねそうです。

 カット(シナリオ):総合的にはA

 シナリオは、個々にさまざまな展開が用意されていて、飽きさせません。
 共通ルートでも、読み応えがあって、さらに個別ルートも十分なボリュームで楽しませるこのライターの腕前、すごいと思います。
 ちょっと「六条宮穂」だけレベルが落ちるように思いましたが(ファンの方は、済みません!)、ほかのキャラは、どのキャラクターもとってもよくかけていました。

 ただ、このゲームの「暖かい雰囲気」のために、細かい描写をしないところがあって、そこはプレーヤー自身が、与えられた情報から補完しないと、「説明不足」なシナリオと写る方もいると思います。
 また、「きつい描写」が無いゆえに、ちょっとシナリオの「深さ」が浅いという傾向が見られますが、これはバランスの問題であり、ある程度までは仕方が無いのかな…と、私個人は考えました。

 個人的には、一番描写不足を感じたのが、「藤村静」のシナリオです。
 このシナリオ、もう少しだけ練りこめば、「ありえたかもしれない、もう一つの「家族計画」」にまで昇華できるパワーが含まれていただけに、惜しさを感じました。

 グランドエンディングシナリオは、初期攻略キャラクター6人全員を攻略すると、タイトルに表示されます。
 これの出来は、とってもすばらしかったです。
 「約束された別れ」を、見事に描ききってくれました。

 その後の「隠しシナリオ」は、彼女自身の口にするセリフ、「まだ戦いは終わっていない」を象徴するような、ちょっと中途半端なもの。
 もう少し描写して、そして物語最大のなぞを「主人公が認識する形で」解決して欲しかったです。
 この部分で、かなりの減点となっております。

 クオリティー(総合評価):A(名作~傑作)

 個人的には、大満足できました。
 ちょっとだけ描写不足を気にする方もいるかもしれませんが、「作品で提示された情報」から、十分に補完できると思います。
 また、「全体としての終盤」も、非常にいい出来で、感動できました。
 18禁というジャンルに抵抗がある方には、お勧めできないですが、恐らく「純愛系」を好む方全てが受け入れられる、丁寧に作られたすばらしい作品だと感じました。
 この出来であれば、お勧めできます。 

 宝石のイメージ:赤水晶

 アクアマリンも考慮に上がったのですが、やはりこのゲームの「中核」である、赤水晶がイメージとしてももっともふさわしいと感じたので、これにします。
 とっても「効果的」な使われ方をされていましたしね。

« 密かにはまっているもの | トップページ | 実は「爆速インターネットツール」 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/10955363

この記事へのトラックバック一覧です: この青空に約束を―のレビュー:

« 密かにはまっているもの | トップページ | 実は「爆速インターネットツール」 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE