新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 浜松旅行 1日目 | トップページ | わさびラムネ 感想 »

浜松旅行 2日目

 朝食が、結構豪華でした。
 カニの雑炊に始まり、ちりめんに大根おろしを混ぜたものや、味噌汁(あさり入りで、固形燃料で温められ、熱々になっていました)、わさびのりに温泉卵といった感じの「和食」です。
 普段、朝食では和食をあまり食べないのですが、美味しかったのでご飯のお代わりまでしてしまいました(笑)。

 そして、車へ。
 本来は、浜名湖ガーデンパークによってからうなぎパイの工場へと行こうと思ったのですが、残念ながらイベント準備のため、入園できませんでした。
 そのため、そのまま春華堂ファクトリーへ。

Ca340048Ca340049Ca340050

 残念ながら、工場内で稼動している部分については、撮影禁止でした。
 とはいえ、裏を返せば、禁止されていない部分は撮影可能ということでしたので、製造の手順などを撮影。
 更に、子供たち用の「等身大うなぎパイのモニュメント(普通、ナッツ入り、VSOPの三種類で、大体人間の背丈くらいあります」もあったのですが、ごった返していたので撮影できませんでした。
 子供と一緒に「来た記念を撮る」のには、もってこいだと思います。

 意外にも、「手作業」の部分が残っていることに驚きました。
 生地を練りこむところまでは、手作業で行われているようです。
 この作業は、湿度などを勘案しないといけないため、機械任せに出来ないとか…。

 そして、それを細長く裁断するところから、機械化されており、並んだうなぎパイの生地がオーブンに入るところ、オーブンで焼くことでおなじみの形になるところ、そして焼けた生地に甘いシロップを刷毛で塗るところなどは、機械が行っておりました。
 ローラーの調子が悪かったのか、出来たうなぎパイがベルトコンベア上で「5段重ね」になっていたのはご愛嬌。

 恐らく、そのうちのいくつかは、「不良品」としてはねられると思います。
 不良品は、目視で確認し、これを除外した上で、一定の基準を満たしたものだけが箱詰めされているようです。

Ca340051 中のカフェコーナーにて、うなぎパイのミルフィーユ風という変わったものが置いてあったので、思わず注文。
 意外と、うなぎパイとアイスクリームや生クリームがマッチしていて、美味しかったので、今度気が向いたら家でこうやって食べても良いかもしれません。
 ただ、カロリーは相当高そう…。

Ca340052 お土産で買った、「お徳用」のうなぎパイです。
 これは、いわゆる「不良品」としてはねられたものを詰め合わせたもので、工場限定発売です。
 (もちろん、「形」によって不良品となった物のみで、「焼き加減」はきちんとしているので、ご安心ください)
 値段は、800円弱で、15本程度入っているので、かなりお買い得。
 ミニサイズの「お徳用」もあって、12本くらい入って400円弱(通常は10本で550円)と、こちらもかなりお得でした。
 更に、工場見学をすると、お土産としてミニサイズ3枚入りの小袋を一人につき一つもらえます。
 工場を見学するだけなら「ただ」なので、これは時間があれば行かない手はないな…と思いました。
 実際、「浜松の観光名所のひとつ」になっているようで、ツアーのバスが3台くらい立て続けに来てしまい、係員がパニックになっておりました(笑)。

 最後に、牧の原のサービスエリア(上り方面)にて、昼食兼最後のお土産探し。
 そこで、いくつかのblogで取り上げられて、興味を持っていた「ブツ」を発見。

Ca340053 「わさびラムネ」です!
 ちょっと普通のラムネよりも高価(147円)だったのですが、まあ「お土産」として考えれば、さほど無茶な値段設定ではないと思い、購入しました。
 もっとも、店には「冷えたもの」がなかったので、現在冷蔵庫できっちりと冷やしている最中。
 明日、味見をしようと思います。

 最後に、昨日の「うなぎの蒲焼味 柿の種」の感想を。
 柿の種にしては、「甘口」なので、子供にも食べられそうです。
 蒲焼…としては、10円の「蒲焼味」のイカを思い浮かべていただければ大体あっているような感じなので、ちょっと「安っぽい」感じはありますが、まずくはないです。
 ピーナッツとの相性もわりと良く、なかなかいけました。
 もっとも、どちらかというと「おやつ」向きで、「おつまみ」としてはその甘さがちょっと不向きかも…という感じは受けましたが。

« 浜松旅行 1日目 | トップページ | わさびラムネ 感想 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

やっぱ、旅行はいいね♪
なんかアタシが旅行行ったような気にw
ミルフィーユおいしそう!
わさびラムネも心ひかれました♪

 emiiさん、おはようございます。

 うなぎパイとアイスを重ねたミルフィーユ風、意外にもマッチしていて、美味しかったです。
 この食べ方は、うなぎパイをもらったときに試しても良いかもしれません。
 生クリームがあれば、更にベターだと思います。

 わさびラムネは、チイさんのblogの7月15日の記事に載っていて、「甘くない炭酸水」との事だったので、「カクテルを割るためのベース」に使えるかも…と思い、購入してみました。
 やはり、「自分の舌で」味わってみたかったですしね。

こんにちわ、markさん。
夜のお菓子、うなぎパイですね!
(ってことは朝のお菓子もあるのかな!?)
お土産でもらうとうれしいお菓子です。
わさびラムネもいい感じ。
味の感想、楽しみです。

 けろんさん、こんばんは。

 朝のお菓子は、「すっぽんの郷」というものがあったりします!
 そして、昼は「えび汐パイ」、真夜中は「うなぎパイVSOP」というラインナップになっており、全て入った「フルタイム」という商品も販売されております。
 美味しいので、私ももらって嬉しいお菓子の一つです。

 わさびラムネは…まだ試しておりません。
 今度、飲んでみます。

うなぎパイ、好きです~~♪
パイ自体、とっても好きなんです。
なぜこうも高カロリーな物ばかり好きなのでしょう‥
お徳用に惹かれますが工場限定とは!

わさびラムネ、チイさんも紹介してましたよね。
markさんは どんな感想なのか楽しみです。

こんばんは~。
うなぎパイの工場見学。私も見て見たいです。って早速、リンク先を見てみました。これなら、そんなに遠くないですね。でも、予約しないとダメなんですね?(笑) 牧の原のサービスエリアに寄ってきたんですね!私も東名を使う時は、上りか下りのどちらかを必ず寄ってきます。。。 わさびラムネがあったんですね?(笑)

こちらでは初めまして。
ブログのコメントの書き方がいまいち分からないので、今まであまり書いたことはなかったのですが。
今回頑張って書いてみました。

 温泉宿の朝食ってなんであんなに美味しいんでしょうね。
カニ雑炊、卵焼き、干し魚、漬け物、味噌汁、温泉卵など特に奇をてらった物はないのですが。 
えらくご飯と合う物ばかりなので、つい箸が進んでしまいます。
うちの会社はいつも忘年会が温泉なのですが、翌日の朝食はがっつり食べてしまいます。
ご飯を四杯以上は食べて、給仕の仲居さんをビックリさせてしまいますよ。

 わさびラムネの試飲感想、期待しております。

こんばんは
Σ(゚ロ゚;) 朝ご飯豪華ですね~
うらやましいです。

うなぎパイってとてももろいですよね。でも美味しい。私も大好きです。不良品でもいいので私もほしいな(*゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン

こんばんは!やっぱり行きたくなっちゃいました~!
5段重ねのうなぎパイなんか、かわいいな~!見てみたい!
うなぎパイのミルフィーユおいしそうですね!おととし浜松に泊まった時に行けばよかった~!(T_T)
そのうちまた企画して行って来たいです。(*^o^*)/

 のんさん、eimeisさん、toraboさん、ゆずさん、kussamamatakachanさん、おはようございます。

 To のんさん

 うなぎパイ、浜松を代表するお菓子ですよね!
 カロリーは…確かにちょっと高めだと思いますが、クリームなどを使うものよりは低いと思います。
 というよりも、思いたいです(苦笑)。

 さすがに「選別過程でもれたもの」だけに、工場直営店以外に出すわけには行かない…のだと思います。
 「普段食べるため」に買う人用に、出荷してもらいたいとも思うのですが、なかなか難しいとは思います。

 わさびラムネ、今日買い物に行った後に、飲んでみようと思います。
 あまり「水分ばかり取る」と、ばててしまうので、きちんと汗をかいた後に飲みたいです。

 To eimeisさん

 予約は、不要ですよ~!
 ただ、団体の人は、予約することで、「案内」がつくという特典があります。
 個人レベルでは、予約無しで行った方が、気楽で良いかもしれません。

 牧の原のサービスエリア、上りと下りでこれだけ取り扱っている商品が違うというのも、珍しいと思います。
 お土産を購入することを考えて、分けているとは思いますが、たまに「行きに買っておくことは出来なくても、欲しい」物が帰りになくて、悔しい思いをすることもあります。
 わさびラムネは、上りのサービスエリアのみで取り扱っておりましたので、ご注意ください。

 To toraboさん

 こちらでは、はじめまして!
 コメント、本当にありがとうございます。
 ちょっと「のんびり」期間中だったので、そちらの方に書き込みをせずにいて、申し訳ありませんでした。

 ご飯を「4杯」…それだけ食べると、「昼食」に響きそうです(笑)。
 確かに、温泉宿の朝食は、おかずの種類が豊富で、栄養バランスも良いので、つい食べ過ぎてしまう傾向はありますよね…。
 私も、きちんとおかわりしてしまいました。

 わさびラムネ、わさびの香りや味はしないとの事でしたが、真相を探るため、今日味見してみる予定です。

 To ゆずさん

 旅館の朝食は、「和食」なので、いつもパン食の私にとっては、新鮮です。
 食事の時間を少しでも短くしようとする(平日の朝は、忙しいです…)と、和食を避けてしまうので、和食を食べることで休日限定の贅沢感も味わえますしね。
 そのこともあり、旅館などでの朝食は、つい食べ過ぎてしまいます。
 (普通、「時間をかけて食べる」と、食べすぎを防止する効果があるそうなのですが…)

 うなぎパイ、もろいのですが、意外にも「途中から二つに折れる」ことはあっても、「ぼろぼろになってしまう」ことは少ないように感じます。
 独特の形状が影響しているのでしょうか?
 お特用でも、あまり小さく砕けたものは、入っていませんでしたしね。
 味も、いつものうなぎパイそのままで、美味しかったです。

 To kussamamatakachanさん

 5段重ねは、機械の調子が悪かったせいだと思いますけれどね(笑)。
 普通は、一枚ずつコンベアで運ばれて、袋詰めされていきます。

 うなぎパイとアイスクリーム…意外な取り合わせですが、思ったよりもまとまりがあり、美味しかったです。
 うなぎパイの「新しい食べ方」としては、合格ラインなのではないでしょうか?
 浜松に旅行する際は、ぜひ訪れることをお勧めします。
 なんといっても、無料ですしね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/11602736

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松旅行 2日目:

« 浜松旅行 1日目 | トップページ | わさびラムネ 感想 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE