新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« わさびラムネ 感想 | トップページ | ショコラティエ テオ »

ディアピアニッシモ レビュー

 今回取り上げるゲームは、「工画堂スタジオ」の、ディアピアニッシモという作品です。
 この作品は、データを収める媒体として、「USBメモリー」を使い、更にそのUSBメモリーを「フィギュアの形」に納めるという、意欲的な部分が気に入って、先行投資として購入しました。
 USBメモリーの容量が128MBと、CD1枚(650MB)に比べてもかなり少なく、そのためゲーム自体の内容はかなり「少ない」ことは覚悟のうえ…です。
 ちなみに、定価6800円PC用一般作品です。

 カラット(ボリューム):1

 ある程度予想はしておりましたが、その予想よりも更に短い作品でした。
 ボイスが入っていないことも、短時間で終わることに拍車をかけていると思います。

 また、「分岐のない、一本道」のシナリオなので、正味プレイ時間は早い人だと、2~3時間程度で終わってしまうかもしれません。
 一応、「やりこみ要素」として、音楽のフリー演奏が用意されているので、多少はプレイ時間がのびる人もいると思いますが、「ほかの作品に比べて、短時間で終わる」ことだけは間違いないと思います。

 硬度(システム):B

 過不足なく、そろっているという印象があります。
 また、「リズムよく演奏するパートがあるゲーム」だけに、画像の軽量化処理が結構充実しているのは、低スペックのマシンに配慮されていて、良いと思います。
 必用な部分はそろっていますし、何より「ボイスがない」ので、シンプルなシステムであっても、特に不満は感じませんでした。
 また、「演奏パート」については、飛ばせるようになっている点なども、きちんとユーザー側に立って作られたシステムではないかと思います。

 カラー(グラフィック):B

 ちょっと「PS時代」を思わせるような、あっさりした塗り方ですが、作品にはあっていると思います。
 イベントにおいても、必要な所に必用なだけの枚数は確保されている…と思います。
 もっとも、そもそも「シナリオが短い」ので、十分なように感じるのは、当然なのかもしれませんが。
 キャラクターの表情なども、かわいらしく出来ているので、問題はないと思います。

 クラリティー(音楽):A

 さすがに、曲数は少ない…のですが、通常時で9曲、ボーカル入り(演奏パート可能な曲)が5曲と、データ量の割にはがんばっていると思います。
 また、通常時の音楽は「そこそこ」程度の出来なのですが、ボーカル入りの方の出来は、かなり良質で、びっくりしました。
 さすがに、「シンフォニック・レイン」と比較すると、繊細さはないのですが、その分明るい曲調で、結構お気に入りです。
 なお、前出のように、ボイスは入っていない(厳密には、ボーカルは入っているのですが、それ以外の「会話部分」では、一切声はないです)作品です。

 ブリリアンス(キャラクター):C

 キャラクターについては、「可もなく不可もなく」という感じ…でしょうか。
 とにかくシナリオが短いので、それぞれのキャラクターに対して、「掘り下げる」所までは書ききれていないという感じがあります。
 また、ヒロインがかなり「普通そうに見えて、突飛な部分がある」のですが、これを魅力的と受け取れるかどうかは、人によってかなり差があると思います。
 ただ、意外と「脇役」のキャラクターがたっているのは、良かったと思います。

 キャラクターの「数」は多いのですが、こうなると「シナリオが一本道=攻略できるのは一人」というのが、残念になってきます。
 もう少しシナリオの幅が広ければ、より「キャラクター」も生き生きとして、さまざまな側面を描きやすかったのでしょうが、かなり「駆け足」で設定が明かされる感がありました。

 カット(シナリオ):C

 とにかく、まずは「シナリオは一本道」ということに尽きます。
 (厳密には、「演奏パート」の失敗によって、ゲームオーバーへの分岐は存在しますが)
 そのため、いくつもある設定があわただしく回収され、また「未回収の伏線」が、相当残ってしまう形となっております。
 もっとも、この作品は「シリーズ化」を前提に作られているので、もしかしたらそちらで使用するのかもしれませんが…。

 また、かなり「ギャグ寄り」な所があるので、シンフォニック・レインのような「重厚かつシリアスな」シナリオを期待すると、思いっきり肩透かしをうけると思います。
 シナリオ自体も、「軽め」ですしね。

 意外にも、手堅くまとまっている部分はあります。
 ぴあの(ピアノの妖精)の正体など、予想は簡単につくのですが、それでも十分に満足できましたし。

 とはいえ…とにかく「尺が足りない」という欠点は、大きいです。
 幾つもの魅力的な設定が、生かされないまま回収されてしまうので、「惜しい」という感じが強くありました。

 クオリティー:C(凡作)、ただし、ボーカルはB(良作)

 ボーカルは、結構好みです。
 ただ、この作品自体を冷静に判断して、「人にお勧めできる作品」であるかどうかと問われれば、「否」と答える事になりそうです。
 もっとも、フィギュアに興味を持った方や、私のように「先行投資」として買うのであれば、損とも言い切れないのかな…とは思います。

 とにかく、ボリューム不足が痛いです。
 次回の作品では、「圧縮」などを使い、また「メモリの容量ぎりぎり」まで使い切ることで、もう少し充実した作品を提供してもらいたいです。
 正直、他社の2800円作品と比較しても、かなり「少ない」印象を受けたので…。

 酷評のようですが、実は「ボーカルが好み」のため、個人的には「損をした」とは思っていない作品だったりします。
 次回作までなら、購入しても良いかもしれません。

« わさびラムネ 感想 | トップページ | ショコラティエ テオ »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/11625280

この記事へのトラックバック一覧です: ディアピアニッシモ レビュー:

« わさびラムネ 感想 | トップページ | ショコラティエ テオ »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE