新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« ティファール投入 | トップページ | セカンドフラッシュ »

インターネットの大革命?

 最近読んだ新聞(及び、PCファン)で、かなり面白い記事が載っていたので紹介します。
 これの運用いかんによっては、家の中で無線LANを組む必用が全く無くなるかもしれないという、画期的なものだったので。

 インターネットの通信では、多くの方がADSL、一部の方がケーブルテレビ、リッチな方であれば光を使っている…という感じだと思います。
 これらのどの方法であっても、モジュラージャックなどの「引き込み口」が必要となり、そこから線を延ばすか、あるいは無線で飛ばして接続することになるため、前者であればレイアウトの問題、後者であればスピードとセキュリティー、導入コストの問題があり、一長一短という感じでした。

 ところが、ここに来て新たなインターネット通信手段がクローズアップされてきました。
 それは、「電力線通信」(PLC)と呼ばれる物で、「電力線」、つまり電線を使ってインターネットと通信するという方法です。
 電力送信に使われる周波数よりもはるかに高い周波数を使うことで、電力と同時にデータを流すということのようです。
 電力と同時…というと不安もあるかもしれませんが、実はシステムとしては「ADSL」に似た物で、電話と同時にインターネットも通信できることからも分かるように、きちんと棲み分けは出来るようです。

 この方法の、最大のメリットは「コンセントさえあれば、どの部屋でもつかえる」ということです。
 そのため、今までのように、引き込み口からケーブルを延ばしたり、引き込み口のところに無線LANの機器を置き、子機に飛ばしてインターネットに接続する…といった手間がなくなるというのは、とっても大きいです。

 また、「コンセントに接続されているパソコンは、LANで接続されている状態となる」ため、家庭内でのデータのやり取りがスムーズになるというメリットも見逃せません。

 更に、肝心の通信速度でも、予想される最高速度であれば200Mbpsと、光よりも高速なのです!
 もっとも、これは「このサービスを使う人が増えれば、遅くなる可能性」がある(光での、共有型サービスと同じだと思います)ので、あくまでも理論上のものだと思いますが。

 ただ、問題点も山積みだったりします。
 まずは、高周波数の信号を電線に流すと、外部にノイズが発生し、放送電波などとの干渉が起こるという点です。
 この点が規制につながっていたのですが、恐らく技術の進歩により克服されたのか、総務省の答申で規制が緩和され、早ければこの秋から対応製品が出るとのことです。

 次に、電線は減衰率が高いため、どのくらいの速度が出るのかが予測しにくいことです。
 ADSLのように、拠点となるところから離れるに従って、通信速度が遅くなる…ということは、かなり予想されます。

 そして、一番の問題点は、「屋内での家電製品の稼働状況に、通信が左右される」というところです。
 通信が遅くなるだけならばまだしも、通信そのものが出来なくなるようでは、困ってしまいます。
 もっとも、この問題点は無線LANでも起こりうる(11gは、電子レンジと干渉を起こしやすい)のですが…。

 この技術、まだこれからの分野だとは思いますが、実現すればかなり期待できるかもしれません。
 これからの発展に、注目です。

« ティファール投入 | トップページ | セカンドフラッシュ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

へぇ。markさんて情報が早いねぇ
初めて知ったよ・アタシ。
うち、無線LANとかいうやつです、
たぶん(・_・;
秋からの導入って早いっ。
ちょい期待しちゃう~♪

こんばんは!すごいですね!でも問題点も色々とあるんですね!難しいですね!
しばらく様子を見て安定しからでもよさそうですね!(◎^-^◎)

今や ティファール愛用者の のんです(笑)
焦げ付かない ・ 洗うのも簡単! いいですよね~♪

大注目の話ですね!!
コンセントに差し込むだけで‥ なんて夢のよう。
早く 良い内容で実現して欲しいー!!

こんばんは。
のんさんと同じくティファールの愛用者のチイです(^o^)
ティファールは使い始めるともう、他のフライパンが使えなくなるかも。。。現に私がそうなんだけどね。どうかしら??

コンセントを入れるとネット。
いいね。便利だよ。何処に居ても使える。
でも雷対策はどうなのかな~??

苦手分野だけど、一生懸命読みましたー♪
なんだか便利そうですね!!
我が家の光、線がつながってて置きたい場所が選べないけど、コンセントだけでOKになるってことは、部屋のレイアウト自由自在ってことですよね?
もー、ほんと機械系には弱くて。。
markさんは知識が幅広くて尊敬しちゃいます。

 emiiさん、kussamamatakachanさん、のんさん、チイさん、ル・シュクルさん、こんばんは。
 この技術は、まだ「これから」という感じなのですが、かなり面白そうなので、期待しています。

 To emiiさん

 無線LANも、レイアウトを考えなくてすむので、便利ですよね!
 私も、無線LANを愛用しております。
 ただ、無線の宿命として、どうしても電波の届きにくいところでは速度が落ちてしまうのですが、この技術ではその心配はなさそうなので、注目です。

 早ければ秋…ということだったので、冬くらいから本格的に始まるかもしれません。
 新聞でチェックしておこうと思います。

 To kussamamatakachanさん

 技術関係では、いわゆる「人柱」という言葉があるくらい、先物買いは不安定なので、ある程度様子を見てから…というのは、正しいと思います。
 初めのうちだと、恐らく機器も高いと思いますし(笑)。
 
 To のんさん

 ティファール、汚れの落ちもいいようですね!
 母にその辺は聞いてみます。
 一度洗っただけで、そこまでチェックは出来なかったので…。

 本当に、コンセントに差し込むだけ(正確には、モデムを通してですが、それでも今までに比べれば…)でインターネットとなれば、今までの常識とは全く違う世界が広がりそうです。

 個人的には、家のところまでは従来のADSLなどを使い、家の中をこのシステムにするというのが、一番理想的かな…と思っています。
 そうすれば、最大の難点である、「ノイズ」の心配も減りますし、家の中のパソコン全てが「LANで接続された」状態になるので、メリットが非常に大きいと思います。

 To チイさん

 愛用者が多いということは、それだけ信頼できるということでもありますしね。
 これから使い込んでいこうと思います。

 雷対策は…恐らく、雷ガードなどを使うと思いますが、それでも結構厳しいところがあるかもしれません。
 この周波数だけ通して、雷によって発生する分はキチンと防ぐという、新しいタイプの商品が必要になってくるのかも…。
 何より、実用にゴーサインが出たばかりの技術なので、そのあたりはまだ検証中かもしれませんしね。

 To ル・シュクルさん

 私の場合、色々な物に「オタク」なので、こういう「変わった」知識は見逃せません。
 新聞ででていたので、本格的に導入されることが分かっていたのもありますしね。

 コンセントからネットにつなげるとなれば、今までのようにレイアウトを考慮する必要が大幅に減るため、それこそ「一人に一台」の世界に大きく近づくのかな…と思っています。
 この技術、家の中で使うようにして、家までの部分では減衰率の少ない光を使うようにすれば、一番効率的に運用できるのかな…と、個人的には思っています。
 どうしても、電線というのは本来データをやり取りするために作られた物ではないので、途中で「弱まる」可能性が高いですしね。
 (電気も、そのために「高圧をかけて」送っているのですし…)

こんばんは~。
うんうん。私も静岡新聞で最近、読みましたよ。ホント、ノイズとかの問題が解決されればね。こんなに便利な方法はないよね!もっとも、NTTとかは反対したりして。。。(笑) 何が普及してもいいけど、その分、料金も割安にしてほしいですよね。光通信は早さが売りですが、個人の家では料金が高すぎると思います。せめて、ADSL並みにして欲しいです。(笑)

こんばんは。
日々進化していますね。
((φ(・д・。)ホォホォ
markさん詳しいですね~!!

 eimeisさん、ゆずさん、こんばんは。

 To eimeisさん

 静岡新聞!
 私も、同じく静岡新聞で読んで、興味を持ったので、びっくりです。
 NTTの反対…確かに、新しくかつ自社に不利な分野かもしれませんが、モデムを作るという形で参入は可能なので、たとえ反対があったとしても、導入の妨げにはならないと思います。

 光は、減衰率が低いことと、速度が速いことから、実はADSLよりも「速度あたりの単価」では、割安になっているのです!
 とはいえ、高いですよね…。

 この新しい技術でも、もう一つのネックとして、モデムが結構高価になる(外国の場合、およそ2万円程度)というのがあるそうです。
 始まったとしても、どれだけ受け入れられるか、予断を許しません。

 To ゆずさん

 新聞に載っていて、興味を持ったところに、雑誌でも取り上げられていたので、一気に情報が入り、記事にしようと思いました。
 自分が「好き」な分野については、やはり自ら情報を集めるようになると思いますので、自然と詳しくなるのかもしれません。
 
 とはいえ、「本当に詳しい」人からすると、どの分野もまだまだなので、精進が必要です。

こんばんわ~
パソコン関連って技術が日進月歩で購入時期にすごく迷いますよね。
私は夏から【光】+【無線11g】でやってますが、PLCまで待とうか迷ってました。さらに無線も11nがメジャーになるまで待とうか迷ってました。結局どっちも現状最速ので落ち着いたんですけど。
あとPLCってコスト問題もあった気がしますけど月額どれくらいに落ち着きそうなんでしょうかね。興味深々です。
2年後くらいに変えようかなって思ってますので^^

 ども、markさん^^

元々この技術はアメリカで、僻地(ユタ州とか?w)向けに
通信環境を提供するために開発されたようですね。いくつかの
地域で電力線通信サービスを提供しているISPがあります。
ただ、本文中にもあるようにノイズによる減衰や劣化の問題が
あって、このテの仕事に従事している友人によれば「新築の
オフィスビルでさえまともな通信は困難で、一般家屋ではまず
通信不能」というのが現状らしいです。

個人的には、メインの通信インフラとしては期待薄では
あるものの、家電とネットとの融合に際しては非常に有効だと
思っています。何しろ電源プラグを挿すだけですからね^^

 ナナスケさん、がじろうたさん、おはようございます。
 返信が遅れて申し訳ありません!

 To ナナスケさん

 光だと、11gでもボトルネックになってしまうかも?
 MIMOであれば、最大値がほぼ同じくらいなので、光からの速度を十分に生かしきることが出来ますが、いかんせん高いですし、11nがいよいよ登場した現状だと、「枯れた」技術…という感じもありますしね。
 難しいところで、私もそのために光の導入を見送り、11nが一般的になってから乗り換えようかな…と思っていたところ、このような「面白い」技術がでて、そちらにも興味を惹かれました。

 コスト問題は、ありそうですね。
 月額はまだでていませんが、機器自体に外国の場合は2万円くらいを必要とするので、無線システムの構築に必要な金額くらいはかかってしまうと思います。
 このあたりの改善があれば、十分ほかのサービスと太刀打ちできるのかもしれませんが…。

 To がじろうたさん

 一般家庭では、導入が難しいのですね…。
 これは、厳しい事実です。
 とはいえ、「家庭内限定」でこの技術を使うことが出来れば、初心者には難しいLANを簡単に組むことが出来るというメリットはあると思いますので、そういった方向性がいいのかな…と考えています。

 がじろうたさんも述べているように、どちらかというと「家電とネット」の融合や、家電同士のLAN接続など、そちらの方向で発展していけば、家電業界全体にとってもメリットのある技術になるのかな…と思いました。
 どちらかというと、ブロードバンドへの接続用としてよりも、そちらの方で期待しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/11960238

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットの大革命?:

« ティファール投入 | トップページ | セカンドフラッシュ »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE