新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« AUへの(ちょっと)不満点 | トップページ | ナスカ展&静岡探索 »

鍼灸の後は

 鍼灸、マッサージなどは、疲れた体をほぐし、疲労回復に効果的です。
 ただし、場合によっては、やらないほうがいいときもあったりします。

 マッサージ系全般に言えることなのですが、疲れた体がほぐれることにより、一時的に「疲労が出る」状態となります。
 そのため、マッサージをした後に運動をしたりするのは、あまり良くありません。

 基本的は、やった後1~2時間くらいすると、かなり眠くなるので、その時間くらいに車の運転をするのも避けたほうが無難だと思います。
 可能であれば、眠気に身をゆだねて、ゆっくり眠ると、疲労が完全に抜けるのではないかと思います。

 全身性で無いマッサージの場合は、恐らくここまで「疲れが出る」ことは無いと思いますけれどね。
 疲れが出るというのも、それだけ「疲れを溜め込んでいた」という証拠みたいな物ですし。
 疲れ、肩こりの解消にはやはりマッサージは効果的だと思います。

« AUへの(ちょっと)不満点 | トップページ | ナスカ展&静岡探索 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

この間スーパー銭湯で お風呂からあがった後 マッサージしてもらいました。
マッサージ中 不覚にも熟睡しちゃいましたー!!
お風呂の後だから 眠くなるのも早いのかな?
マッサージ好きなんですけど、なかなか高いですよね。。。

 のんさん、こんばんは。

 お風呂でリラックスした後のマッサージ…それは眠くなって当然だと思います。
 極楽気分が味わえそう…。

 マッサージの場合、やってもらっている最中もですが、やってから数時間後くらいに、体中の疲れが「どっとふきだす」様な感覚が私の場合あります。
 そのため、そこで無理をすると、気持ち悪くなり、吐いてしまうことも…。
 ちょっとした「貧血」に近い状態なのかもしれません。

 それだけ、疲れがたまっていたということでもあるんですけれどね。
 その後は、気持ちよくなりますし。

 マッサージ、大体「相場」は、一分100円くらいなんですよね…。
 私の行っているところは、最初に1万円払うと、以後1500円で一年間に何度でも行ってもらえる(しかも、45分くらい)ので、かなりお徳ではあるのですが、そういうところは珍しいと思います。
 後に「疲れが出る」ことを考えると、マッサージを含めて「一日ゆっくりできる」状態でやりたいですよね…主婦だと、難しいかもしれませんが。

こんばんは
針灸ってやったことがないんです
ちょっと恐くて(*゚▽゚*ゞ
腰のゆがみをなおしてもらいたいな~あそれは整体ですか?

マッサージは月1回の割合でいってますー。
そして毎回のように爆睡してます。
そしてそして毎回のように言われるんですよ
「ここまで凝ってる人って初めてです。」
疲れも取れるし、マッサージ最高。

こんばんは!マッサージ自体受けた事がないです。
一度やった見たくなりました~!(*^o^*)/

そういえば、最近マッサージを受けてないです。
 
一回、受けたことがあるのですが、気持ちよかったですよ(若干痛かったですが・・・/笑)。
 
最近デスクワークでの研究が多いから必然的に肩こりになるのかも・・・。だから疲れるのか・・・(苦笑)。

 ゆずさん、ナナスケさん、kussamamatakachanさん、たつのりさん、こんばんは。

 To ゆずさん

 初心者には、「針を刺す」という時点で恐怖ですよね…私も最初はそうだったので、よく分かります。
 痛いと思われるかもしれませんが、実はほとんど痛みはありません。
 少なくとも、注射のほうがよっぽど痛いと思います(笑)。

 お灸も、「火傷のあとが残る」様なものは、今ではほとんど行われません。
 熱いときは、言えばすぐに取り除いてくれますしね。
 
 体のゆがみは…整体、マッサージ系が主かもしれませんね。
 とはいえ、たいていの鍼灸のところでは、マッサージも行っているので、大丈夫だと思います。

 To ナナスケさん

 ナナスケさんも、マッサージ師泣かせのようですね(笑)。
 私も、首、肩の辺りはひどいこりで、「ぶっとい針」(そこで使っている中で、一番太い物…荒針と呼ばれています)を刺してもらって、ようやくこりが取れる…という有様です。

 やってもらうと、疲れが取れるのですが、どうしても眠くなりますよね~!
 あまり、やった後は動き回らない方が良いようです。

 To kussamamatakachanさん

 マッサージなどの「軽め」のものからやったほうが、いいかもしれません。
 いきなり鍼灸だと、強すぎるかも?
 「はじめてである」ことを告げれば、いきなり強いつぼはやらないと思いますが…。

 上手な所であれば、本当に気持ち良いです。
 ぜひ一度チャレンジしてみては?

 To たつのりさん

 痛いところが、「悪くなっているところに対応するつぼ」だと思います。
 後は、自分でもそこをもみほぐすようにすることで、回復が計れるかも?
 私の場合、自分でもお灸の位置を覚えて、家でやっていますし。

 デスクワーク、パソコンを使う作業だと、どうしても肩こりは避けられないですよね…。
 ホワイトカラーにとって、肩こりは「職業病」といえるのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/12365231

この記事へのトラックバック一覧です: 鍼灸の後は:

« AUへの(ちょっと)不満点 | トップページ | ナスカ展&静岡探索 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE