新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 景気回復? | トップページ | マイクロソフト謹製ウイルス »

琵琶のさざ浪

 基本的には、私はアルコールが苦手で、特に「苦い」物がダメなので、飲み会でも、ソフトドリンクか、甘いカクテルばかり頼んでいます。
 ところが、そんな私でも飲める「日本酒」があったりします。
 それが、「琵琶のさざ浪」です。
 以前、父がすし屋で飲んでいたのを少しもらってから、「これだったら飲める!」となり、はまりました。

Ca340081

 こんな瓶です。
 ちなみに、普通の酒屋では売っていなかったので、通信販売を利用しました。
 値段は2100円と、普通の一升瓶の日本酒と変わらない程度のお値段です。

 このお酒は、「日本酒特有の臭みが無い」のが、ほかの日本酒との大きな違いだと思います。
 そのため、まるで「水」や、「白ワイン」を飲んでいるように、抵抗無く喉に入ると思います。
 それゆえに、「アルコールの臭い」や「味」がだめな私でも、飲めるくらいですから、「癖があるからこそ好き」という人には、物足りないかもしれません。

 そして、「酔いが軽い」のも、特徴です。
 あくまで個人差があるので、私の場合は…ということですが、比較的「悪酔いしにくい」お酒かな…と思いました。
 飲んで気持ちよくなるのですが、その後の「気持ち悪さ」が、ほとんど無かったので。
 恐らく、アルコールの「質」が違うのだと思います。

 なかなか手に入らないので、通信販売などを利用しないといけないのがデメリットですが、もし興味のある方がいれば、試してみてもいいかもしれません。
 魚料理などに合う、いいお酒だと思います。

« 景気回復? | トップページ | マイクロソフト謹製ウイルス »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

へぇ。何か興味あるわねぃ。
お酒なのにお酒じゃないみたいな?!
いろんな日本酒あるんだね♪

ヒメはお酒を飲む機会に恵まれていないので、
お酒の種類はお菓子で使うリキュールぐらいしか分からないですね><
カシスとかなら飲んだことありますが・・。
でも、日本酒はゆっくり少しずつ飲むと、
ほわんとあったまって好きです^^
(以前料理屋さんに行ったときに飲ませてもらいました。)
将来もっと飲めるようになりたいです。

 emiiさん、ヒメさん、こんばんは。
 この日本酒は、相当「軽い」タイプだと思います。
 普通の日本酒は癖が強いので、私も苦手だったり…。

 To emiiさん

 日本酒なのに、まるで「水」のような飲みやすさ。
 アルコールの香りが多少あるものの、実に飲みやすいので、日本酒の「癖」が苦手な私には、ぴったりでした。
 ただ、近くのお店では取り扱っていないため、「通販」を利用しないといけませんでした…。

 とはいえ、それだけの「価値」があったので、満足です。
 http://jizake.com/CorePage.htmlで、購入可能です。

 To ヒメさん

 私も、リキュール系のほうが詳しかったりします。
 日本酒は、「有名な銘柄」が数種類分かる程度で、全く素人同然です…。
 カシスのソーダ割のほうが、好物だったりするくらいで、日本酒に手を出すのは今回が初めてだったりするくらいです!
 (弟が好きだったのを思い出してしまうため、控えている…という側面もありますが)

 日本酒の場合、「体を温める」ような感じがあるというのは、同感です。
 やはり、寒いところで作られる物だけに、体に「熱」を呼び込む効果があるのでしょうか?
 特に、「燗酒」は、ぽかぽかしてきます…。

 あまり「量」は飲めなくて、少量で気持ちよくなれるほうが、幸せかもしれません(笑)。
 私も、一合飲めば真っ赤になるくらいの「下戸」ですしね。

こんぱんは~。
へぇ~。水みたいなお酒なんですね?(笑)
って、アルコールは何度くらいなんでしょうね? 私の今までの経験からすると、できればあまり飲めない方が良いと思います。かといって全然、飲まないってのも、付き合いが悪いとか言われるしね。もっとも、私は禁酒中でもお勺や酔ってる人たちとも同じように話しをしますので、問題ありませんけど。。。(笑)

 eimeisさん、こんばんは。

 そうなんです!
 まるで「水」のように、苦味やえぐ味がない、澄んだ味をしているので、飲みやすいです。
 アルコール度数は「15度以上、16度未満」だったので、普通の日本酒よりも若干「軽め」なのも、飲み口に影響しているのかな…と思いました。
 また、生酒なので、冷蔵保存が必須ですし、あまり長期間置けないというデメリットもあったりするので、万人に勧められるかというと、ちょっと違うかもしれません。
 (冷蔵庫の野菜室を、占領しております…)

 私の場合、下戸なのでちょっと飲むだけで「ぶっ倒れ」ます(笑)。
 まあ、付き合い程度に飲んで、後は話す…というのが正しいですよね。
 後は、「食事を残す」のがきらいなので、ひたすら食べまくっております。
 …そのせいで、中性脂肪の値がレッドゾーンに突入したのですが(苦笑)。

こんばんは!実は私もお酒は甘いものが好きです。
日本酒は苦手です。でもこれならいけるかしら?でも入手しにくいなのは少し難点ですね!(;^▽^A

こんばんは。
私もお酒は1滴もだめです
・゚・(ノД`)・゚・。
何か得意なお酒一つでもあれば
いいのですが…。
料理酒はつい日本酒でないものを
買ってしまいます。本当はいい日本酒を使いたいのですが…

日本酒もいろいろなんですね。
冬は熱燗もいいですね。
焼き鳥屋さんや居酒屋くらいでしか飲む機会はないけど、もしあれば飲んでみたいです。

 日本酒と聞いては黙っていられませんね。
よく「日本酒は匂いが駄目」と言われますが、
本当に上等な日本酒は香りも芳しいのですよ。
それこそ最上級の白ワインのようにフルーティで爽やかで、臭みなど全くありません。
喉越し滑らかで切れ味鋭い飲み心地とは裏腹に、芳醇で馥郁とした深い味わいは天上の美味です。
思わず陶然としてしまうほどです。

 ……もっともそんな上等なポン酒を飲んだのは
自分のアル中人生でも二度くらいしかありませんが。
東京営業所単身赴任時代に
グループ副会長に奢ってもらったポン酒はマジ美味かったですよ。
気が遠くなりそうなほどに。
あれは酒瓶を入れている桐箱がすでに高そうでしたが。

今日はこれで失礼します。

私も日本酒の匂いで酔ってしまいそうになるので、苦手です。
というかほとんど飲めませんしね。
ちょっと嗜む程度に飲みたい時は日本酒っていいなと思います。
これ、いいかもしれませんね。
冬は日本酒ですかねぇ(笑)

私はアルコールアレルギーで飲めないので(じんま疹が出ちゃうんですよ~☆)料理に使ってみたいですね!
そういう日本酒なら料理に使っても美味しそう♪

 kussamamatakachanさん、ゆずさん、ル・シュクルさん、toraboさん、かわさん、のんさん、こんばんは。
 日本酒の話題なのに、こんなにコメントが来るとは思わなかったので、びっくりです。

 To kussamamatakachanさん

 私も、すし屋で飲んで、そのあまりの「澄んだ味」に感動して、それから探し続けたという感じです。
 日本酒は、本来苦手(弟が好きだったので、それを思い出す…ということもあり)だったのですが、このお酒は「それを覆せる」くらいに美味しかったので、満足です。
 早速仏前にも供えました(笑)。

 手に入りにくい…というのは、「一般に流通していない」+「通販でも在庫切れが多い」ということなので、これは否定できません。
 在庫切れが多いということは、「それだけ需要がある」ということもまた言えるのではないか…と思います。
 機会があれば、ぜひお試しください。

 To ゆずさん

 お酒を「全く受け付けない」という人は、これは体質的なものなので仕方が無いと思います…。
 母も「ウイスキーボンボンで酔っ払う」くらいに弱く、まともなお酒を飲ませたりしたら、寝込んでしまうという体質なので、アルコールには近づけません。
 さすがに、料理に使い、アルコール分がとんでいれば大丈夫なようですが…。

 料理には、「料理酒」というのも一手だと思うのですが、酒税法の関係上、「塩」が入っているので、塩分が気になる場合は、普通の日本酒を買って使ったほうがいいのかな…と思います。
 ちなみに、「安価な」日本酒ならば、料理酒よりも安上がりになるかも…。
 料理に使うのであれば、そのくらいのもので、十分かもしれません。

 To ル・シュクルさん

 このお酒は、「生酒」なので、冷酒専門です(笑)。
 熱燗には、熱燗に向いたお酒というのがあるので、そちらでお楽しみください。

 ちなみに、琵琶のさざ浪は、「冷蔵保存」が義務付けられているくらい、温度変化に弱いお酒なので、常温保存は出来ません…。
 居酒屋などでも、ちょっと大きめの「日本酒を数多く取り扱っているところ」などで、日本酒専用の冷蔵庫があるところでないと、お目にかかれないかも…。
 その分、味は保証します。

 To toraboさん

 すっきりとした日本酒は、「日本酒特有」と思われるような「癖」が全く無いので、全く「別物」なんですよね~!
 日本酒に対する考え方が、大きく変わると思います。
 私も、「この日本酒なら」飲めるという感じですし。

 もっとも、その「癖」を個性として売り出している日本酒があるのも、また事実。
 「八海山」などは、その代表例だと思います。
 なので、「好み」によるところも結構ありそうですね。
 私には、八海山は「強すぎる」のですが、弟は大好物でしたし。

 桐箱に入っているお酒…。
 私も、八海山の「純米大吟醸」というのを見たことがあるのですが、「万」の単位だったような記憶があります。
 久保田の万寿など、「有名どころ」の「最上級」クラスが、そういう箱に入って販売されているのではないでしょうか。
 一度飲んでみたいものですね~!

 To かわさん

 日本酒ですが、このお酒は「においも強くない」ので、いいかもしれません。
 もっとも、私の買ったところでは「一升瓶」しか取り扱っていなかったので、ちょっと保存が大変かもしれませんが。
 常温放置は厳禁ですしね。

 冬の寒い時期だと、「燗酒」もいいのですが、あえて「冷」で飲むのなら、このお酒はお勧めです。
 個人的には、来年の「お神酒」はこれで決まりかも…。

 To のんさん

 アルコールを受け付けない(すぐに酔う)のならまだしも、アレルギーとは!
 もしかして、注射の前の腕に塗る物でも出てしまうのでしょうか?
 それは、「直接飲む」わけにはいかないですよね…。

 ちなみに、「料理」に向いたお酒かといわれると、ちょっと疑問です。
 料理の場合、恐らく「燗」に向いたお酒のほうが、味が損なわれないのかな…と思います。
 このお酒は、冷酒専門なので、恐らく料理で加熱すると、味が損なわれてしまうかと思いました。

 ちなみに、「八海山」も、料理には不向きなお酒です。
 こちらは、「主張が強すぎる」ので、料理の味を損ねてしまうので。
 まあ、せっかくの八海山を、料理に使う…という人はいないと思いますけれどね(笑)。

アルコールまったくダメなんですよ。
飲み会とかでフリードリンクだとスゲー損した気分になります。
そんなオイラでも飲めるんだろうか?
興味津々。とりあえずアルコールの免疫からつくり始めれたらいいのに。

 ナナスケさん、こんばんは。

 ナナスケさんも、アルコールはダメなんですね…。
 いくらソフトドリンクも飲み放題に含まれるとはいえ、そうそう飲めるものでもありませんし、もったいないですよね…。
 私の場合、「ほんの少しなら」飲めるのと、ソフトドリンクを「一リットルくらい」飲むのとで、何とか採算を取っている状況です(笑)。

 それはさておき…お酒の「味」がダメだということであれば、もしかしたらのめるかもしれません。
 リキュールしか基本的に飲めない私でも軽く飲めるような、「澄んだ」味なので。
 とはいえ、アルコールの分解酵素が無い人には、当然ながらお勧めできません(苦笑)。

 取り扱っているところが、一升瓶しか置いていないようなので、さすがにチャレンジするのは無謀かもしれませんしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/12281729

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶のさざ浪:

« 景気回復? | トップページ | マイクロソフト謹製ウイルス »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE