新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 新生OAナガシマ | トップページ | 二回目の悪夢? »

箱根小涌園 ユネッサン

 注意!今回の更新は、相当主観が入っており、かつ辛口です。

 昨日は、「箱根小涌園 ユネッサン」に行ってきました。
 母が「ドクターフィッシュ」というのを体験してみたかったことや、私自身今年は泳ぎに行く機会が無かったことなどがあり、行ってみたのですが…後悔です。

 まず、行くまでの道が、とっても分かりにくかったです。
 看板が全く無く、「この道を進んでいけばたどり着くはずだけれど…」と、不安になりながら進むことに。
 (帰りに確認したのですが、「交通標識位の大きさ」の看板が、ほかの交通標識の看板の陰になって、「下」に生えていました…これで分かれというのが、ドライバーには酷というものだと思います)

 そして、ついたらまず出迎えたのが…従業員ではなく、提携しているカード会社の職員!
 「今日入れば、割引価格より更にお得に!」なんて攻撃を受けながら、エスカレーター上の受付へ。
 (ちなみに、受付まで、「案内の係りは、一人もいませんでした」…その職員が兼務?)

 受付でも、テープに沿って並ぶようになっていながら、そこで並んでいる人は一人も無く、ばらばらに受付に進むようになっていて、いわゆる「導線」が全く機能していませんでした。

 今回チョイスしたのは、ユネッサンの施設全てが利用できる割引コース。
 大人一人当たり3,500円でした。
 そして、中へ入り、羽織る物とバスタオル、ICチップ(腕時計状で、館内のロッカー、及び買い物はこれで行い、最後に清算します)を受け取ったのですが、父の羽織る物には「しみ」がついていて、更に気分悪化…。

 中は、ある意味「迷宮」状態。
 バイキングのコースを選んだのですが、バイキングを行うところが「二箇所」あり、更にそれが大きく離れているため、混乱することに。
 5階と、階段を使って3階まで降りた上で通る連絡通路を100メートルほど進んで、離れの建物の7階…と、文章で書くだけで、複雑さが分かると思います。
 チケットを母に預けていたので、バイキングの「時間」は分かっていても、どちらに行けばいいのか分かりにくくなってしまったので、これはこちら側にもある程度の責任はあると思いますが、バイキングのコーナー、食事のコーナーなどが「分散して」あるため、どうにも行動しにくいです。

 中の施設は…まあ、いった日が悪かったということで、子供たちで埋め尽くされていました。
 そして、何よりも問題だったのが、「バスタオルなどを置くところがない!」ということです。
 廊下の移動には、羽織る物をつけ、バスタオルを持参するべきなのでしょうが、行った先でそれらを置くところがなく、そのためあちこちに散乱している…という、見栄えが悪い状態でした。
 一応、「有料」のおく所もあるのですが、有料ということもあり、あまり利用されていない様子…。
 周りに「置いてある」のを尻目に、有料を使うほどみんな馬鹿ではないということだと思います。

 また、「温泉ゾーン」と、「プールゾーン」では別料金になっているのですが、中には全く「仕切り」が無いため、温泉ゾーンの料金だけ払って、プールで遊ぶ…という裏技も簡単に出来そうでした。
 ゲートで、腕のICチップをかざして通る…というものを一つつけるだけで、防げると思うのですが…。

 また、別の場所では、有料のところに使用されているのが、ICチップのもの「ではなく」、コインロッカーという惨状!
 わざわざ、更衣室に戻ってお金を取ってこないといけない…のでしょうか。
 施設の作り、あきれるばかりです。

 お風呂は、色々な「変り種」があり、そこそこには楽しめたのですが…コーヒーの「質」が悪かったらしく、ちょっとコーヒー風呂に入った後気持ち悪くなってしまいました。
 まあ、これは「入ることを選択した、自業自得」だと思います(苦笑)。
 また、「時計が一箇所にしかない」とか、「放送がプールのところでは聞こえにくい」など、施設の作りそのものにかなり問題があるかな…と、感じました。

 そして、最大の攻撃ポイントは、「バイキング」。
 何しろ、「50分くらいかかる」ということで、待っていたのですが、放送や個別の呼び出しシステムが全く無く、「紙を持った従業員が、声で案内する」という、サイズ、待合室の広さからは考えられないほど前時代的なシステム。
 事実、呼ばれても気づかなかったため、順番を飛ばされてしまい、トラブルになっていた客がいたくらいです。
 普通なら、「何時に来るように」として、その時間までは自由に行動させる…というのが、この規模ならば当たり前だと思うのですが。
 そのため、待合室もいっぱいなので、あきらめて帰る人が続出していました。

 そして、中の料理は…「悲惨」以外の何物でも。
 リオンドォールというバイキングだったのですが、「美味しい物が一つもない」という事態に、家族一同閉口。
 (一応、牛肉のステーキだけは、「固くない」という意味で評価できます…ただし、父曰くウインナーは「人間の食べ物ではない」らしいですが)

 更に、給水機(ソフトドリンクは無く、水だけ…というのも、ひどいと思います)なのですが、なんと「水を自動で投入するシステムではなく、上から手動で入れる」というもの!
 冷えも甘く、従業員が氷とポリタンクで入れている姿に、あきれました。

 そして、清算は…まとめて行うことは出来るのですが、その後に退場するためのカードが、「一人につき一枚」必要になるため、とり忘れが多発。
 それをみていたので、私の家族は何とかなりましたが、それでもこれは…。
 しかも、2台故障していたので、2台しか稼動していませんでしたし。

 全体として、「二度と行かない」ことを家族で誓い合い、家路に着きました。
 おかげで、昨日はぐったりです…。
 基本的に、「家族で」、「時間をたっぷりととって」(可能なら宿泊で)行く…のでなければ、疲れるだけのように感じました。
 個人的には、全くお勧めできません。

« 新生OAナガシマ | トップページ | 二回目の悪夢? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はあ。読んだだけでも、たいへんな感じでした。
箱根はたびたび行くエリアですが、こちらはまだうかがったことがなかったので・・・
行きませんっ!

・・・・書きまとめていると、よけいに怒りがわいてくるでしょう?お察しします。
でも、施設の方にもわかっていただきたいですね。

こんにちは!読んでいるだけで行くのが嫌になりました。markさん散々でしたね~!
近くを通ったことがあるけど行こうとは思わなくなりました。
良かった行く前に読んでおいて!(*n_n*)

 つぼみさん、kussamamatakachanさん、こんばんは。
 昨日が「これ」だったので、今日一日ぐったりして過ごすはめに…。

 To つぼみさん

 来る人のことを考えていない、いわゆる「殿様商売」というところがあるのかな…と、感じてしまいました。
 自分が客として入れば、どこが「不便」かは一目瞭然だと思うのですが…。
 何度も来て、「常連」にならないと、効率よく楽しむことなど、不可能だと思います。

 その割りに、何度も行くような「魅力」を持っていないので…このままだと、「見捨てられる」のも、時間の問題かもしれません。
 施設の規模と、従業員の意識や設備の充実度が明らかに食い違っていました。

 To kussamamatakachanさん

 別の人のブログでは、ここまで「酷評」はされていなかったので、それなりに期待して行ったのですが…悲惨でした。
 そもそも、一番腹がたったのが、入ってすぐに「インフォメーション」がなく、代わりにカード会社の勧誘があったこと…。
 その時点で、ちょっとげんなりしてしまい、その後の「辛口評価」にもつながっていると思います。

 後は、建物の内部の案内表記!
 全く役に立たず、「大人でも」迷子になるのに十分でした。
 ぬれたままうろつくことになるので、風邪もひきそうです…。

とりあえず読む前にリンクされてたユネッサンのHP寄ってから読ませていただきました。
笑った。と書いたらmarkさんに失礼かもですが、HP見る限り凄い魅力的に見えるんですよ。「行きたい」って思わせるような。
それでいて、読み終わればオイラも絶対にい行きたくねーって180度変わるわけですから。こういう生の感想って貴重ですね。
どこか新しい所に行くって時はそこのHPのぞくより、ソコに行った人のブログを拝読するのが良いってことが分かりました。。

こんばんは☆
ナナスケさん↑のおっしゃるとおり、HPを見るとほんと楽しそう!!(~_~;) 岩盤浴もあるようなので覗いちゃいましたよ。。
markさんの記事とのギャップにあ然ですね。
ある意味とても面白い経験でした!!
どこかに行こうと決めるとき参考にHPを見ることがよくあるのですが、当てにならないってことがよ~~く分かりました(@_@;)

えらい施設があるもんですね。
読んでるだけでだめだめさが伝わってきました。
おそらく客観的にみてもそうなんでしょう。

まあ、無くなる前に一度いっておくという記念の意味で、よしと言うことにしてください。

確かに書かれているような事は私も思っていました。
2回行きましたけど、あの、あちこちにタオルと羽織が置いてあるのはとってもイヤです。
中もとっても複雑でどこになにがあったのか、あちこちをウロウロするばかりでした。
色々ありすぎてとっても疲れますし。
私はあまり好きではないんですけど、
ダンナが気に入ってるんですよね。
次々と違うお風呂に入るより、もっとゆっくりのんびりしたいです。

わー、最悪ですね…
HP見ると広くて色々施設があって楽しそうなのに。
オーナーを含め、職員全般の意識が低いんでしょうね。クレーム&改善策をメールしても、もともとやる気のない所だと無意味でしょうね。
以前、非常に気分を害することがあって、百貨店にメールしたらすぐに電話で謝罪されたけど、口だけで全く改善されませんでした。もう二度と行かない。日本橋三越!!

有名な所なのに、実際はかなりひどいんですね~
よく潰れずに営業できてるなって思います。
HPはイイ感じなのに‥ (ハイ!見てみました)
ル・シュクルさんも言ってるように、きっと苦情を言っても改善されないだろうな~☆
私が骨折したスキー場&ホテル(一体化してます)が骨折時の対応が悲惨だったので、退院してから「改善してほしい」というメールを送りました。予想通りって感じで何も起こりませんでした。
やっぱり意識の問題でしょうね。

 ナナスケさん、joon-beさん、azさん、かわさん、ル・シュクルさん、のんさん、こんばんは。
 ホームページを見る限りでは、とっても魅力的な施設なんですよね…。

 To ナナスケさん

 私の場合、ホームページを見たのは行った後だったのですが、「サギだ!」といいたくなります…。
 しかも、白サギではなく、どす黒い黒サギ…。

 とりあえず、ホームページのバイキングの説明文は、もはやブラックジョークの域に達しているかも…。
 食べ物があっても、飲み物が「冷えていない水」だけとは、誰も思いませんしね(笑)。

 私も、新しいところに行くときは、まずホームページをみて、それから「ブログ」で検索をかけ、口コミを仕入れてから行くようにしようと思いました。
 口コミの方が、信頼できる度合いが高いですからね…。

 To joon-beさん

 ちなみに、岩盤浴は「完全予約制」だったので、体験できませんでした。
 (チラシには、書いてなかったような?)
 これも、がっかりです。
 一度やってみたかったのに…。

 こういう「生」の意見は、貴重だと思います。
 もっとも、今回の記事は、相当「主観」、及び「最初の段階で、悪印象」を受けた上でのことなので、人によっては評価が違ってくるかもしれません。
 もっとも、「嘘」は一つも書いていないので、恐らく大多数の人が「悲惨」と称するでしょうが…。

 To azさん

 施設の「造り」が、まず最悪です。
 その上、それを助長するような「お客さん」に対する意識の低さが…。
 (ぶっちゃけ、いまどき「国の施設」でも、ここまでひどい方が少数派…というレベルです)

 多くの人でにぎわっていたのは確かなのですが、恐らく「リピーター率」は相当低いと思います。
 設備投資の金額を回収する前に、つぶれてしまうのではないか…と思いますが、そもそも「投資」自体が少ないのかもしれません(苦笑)。

 To かわさん

 かわさんは「行ったことのある」人なので、違う意見かな…と思っていたのですが、やはりあの「羽織&バスタオルの散乱」は、目に余りますよね~!
 かわさんの場合、「ユネッサン」のコーナーではなく、3階の「森の湯」のところだけを利用してみてはいかがでしょうか?
 上がぐちゃぐちゃに混んでいたにもかかわらず、とっても空いていて、ここでだけはのんびり出来ました(笑)。
 恐らく、利用者の多くが「知らない」のかもしれません。

 ちなみに、そちらだけならば利用料金も1800円と、多少リーズナブルになっていますし。
 とはいえ、高い…。

 To ル・シュクルさん

 ちょっと考えれば、改善できそうなところはいっぱいあるんですよね…。
 施設自体は、もうどうにもならないとはいえ、時計を増やしたり、呼び出しではなく予約制にしたり、料理人の腕を上げたり(笑)と、少額で効果的な改善策はいくつでもありそうです。
 にもかかわらず、これだけオープンから経っているのに行われていない…となると、やはり「意識」の問題だと、私も思います。

 クレームをつけても、そういうところはもはや「どうしようもない」んですよね…。
 お客が来なくなっても、「ちょっと改装して、宣伝すれば大丈夫」とか思っていそうです。
 いまどき、それでは生き残れないと思うのですが…。

 To のんさん

 私も、「一見」の客が多い今は、まだ経営状態がいいのかな…と思いますが、恐らくこれから数年すると、「結果」となって現れるのではないかと思います。
 見た目が良くても、中身がぼろぼろ…なんて、バブル期の建物みたいですね(苦笑)。
 恐らく、「意識」が、その時代から進歩していないのではないか…と、思います。

 ちなみに、今回の記事&コメント、母に見てもらいましたが、何度となくうなずいていました。
 少なくとも、「うちの家族」では、この記事の内容が「集約意見」ということで間違いなさそうです。

こんばんは
実は、私も友達家族と
台風で海にいけず、
一度だけ行ったことが
あります(*゚▽゚*ゞ
でも鈍感な家族、不便を不便と
思わず堪能して帰宅しました。
自分でも笑ってしまいました
∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!
markさんのおっしゃるとおりですね…。

 ゆずさん、おはようございます。

 楽しめたのであれば、それが一番だと思います。
 我が家の場合は、「細かいところ」で色々と不便な思いをして、最後にバイキングの悲惨さを目の当たりにしてしまったため、「こういう」感想になってしまいました。
 本当は、「楽しみたかった」です…。

 休日に行ったので、余計に「悪いところ」がクローズアップされてしまったのかもしれません。
 可能であれば、平日に行く方が、楽しめそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/12199256

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根小涌園 ユネッサン:

« 新生OAナガシマ | トップページ | 二回目の悪夢? »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE