新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 販売手段の間違い | トップページ | 珍品には失敗も »

火急に使えず、されど

 かなり昔の記事ですが、傷の治りが早くなるという絆創膏を使おうとして、大失敗したという記事を載せたことがあります。(記事)

 その後、取扱説明書をよく読んで、一応使えるようにはなりました。
 そして、また手を傷つけてしまったため、この絆創膏を使ってみたのですが…。

 これは、貼りっぱなしにしておいても、5日くらいは大丈夫というのが、実はとてもありがたいです!
 しかも、衝撃に対する防護作用も高いため、指先を傷つけたとしても、これを巻いておけば、タイピングして痛みを感じないというのも、優れた特徴です。
 全く使い物にならないというところは、撤回した方が良さそうです。

 ただし、「いざというとき」に使えるかどうかといわれると、やっぱり「使えない」と答えざるを得ません。
 なぜなら、この絆創膏は、まず使用前に両手で一分ほど温めて、吸着を良くしないと使えないからです。
 出血しているときに、悠長に一分も温めていられないですよね(笑)。

 そのため、この絆創膏は、通常のものとセットにするのがいいかもしれません。
 すぐのときは、普通の絆創膏でとりあえず出血が少なくなるまで持たせて、その上でこの絆創膏に切り替える…ようにすれば、この絆創膏のメリットを最大限生かせそうです。

 ちなみに、よく読んで、初めて紙は捨ててしまっていいことも分かりました(苦笑)。
 紙のついている面をあてるという記載なのですが、これは分かりにくい…。
 やっぱり、医薬品同様、使用前に取扱説明書を読まないといけないようです。

« 販売手段の間違い | トップページ | 珍品には失敗も »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
へぇ~。絆創膏でも色々あるんですね。昨日の私の記事で妻は、先日、皮むき器で左親指をケガしました。ご紹介されてた絆創膏。家にもあると便利かな~??(笑)

 eimeisさん、こんばんは。

 この絆創膏、そういうときにはかなり便利だと思います。
 指に貼りっぱなしで、数日ほおって置いても、大丈夫ですしね。
 また、耐水性も結構優れていて、手を洗っても水が傷口にしみることはありませんでした。

 ただ、ケガをして「すぐ」には、使えないので、ある程度出血が収まったくらいのときから使い始めるといいと思います。

つい笑っちゃいました。
そうですよ。出血してるっていうのに両手で1分間温める‥?!
そんな無茶な(笑)
私は異常なほどの敏感肌で、大概の絆創膏ではカブレます。
その絆創膏は 敏感肌にはどうでしょう?
やっぱり「貼りっぱなし」というのは魅力ですよね!

こんばんは。
この絆創膏、使ったこと無いんだけど、どうなのかな??
でも貼りっぱなしっていう部分、衛生的にはどうなのかな?
いろいろ制限があっての貼りっぱなし状態にしないといけないのかな~?

絆創膏、我が家の子供達、とってもやたらメッタらに使うの。困り者ね。
少しの傷で貼って「もう痛くない!」なんて言ってる。絆創膏を貼った事で痛さが軽減する気持ちになる。
って感じよね。

怪我してるのに、1分も待ってられませんよ><
でもそんな絆創膏があるとは知りませんでした。
絆創膏も身近な医療品ですから、
きちんと説明書をよまないといけませんね。
でも私、
絆創膏のことをずっとバンドエイドって言ってました・・・
あれは通称ではないようですね(汗)

ブログ引越し予定です☆
良かったら再登録お願い致します^^*

http://yaplog.jp/hanabatakegirl/

 のんさん、チイさん、ヒメさん、ちゅーさん、こんばんは。
 絆創膏を剥がしてみたのですが、もう痛みは全くありませんでした。
 きちんと密閉されるので、治りが早いのは確かなようです。

 To のんさん

 確かに、色々とメリットはあるのですが、緊急時には「その一分」が大事ですからね~!
 軽い傷だったら、その一分で出血は止まると思いますし、そうでなかったらきちんと傷口を押さえる方が大切なので、この絆創膏は「自分で使う」よりも、ほかの人に使ってもらったほうがいいと思います。
 分担すれば、一分間温めることも可能だと思いますので。

 普通の絆創膏だと、私も結構かぶれるのですが、これは大丈夫でした。
 もっとも、これは個人差があるので、絶対とは言いがたいですが。
 品質は通常のものよりもいいので、かぶれにくいとは思いますけれどね。

 貼りっ放しで、「数日」大丈夫というのは、本当に魅力的です。
 水がしみることも無いので、主婦にいいかもしれません。

 To チイさん

 出血と反応して、独特の層ができ、その層を維持することで治癒が早まるらしいです。
 衛生的にも、恐らく問題は無いと思います。
 もし衛生的に問題が生じたら、はがれるようになっていますしね。

 絆創膏、「おまじない」としても、かなりの効果がありそうですね。
 子供の場合、特にそうだと思います。
 まあ、実際傷口が空気に触れているのに比べると、圧倒的に痛みは少なくなりますしね。

 To ヒメさん

 そのため、まずほかの絆創膏などである程度出血が収まってから、これの出番…というように、分けるといいかもしれません。
 出血を横目に一分も待つなんていうのは、普通出来ませんしね(笑)。

 この絆創膏、最新技術のものだけに、かなり使いかたが特殊です。
 そのため、取扱説明書を読まなくては、とても使いこなせません。
 その分、効果は優れているのですけれどね。

 バンドエイド…この商品が、「それ」の一つだったはずです。
 固有名詞なんですよね!
 セロテープなどと同じく、ほとんど「一般名詞」と変わらない使いかたをされているとは思います。

 To ちゅーさん

 了解しました~!
 ちょっと疲れがたまってしまっているので、修正作業は明日行おうと思います。
 …ハンドルネームが変わっていたので、少し驚きましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

こんにちは!怪我はよくなりましたか?それは便利なのか・・・考えちゃうけど使い方によってはいいものですよね!今度さがしてみよ~っと!

 kussamamatakachanさん、こんばんは。

 この商品は、使いかたしだいでは役に立ちますが、いざというときには普通の絆創膏の方が役に立つかも…。
 とにかく、一分間温めてなじませるという一手間がかかるのが、痛いです。
 とはいえ、メリットも沢山あるので、使い分けるのがいいようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/12857358

この記事へのトラックバック一覧です: 火急に使えず、されど:

« 販売手段の間違い | トップページ | 珍品には失敗も »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE