新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 琵琶のさざ浪 その2 | トップページ | 静岡県民の特性? »

韓国風きのこ鍋

 最近、寒い日が結構多く、鍋物が美味しいです。
 普段は「寄せ鍋」が多いのですが、たまには変わったもの…ということで、韓国風きのこ鍋を食べることに。

Ca340133

 しょうゆとごま油の味がマッチしていて、思った以上に美味しかったです。
 ごま油が入るので、きのこ特有の「いくら食べても太らない」というところについては、ちょっと保障できませんが…。

 下に、レシピを載せておきます。

 材料(4人分)

 きのこ 500~600グラム(種類が多い方が望ましい。エリンギ、しいたけ、まいたけ、シメジ、エノキ、なめこ…など)
 ごま油 大さじ1~2
 塩 小さじ半分
 牛切り落とし 200グラム

 薬味用に、
 砂糖 大さじ1
 しょうゆ 大さじ2
 すりごま 大さじ1
 おろしにんにく、胡椒 少々

 固形スープの素 1個
 水 3カップ
 しょうゆ、胡椒 少々

 作り方

 1. きのこは石突をとり、食べやすい大きさに切って、土鍋にいれごま油と塩をまぶす。
 2.牛肉は一口大にきり、砂糖をまぶしてから薬味を加え、もみこみ、下味をつける。
 なお、薬味の変わりに市販の焼肉のたれでもよい。
 3.水2分の1カップにスープの素を加え、レンジで加熱して溶かす。
 4.溶かしたものに、水2.5カップを加えてスープを作る。
 5.土鍋に入れたきのこの上に、牛肉を何箇所かにまとめて入れ、スープを注ぎ、ふたをして火にかける。
 6.煮たってきたら肉をほぐし、しょうゆと胡椒で味を調えて出来上がり。

 なお、最後に生姜の千切りを加えて一煮立ちさせると、ごま油のにおいが和らぐので、お勧めです。
 また、食べるときに、お好みで唐辛子やネギの小口切りをくわえて食べるのもいいと思います。

« 琵琶のさざ浪 その2 | トップページ | 静岡県民の特性? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

いいね~♪
ダーリンと2人だったら
きのこでもOK~!!
ちびx2がきのこが大嫌いナンダァ(・_・;
あんなうまいもん、
なんれキライなんでしょ? 謎っ~!

きのこ大好き人間です。
韓国料理もこよなく愛してます。
オイラと嫁さんに共通するんですよ、コレ。
というわけで
レシピのっけてくれてありがとう。
早速に作らせます。。

 emiiさん、ナナスケさん、こんにちは。

 To emiiさん

 きのこが苦手…まあ、「しいたけ」は、独特の癖があると思うので、苦手になるのも分からなくはないのですが、きのこ好きにとってはちょっと「理解不能な感覚」の一つだったりします。
 ちなみに、材料がシンプルなので、量を減らすことで簡単に「二人分」にすることもできると思います。
 本当は、「山のきのこ」を入れると、更に美味しくなるのですが、スーパーの「栽培もの」だけでも、十分美味しく出来ると思います。
 ぜひ、食べてみてください。
 もしかしたら、子供のきのこ嫌いも克服できるかも?

 To ナナスケさん

 韓国風を更に強めるために、鷹の爪を一本刻んで一緒に煮込んでみることを、お勧めします。
 辛さが加わり、更に美味しいと思います。

 私も、きのこだったら「いくら食べても飽きない」というくらい、大好物です!
 鍋物だと、きのこを「目いっぱい」入れて、それを山のようによそって食べるという光景が我が家では「当たり前」になっています。
 カロリーも低いので、食べすぎを気にする必要がないのも嬉しいですしね(笑)。

 ぜひ、作ってみてください。
 結構簡単だと思います。

きのこ、大好きです!
きのうも、エリンギの炒めもの、スープにはまいたけも。
ヘルシーで美味しそうですね。
今度きのこを買ってきたら
ゼッタイ トライしますね。(^_-)-☆

 つぼみさん、こんばんは。

 エリンギ、炒め物にとっても合いますよね!
 更に、こうやって「鍋の具」にしても、意外と合うのが驚き。
 使い道の広い、優れたきのこだと思います。

 ごま油を使うので、多少カロリーはあると思いますが、元が「きのこ」なので、恐らくヘルシーな料理の方だと思います。
 生姜をちらすと、ごま油独特の「癖」も抑えられるので、お勧めです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶のさざ浪 その2 | トップページ | 静岡県民の特性? »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE