新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 乗り越し | トップページ | 琵琶のさざ浪 その2 »

音楽の功罪

 世間一般には、全くの無音状態よりも、音楽(いわゆるBGM)が流れていた方が、仕事の効率も上がるし、待っているお客様のストレスも軽減されるので、良いというのが定説だと思います。
 ただ、これも良し悪しで…。

 私の職場では、有線の音楽を流しているようです。
 ところが、これが「一日に、同じ音楽が何度も流れる」代物のため、最初は良かったのですが、だんだんストレスになりつつあります。
 ほとんどの曲は問題なく聞き流せるのですが、やたらと「鉄琴のような音を強調する」曲(もしかしたら、オルゴールの再現なのかもしれませんが)があり、それが耳障りで仕方なかったりします。

 一日に、それが3~4回は流れるので、結構きつい…。
 音楽も、バリエーションがあればもう少しいいと思うのですが、全く同じものが何度もとなると、どうしても飽き、結果として耳障りになってしまいそうです。
 仕事の能率、逆に下がっているような気も…。

 まあ、恐らく私が「神経質すぎる」だけだと思いますが、もしかしたら同じようなことを思ったり、あるいは「スーパーのBGMで、あまり好きではない曲が流れて不快な思いをした」人もいるかもしれないな…と思いました。
 ちなみに、私の住んでいる富士地区の「イオングループ」では、なぜか時々「ドラえもんのオープニングテーマ」が「3連続で!」流れ、とってもいらいらさせられます(苦笑)。
 恐らく、定時清掃などの合図として使っていると思いますが、それだったら普通に告げられた方が個人的には気分が良いので…。

« 乗り越し | トップページ | 琵琶のさざ浪 その2 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

何度も同じ曲だと、家に帰ってからも、頭の中をグルグル流れてそうですね~
でも有線が流れてる職場って聞くと、はたから見ると羨ましいですよ~♪
でもストレスになるなら、いっそない方が良いのかも?

 学生の頃、スタンドでバイトをしておりました。
 スタンドは常に有線を流しっぱなし、当時の曲を聴くと記憶が鮮明に蘇ります。
 一番記憶に残っているのは、トイレを掃除していると何故か流れる島谷ひとみ。 彼女の歌を聴くと、便器を磨いた日々を思い出し、ちょっとブルー入ります。

 ちなみに有線でテンションが上がった、といえば、「You は shock !」でお馴染み、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!」でしょうか(笑)。

こんばんは~。
私も以前、オモチャ屋さんでバイトした事があるんですけど、その時に、有線放送を流していたんです。おっしゃるように同じ曲でも自分が気に入った曲ならまだしも、そうでない曲は、またか~!(泣)って感じになりました。あっ!そうそう。クリスマスセールの1ヶ月間はクリスマス関連の曲ですから、これまた何度も何度も聴く事になり、うんざりした事もありました。。。(笑) 因みに、私は20歳になる少し前くらいに、浜松の「ゆうせん」に入社した事があります。とは言っても工事関係の方でしたけどね!(笑)

音楽で不快な思いをしたことありますよ~。
人それぞれ好みがありますもんね。

子供というのは気に入るとエンドレスなんです☆
好きな曲は、終わった途端「もう1回!」って。
車内で子供たちの好きな曲を何度も何度もかけさせられた時にはイライラしました。
運転中にイライラは危険なのに~~。

 ル・シュクルさん、NEOさん、eimeisさん、こんばんは。
 ちなみに、有線といっても、いわゆる「イージーリスニング」なので、歌は流れません。
 流れていたら、更に集中力が欠けてしまうかも(笑)。

 To ル・シュクルさん

 同じ曲が何度も…なので、いいかげん「洗脳」されてしまいます。
 そらでメロディーを口ずさめるくらい…。
 
 確かに、「環境面」では、恵まれているという一つの証かもしれませんね。
 とはいえ、実際に働く身としては、同じ曲の組み合わせをエンドレスで流し続けられるというのは、結構きついです。
 特に、それが「気に入らない音」だったりすると…。
 金属音って、どうしても耳に残りますしね。

 To NEOさん

 それはまた、見事なまでの「パブロフの犬」状態ですね(苦笑)。
 歌っている方には、罪はないのですが、これは仕方ないのかも。
 いまだに、ワーグナーの曲を聴くと、ナチスドイツの悪夢を思い出す…という人は、結構いるようですし。

 愛を取り戻せ!
 これが流れたら、テンションが振り切れるかも(笑)。
 あれは、アニメの主題歌でも有数の「名曲」だと思います。

 To eimeisさん

 やっぱり、気に入らない曲が一日に何度もかかると、耳障りですよね!
 私だけの悩みでないと分かり、ほっとしました。
 クリスマスソングも、レパトリーがそんなにあるわけではないので、どうしても繰り返しになって、当日までにうんざりさせられそう…。
 英語の歌詞でずっと歌われるというのも…。

 ゆうせんに入社?!…って、工事関係だったのですか(笑)。
 ところで、これは漢字で別の字なのでしょうか?
 それとも、ひらがなの「ゆうせん」?

 のんさん、こんばんは。

 やっぱり、好みでない音楽のエンドレス攻撃って、相当きついのですね!
 自分だけだと思っていました。
 ほかの人は、よく「聞き流せる」ものだな…と、ずっと感じていたので、正直安堵感。

 子供は、気に入った音楽をエンドレスで聞きたがりますよね~!
 今のメディアであるCDは、それに向いていますし。
 私の時代だと、テープなので、エンドレスで聞くことは出来ない(一度巻き戻さないといけないので)ことを思い出し、恵まれているな…と感じてしまったり。
 親としては、たまったものではないと思いますけれどね。

 しかも、運転中ですか?!
 それは、さすがにきつい…。
 一番「集中しないといけない」時に、集中をかき乱されるのは、本当に危険だと思います。
 ここは、大人の特権を発動させて、一回だけというような「ルール」を作ってもいいかもしれません。 

こんばんは!何回も同じ曲が流れるのも好きな曲ならいいけどそうじゃないと苦痛ですよね~!わかります。
そういう時は耳栓をしたらいいかも~!

 kussamamatakachanさん、こんばんは。

 嫌いな音楽が、一日に何度も…ストレスなのですが、仕事の都合上、耳栓は使えそうにありません。
 電話を取ったりすることもありますしね(笑)。
 聞き流そうと「意識」すればするほど耳障りになってしまうので、とりあえず手元にある仕事に熱中することで、音楽が「聞こえない」ような、トランス状態を無理やり作り出して、乗り越えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/12621855

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の功罪:

« 乗り越し | トップページ | 琵琶のさざ浪 その2 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE