新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 花粉対策? | トップページ | 化け物登場 »

不買運動

 不二家で、消費期限切れの牛乳を商品に使っていたとのこと…。
 しかも、それを捨てると怒られるため、仕方なく使っていたとあっては、開いた口がふさがりません。
 そもそも、そういうものを使っている時点で、「菓子」の消費期限も必然的に短くなると思いますし、たまたま被害が発生しなかったからといって、許せる事件ではないと思います。

 なにやら、企業の入り口には、「地球にやさしい企業」と書いてありましたが、それは期限が切れた食材も無駄にしない…ということでしょうか。
 衛生面できちんとしていないのでは、本末転倒だと思うのですが。

 最近、企業の不祥事がかなり多く、また悪質なものも多いと思います。

 とりあえず、不二家の商品は、今後一切買わないことになると思います。
 企業というのは、本来「儲かればいい」というものなので、自主規制などがあまり求められないものなのではないかと思います。
 最近の「規制緩和」、消費者にとってはむしろマイナスになる可能性のほうが高いのかもしれません。 

 とりあえず、不二家の商品は、今後一切買わないことになると思います。
 ちなみに、私の場合、一度「この企業のものは買わない」となると、かなりすごいですよ。
 何しろ、いまだに「雪印(メグミルク含む)」や、「ミスタードーナツ」(広告は載せましたが、実際には鉄粉入り肉まん以降、一度も買っていません)のことを覚えているくらいですから。

« 花粉対策? | トップページ | 化け物登場 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
たまたま今回発覚しただけの事で、常習化していた可能性もありますよね。(私見です)
ペコちゃんが泣いている。。
ミルキー懐かしい味だったのにな~

 joon-beさん、こんばんは。

 記者会見などの模様を見る限り、常習化しており、かつ上司も把握していたとしか思えません…。
 りんごなどでも行われていたらしいですし、これはもう不二家の商品自体を避けるしか無いかな…とすら思ってしまいました。
 ペコちゃんも、さすがに今回の事態を見たら、笑っていられないかも。

 ミルキーも好きでしたし、千歳飴が好きだったのですが、当分(最低数年)は手を出したくなくなってしまいました。

こんばんは!本当に被害が出なかったからいいものの怖いですよね。私もしばらくは買わないかも~!
でもちょっと残念です。

子供が出来るまで不二家でパートしてたんです。
パートにも優しくなかったですよ~☆
(パートだからか?)社販もなく‥時給は低い‥
この間のクリスマスに店の前を通りかかったら、ケーキを求める人でごった返してました。その人たちの気分はいったい・・・☆

こんばんは
不買運動。立派な意思表示だと思います。
「利益が全て」の企業には一番の薬ですね。
連中は痛い目に合わなければ学習しないのですから。

 しかし雪印の時も思いましたが
大企業って”必ず”腐敗していくんですね
(あるいは老化か)。
人が永遠に生きられないように
どんな大企業もやがては消えてゆく定めなのかも知れません。
ペコちゃんが泣いてるぜ……

今日はこれで失礼します。

おはようございます。
不買運動…。mark さん徹底してますね~。
私ミスドの件…。すっかり忘れて
普通に食べてました(*゚▽゚*ゞ
不二家も雪印もこれを機に
いい製品を作って挽回してほしい
と思います。

私も不二家は二度と買わないと思います。
もちろん雪印製品は未だに買いませんし(含メグミルク)忘れません。
ただ、従業員にしわ寄せが行くのは少し同情しますけどね。

正味期限すぎた牛乳。
クンクンして大丈夫だから使ったと言ってたけど、食中毒菌は無味無臭。腐敗菌と違うのに!
食品衛生に対する知識も意識も足りない人たちがたべものを作ってたなんて!!
私も雪印製品はいまだに拒絶反応~
森永もちょっと怖い…

 kussamamatakachanさん、のんさん、toraboさん、ゆずさん、ナナスケさん、ル・シュクルさん、こんばんは。

 To kussamamatakachanさん

 本当に、被害者がいなかったかどうかは、ちょっと分からないですけれどね。
 ちょっとした下痢で、そのときはこれが原因とは思わなかった…という人がいるかもしれませんし。
 とりあえず、しばらくは買わないと思いますし、そもそも店が閉まっているので、買えないと思います(苦笑)。

 ブランド名を持つようなメーカーなのに、こういう対応をするということが、個人的には一番残念です。

 To のんさん

 わりと、「外面」のいい企業ほど、中は悲惨…ということがあるそうですしね。
 大手だからといって、待遇が良いとは限らないということだと思います。
 菓子業界は競争が激しいので、人件費を削る方向に走ることも考えられますしね。

 この事件、少なくとも「消費者を、同じ人間だと」考えていたら、起こせないようなものだと思います。
 経営者や、実行者は、もし、自分がそれを口にしていたら…と考えられないのでしょうか?

 To toraboさん

 もっとも、あくまで個人的なものですし、それゆえにスーパーの特売品を見過ごして、より高いものを買うこともありますけれどね。
 (メグミルク、特価で出る確率が高いと思います)
 それでも、個人的には「やらずにはいられない」というのが、性格なのかもしれません。

 企業は、法律上は「法人」と呼ばれるように、人に擬制され、権利能力が与えられています。
 人である以上、老いや病と無関係ではいられない…ということなのでしょうか。
 やりきれないものを感じます。
 もっとも、今の「企業主義」とでも呼ぶべき現状を見ていると、それこそ「起こるべくして事件が起こる」ようにも感じてしまいますけれどね。

 To ゆずさん

 恐らく、そういう「一度不祥事を起こした企業」の方が、その後に出荷する商品は、まともなものが多いとは思いますけれどね。
 それでも、消費者として「唯一出来る行動」は、不買しかないかと思って、行ってしまいます。

 ミスドは…実は、一度だけ差し入れで食べたのですが、明らかなレベルの低下が見られたので、刑期を追加していたりします(笑)。
 お店によっても違うとは思いますけれどね。

 To ナナスケさん

 いつの世も、こういった事件で一番苦しむのは、末端の従業員だと思います。
 消費者と直接向き合うので、厳しい目をずっと向けられますしね。
 気の毒だとは思うのですが…それでも、そういう事件を起こしたところのものは、買う気にはなれませんしね。

 To ル・シュクルさん

 においをかいで安全性を判断するなんて、少なくとも「一般常識を持つ人」からすれば、言語道断だと思います。
 自分がそれを食べたら…とは思えなかったのでしょうか?
 知識もですが、モラルが圧倒的に低い企業だと感じさせられました。

 森永…もしかして、お菓子の事件のことですか?
 こちらは、むしろ「被害者」という意識があるので、私は積極的に買っていたりします。
 そこそこ美味しいですしね(笑)。

えーと、粉ミルク事件の方です。
大昔なんだけど、大事件だったから…
お母様はきっとご存知と思います。

 ル・シュクルさん、おはようございます。

 粉ミルクの方だったのですね。
 それだと、まだ私が生まれていなかった頃の事件なので、失念していました(苦笑)。
 確かに、この事件も悲惨なものですので、記憶があれば「買いたく無い」となる気持ち、よく分かります…。
 一番抵抗力の弱い、乳児が晒されたという意味で、悪質さも大きいですしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉対策? | トップページ | 化け物登場 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE