新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 忘れることすら | トップページ | 暖冬なのに »

ゴディバのチョコレート

 先日、チョコレートのメーカーとして有名な、ゴディバのチョコレートを買ってみました。
 ゴディバは、今までリキュールで楽しんだことはあったのですが、本物のチョコレートは、あまりにも高価すぎて、今まで二の足を踏んでいました。
 とはいえ、最近結構美味しいチョコレートを食べているので、ここで最高級のチョコレートをぜひ試して、自分の中の「基準」を作ってみたいと思い、一念発起して購入。

Ca340240

 紙袋は、こんな感じ。
 すでにこの段階で、ちょっと風格が漂うような気が…。

Ca340243

 そして、中の箱です。
 今回選んだのは、バレンタインにあわせて発売された、「ゴールドセレクション 7粒入り」です。
 たった7粒(うち、粒タイプが4粒と、板チョコタイプが3種類です)で、1500円!
 期待が高まるというものです。

Ca340244

 そして、中身!
 こんなふうになっています。
 板チョコは、普通のミルクチョコが一つと、カカオ50%、72%のビタータイプが一つずつです。
 この大きさで、このお値段はやっぱり少し高い…。

Ca340250

 一粒取り出して、拡大してみました。
 いよいよ試食です。

 口に含むと…?
 あれ、甘い?!
 というか、甘すぎる?!

 向かいで白いチョコレートを取った母も困惑の様子。
 ナッツの味が強すぎて、チョコレートの味が全く分からないとのこと。
 こちらも、甘さばかりが強くて、カカオの味が死んでしまっているようにすら感じられます。
 まるで、水あめを混ぜたチョコレートを食べているような感じ…。

 気を取り直して、ほかのものにも挑戦してみたのですが、やっぱり「甘すぎ」。
 なんということでしょう…。
 カカオ自体の味は結構強いのですが、このくどいといってもいい甘さが、全てを台無しにしてしまっています。

 ビタータイプを食べて、ようやく本来のカカオの味が分かったのですが、なめらかさや舌触りを考えると、このお値段では、「?」がついてしまうレベルです。
 まして、粒タイプのほうは、くどい甘さで、とても値段相応とは思えません。

 私がビタータイプのチョコレートを好むという傾向もあるのかもしれませんが、それでもこの味は、「オススメできない」としか言いようが無いものでした。
 チョコレートは甘くなくては…という人になら、オススメできるかもしれませんけれどね。

 口直しに、別のチョコレートを買ってこようかな…。

« 忘れることすら | トップページ | 暖冬なのに »

お菓子関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!私もそんなに高価なチョコレートは食べた事がないです。
私は甘い物好きなので平気かも~!
でも値段で手が出そうにないです。(;^▽^A

 kussamamatakachanさん、こんばんは。

 超高級チョコとして有名なゴディバだけに、期待していたのですが、少なくとも「私の」口には合わない模様…。
 ちょっと、残念です。
 口の中で粘つくような甘さなので、甘いものが好きな人でも、ちょっと好みが分かれるような気がします。

 値段、高いです…。
 ビタータイプはそれなりに美味しかったのですが、ちっちゃな板チョコでも100円以上となると、そこまでの価値があるかはかなり疑問…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/13813523

この記事へのトラックバック一覧です: ゴディバのチョコレート:

« 忘れることすら | トップページ | 暖冬なのに »

アクセスカウンター

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE