新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« ありえない感想 | トップページ | Wii Sportsと運動量 »

料理酒としては

 書こうと思っていた記事、思い出しました。
 以前紹介した、「琵琶のさざ浪」、日本酒があまり体に合わないため、少し残ってしまいました。
 もったいないと思いながらも、二日酔いは嫌なので飲めなかったのです。

 そして、先日母が煮物をするときに、普段の料理酒の代わりにこれを使ったのですが…料理の味、普段と全く変わってしまいました。
 日本酒独特のくせ、苦味が強く、十分煮たにもかかわらず、アルコールがほとんど飛んでいないような悪い風味がついてしまい、相当まずい代物になってしまいました。

 飲んだ感想ではそれほどくせを感じなかったのですが、やはり「飲むためのお酒」と、「料理用のお酒」では、全く異なるため、流用は出来ないようです。
 市販の安い酒ならまだしも、ある程度いいお酒になると、よりその傾向は強まるようです。
 料理の際は、ご注意を。

« ありえない感想 | トップページ | Wii Sportsと運動量 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!そういうことがあるんですね。家では日本酒をのまないので料理酒しか使わないですが、気をつけますね。

 kussamamatakachanさん、こんばんは。

 料理に使うのなら、料理酒を使うか、もしくは紙パックのお酒がいいようです。
 いわゆる「飲んで美味しい」お酒は、それぞれ独特の癖があるため、料理には不向きだということを痛感しました。
 そうなると、私の場合、一升瓶で買っても飲みきれないので、4合瓶程度が限界のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/14272304

この記事へのトラックバック一覧です: 料理酒としては:

« ありえない感想 | トップページ | Wii Sportsと運動量 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE