新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« パワーアップ | トップページ | 白いキットカット その2 »

エコ買いのエゴ

 私がいまいち好きになれない概念に、「エコ買い」というものがあります。
 この「エコ買い」というのは、賞味期限が古いものから買うことで、廃棄される食品を減らすという考え方ですが、ずっと違和感を持ち続けていました。

 まず、消費者の基本的な行動原理からすると、「同じ値段で、賞味期限がより長いものがあるのであれば、そちらを選択する」というのは、当然のことだと思います。
 もし、消費者に賞味期限が短くなったものを売ろうとするのなら、小売側が値引きなどの方法で、その商品に別の価値を与え、それによって選択の余地を増やすということが、合理的な判断だと思います。
 それを行うわけでもなく、賞味期限が切れたものが大量に捨てられることだけを取り上げて消費者に訴えるこの手法は、小売店側の悪質な作戦ではないか…と感じてしまいます。

 次に、消費期限(賞味期限よりも、短いもの)については、その場で食べるのならともかく、調理などの手間を考えると、より期限が短いものは需要が少なくなる傾向にあると思います。
 いざ調理しようとしたら、すでに消費期限切れ…では、意味がありませんから。
 また、消費期限が設定されているものは、消費期限ぎりぎりの場合、品質が大きく低下する場合も多く、買っても腐ってしまっている部分などの「無駄」が出やすいため、かえってエコという点ではよくないことが多いと思います。
 小売店も、消費期限が近い商品は比較的値引きする傾向があるようですが、特に生鮮品などについては、すでにいたんでいるとしか思えない状態になっているものなどが散見されます。

 こうやって考えると、エコ買いというのは、消費者としては明らかに非合理な行動であり、もしそれを本気で推進させようと思うのであれば、改革すべきは小売店の側なのではないかと、個人的には思います。

« パワーアップ | トップページ | 白いキットカット その2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほどねぇ。
そゆ考え方もあるんだ!
アタシなんてまんまと乗せられて
・・・なワケがなく
ちゃんと新しいの買っちゃってんだけどw
でも確かに値引きとかしてくれたら
そっちを買う選択も出来ますねぇw

恥ずかしながら、エコ買いという概念を存じませんでした。
そういわれれば小売店のエゴかもしれないですね。
ウチでは買い物はMYバッグ持参でエコに貢献しているつもりです。

エコ買い‥ 全くってほど定着しませんね☆
値引きもないのに、あえて期限が短いのを買うのは抵抗ありますよ、やっぱり。
廃棄する物が出るかどうかは消費者次第みたいなことを言われても 正直 困ります。

その通りだと思います。
店側は古い商品を前に並べてるけど、同じ値段なら、消費者は当然奥の新しいものを買いますよね。
店によっては露骨にいやな顔をするところもあります。
それなら値引きして並べろ~!!
ハッ、取り乱しました。。(笑)

 emiiさん、ナナスケさん、のんさん、ル・シュクルさん、こんばんは。
 エコ買いが許せないのは、本来「新鮮な商品を提供できない」ことのリスクを負うべきなのは、小売側のはずであるのに、それを消費者に転嫁しようとしているところが見え隠れするように感じるからです。
 私のうがった見方ではないと思うのですが…。

 To emiiさん

 やっぱり、「笛吹けど踊らず」ですよね~!
 消費者としては、しっかり新しいものを買ってしまうのは、当然だと思います。
 値引きも、よっぽど古くなってしまったものでなければ行わない…という小売店の態度こそが、廃棄される食品につながっていると個人的には思うのですが…。

 To ナナスケさん

 牛乳パックで、「エコ買い」という概念がもてはやされた時期があり、それで覚えていました。
 新しいものを買うのが、消費者の「エゴ」だとする内容なのですが…当然の行動としか、個人的には思えません。
 選択肢が複数あり、明確に優れているほうがあるのであれば、それを選ぶというのは、人として当たり前だと思いますしね。

 マイバックというのは、「余計な袋をもらわない」とか、「破れたり、切れたりする不安から解消される」という意味で、十分合理的な選択肢だと思うため、こちらは私もありだと思います。
 ただ、スーパーの袋を有料化するというのは、いかがなものかと思いますけれどね。
 特に惣菜などを買うときには、どうしても袋を分けて欲しいと思いますし。
 袋が汁でベタベタに…なんてことにならないためにも、必要だと思うのですが。

 To のんさん

 全くですよ!
 廃棄するものがでてしまうのは、それだけ供給過剰であるからだと思います。
 消費者にそのリスクを負わせるなんて、とんでもない思い違いではないか…と、個人的には考えます。
 古いものを値引きもせずに置いてある小売店のほうこそ、利益を減らしたくないという「エゴ」に思えるのですが…。

 To ル・シュクルさん

 店のほうで、嫌な顔をする…本当に、論外ですよね。
 それならば、新しい商品を店頭に出すべきではないと思います。
 それが、「どうしても古い商品を定価で売りたい」のであれば、とるべき対応ですから。
 もちろん、消費者は「そこのお店は古いものを並べている」ということで、敬遠すること間違いなしだと思いますけれどね。

 価値の下がったものを売るのであれば、それに見合った価格をつけるべきだと思います。
 取り乱したのではなく、ごく自然な心情の発露だと思いますよ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/14622781

この記事へのトラックバック一覧です: エコ買いのエゴ:

« パワーアップ | トップページ | 白いキットカット その2 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE