新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« ヱビスの黒 | トップページ | 静岡パルコ見物 »

大変な、Core2Duo移行

 ようやく、パソコンの設定が完了し、Core2DuoのCPUが使えるようになりました!
 ここまで、実に長かったです…。

 元々のマザーボードが、かなり旧型だったため、Core2Duoには非対応でした。
 そこで、マザーボードとともに、CPUを買ってきたのですが…そこから、苦難が始まりました。

Ca340427

 Core2Duoの、E6420という、最新のCPUの一つです。
 クロック(性能を測るバロメータ)は、2.13GHzと、いわゆる「最高」ではないのですが、普通のE6400に比べて、二次キャッシュ(データの退避領域)の量が二倍の4MBに増量されているので、上位のCPUと比較しても、それほど劣ることはないのでは…と思います。

Ca340441

 組み合わせた、マザーボードです。
 P5B Deluxeという、P5Bというタイプの上位版。
 かなり値段はかかってしまいましたが、必要な機能をきちんと有しているものだと、これが一番いい選択肢だったので。
 ハードディスクの性能を最大まで引き出そうとすると、どうしてもこれに搭載されているICH8Rが必要になってしまいます…。

 まず、マザーボードを取り付け、いざ起動というときに、「起動画面に移行しない」というトラブルが発生しました。
 その後調べてみると、基本的にマザーボードを取り替えるときは、新たなパソコンになるのと同じ状態と認識されるため、新たにOS(Windows)をインストールし直さなければならないとのこと。
 私の環境で、それをやるとしたら、それこそGWの全てをつぎ込まなければ、到底行えないくらいの大変な作業です。

 そこで、何とか回避できないものかと、元のボードに戻した上で、インターネットでさまざまな情報を集めたところ、マイクロソフトのQ&Aに、非サポートとはいえ、有力な情報が掲載されていました。
 そのデータをレジストリに書き込んで、もう一度トライしたところ、何とか起動画面に。

 ところが、今度は「新たなPCとみなされる」という点が、問題になりました。
 マイクロソフトでは、コピー防止の為、認証制度を導入しています。
 新たなPCとみなされてしまったため、再認証が必要になってしまったのですが、それもインターネットのみで出来るもの、電話の自動音声入力で出来るものでは対応できず、直接オペレータと対話して、自分が使っているOSの正当性を説明することに。
 ある意味、警察と話すような状態で、たとえこちらに非がないことが明らかであったとしても、疲れる作業でした。

 最後に、マザーボードのドライバを導入し、BIOSの書き換えを行ったのですが…再び認証を求められることに!
 結局、一日で二度もオペレータと対話させられることになってしまいました。
 同じ人でなかったのは、よかったのか、悪かったのか…?

 ある程度目処が立っていた段階で、それでもなお一日がかりの大仕事でした。
 CPUのパワーアップを考えている方で、マザーボードが対応していない方は、大変な作業になることを、しっかり覚悟した上で、情報を入手し、いつでも前のボードに戻せる体勢を整えた上で行うことをお勧めします。
 正直、連休初日にして、すでにぐったり(苦笑)。

 多少動作が不安定な気もしますし…まだまだ目が離せなそう。
 ものぐさゆえの、自業自得といわれればそれまでかもしれませんが、とにかく大変な作業でした。

« ヱビスの黒 | トップページ | 静岡パルコ見物 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
へぇ~。markさんはパソコンの自作もしてるんですね?私も自作をやろうと考えただけで未だに実行してません。っていうか、時間もお金も無いので。あっ!間違いです。時間はあります。だって、こうしてブログしてるし。。。 という事で、先立つものが無いです。(笑) でも、昔と違い、OSのインストールも簡単ではなくなってしまいましたね。その分、色々な機能もあるんですけど。。。

 ども、markさん^^
Newマザー、P5B Deluxeとは奮発しましたねえ。でも高い分
チップセットがファンレスなので、CPUをファンレスもしくは
大型&低回転ファンにすればかなり静音なPCに仕上げる事が
出来そうですね、そもそもCore2 DUOなら熱に対してさほど
シビアに考える必要もないですし。

ちなみに自分もWinXP環境下で何回もクリーンインストールや
マザーやらシステムのHDDを交換しています。パーツ交換時の
アクティベートは、オンラインであっさり出来る時もあれば
「アクティベート可能回数を超えた」とかメッセージが出て
電話をかけないといけない時もあったりと結構まちまちな
対応になってます。
(未だに処理の違いの差が判らないです・・・)

淡々とパーツを交換した旨を伝えるだけで入力キーを教えて
もらえるので1日に何回か電話した事もありましたよ・・・
めっさトラブった時とか orz

ただ逆に、あんまりあっさりしているのでオンラインでの
アクティベート時に個々のシステムを特定できる情報以外にも
何らか情報が流出しているのでは、と疑いたくなりましたが。

いかんせんDualCoreは自分には未体験ゾーン(笑)なので
経験則が書けませんが、DualCoreのCPUだとCPUドライバ周りで
動作が不安定になる事があると聞きます。あとはAsusのマザーと
いう事だと、独自の自動クロックアップ機能や監視ツールが
不安定の要因となる可能性もあるようです。今後どうしても
安定しない場合はこの辺りを意識してみてはどうでしょうか。

 eimeisさん、がじろうたさん、こんばんは。
 OSが少し不安定なこともあり、また、こどもの日のプレゼント、ブログ一周年の自分へのご褒美などもあり、かなりすごいものを購入してしまいました。
 詳細は、明日の更新にて。

 To eimeisさん

 確かに、自作で「こだわり」を持ち始めると、いくらお金があっても、あっという間につぎ込んでしまいますからね(笑)。
 OSのインストール自体は、昔とそれほど変わらない作業だと思うのですが、「これまで使っていた環境を取り戻す」というのが、大変な作業だと思います。
 インターネットのお気に入りから、メールの設定、解凍ツール、フリーツールで使っていたもののインストール、そして私の場合は、大量のゲームのインストールという作業がありますし。
 特に最後が、インストールの待ち時間だけで、軽く数時間はかかるという大ごとで、加えてパッチ(不都合を修正するプログラム)も集めなおすことを考えると、気が遠くなる作業です。
 そのため、可能な限り、再インストールはやりたくない作業と化しております。

 To がじろうたさん

 お久しぶりです~!
 ニューマザー、元々はこの一個下を視野に入れていたのですが、最近S-ATAⅡのハードディスクを購入したため、どうしてもネイティブで動かすためには、AHCIモードで動作させる必要があり、無印のICH8だと、これがサポートされていないという問題があったため、奮発せざるをえませんでした。
 ファンコントロールを駆使すれば、グラフィックボードをファンレスにしたことも相まって、非常に静かなPCになりそうです。

 私の場合は、マザーボードのコントローラーが、ICH6R→ICR8Rという、大規模な変更だったため、「完全に別のPC」とみなされてしまったようです。
 それ以前に、パーツをいくつも増強して、一度アクティベートをやっていましたしね。
 そのときはオンラインで自動処理だったのですが、今回は電話まで要求され、相当ドキドキさせられました。
 やってみれば、あっけないものですけれどね。

 そちらも、結構色々とパワーアップしているようなので、電話のお世話になる機会があると思いますが、きちんと使用規約を守っているのであれば、恐れるに足りないとは思います。
 まあ、情報流出の可能性は、否定できないものがありますが…。
 最初の番号で検索をかけ、どんなバージョンなのか調べているようですしね。

 独自のツールはほとんど使っていない(指摘の通り、そこで不都合が生じるのは、避けたかったので。オーバークロックもやっていないですし)のですが、マザーボードを変える際に、IDEコントローラーのPnPIDの不一致を避けるために、現在ネイティブにサポートされているもの全てを、レジストリに書き込むという荒業を使用したため、少し起動が遅くなってしまったようです。
 移行できないという状況を考えると、この程度なら、やむをえないパフォーマンスの低下かな…と、個人的には割り切って考えております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/14939747

この記事へのトラックバック一覧です: 大変な、Core2Duo移行:

« ヱビスの黒 | トップページ | 静岡パルコ見物 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE