新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« キットカット 夕張メロン | トップページ | 超・巨大パフェ »

完熟マンゴー

 今日も、更新が少し遅れて、申し訳ありません。
 昨日、隣の家の猫が死んでしまったという話を聞いて、気分が悪くなり、あびるようにお酒を飲んでしまったので…。

 それはさておき、うちの親戚から、なにやらとんでもなく高級なものが届きました。
 愛知県、知多産の、完熟マンゴーです!
 普通のマンゴーは、木からとって熟成させるのですが、こちらは木の下にネットを引いておき、そのネットに熟した果実が落ちた後、初めてそれを箱につめて出荷するとか。
 当然、値段もしゃれにならず、一個で2000円!
 この値段でも、「割引」がきいているそうです…。

Ca340522

 それを、3つセットにした箱が、昨日届きました。
 以前から、(お金は払うから)送って欲しいと再三訴えていたのが、実を結んだ感じです(笑)。

Ca340523

 色、つやともに、お店で売っているアップルマンゴーと、全く変わりません。
 むしろ、異常に全面が真っ赤になっていない辺りが、木で完熟した証、なのかももしれませんね。

Ca340524

 一つ取り出して、写真にとってみました。
 この、美味しそうな色!
 「アップルマンゴー」というだけの赤さ、確かにあると思います。

Ca340525

 そして、一番驚いたのが、皮をむいたときの色!
 普通のマンゴーよりも、明らかに鮮やかなオレンジに、目を奪われてしまいました。
 皮も、可能な限り薄くむくため、包丁ではなくピーラーを使って剥くのが、正しいようです。

 味は…濃厚な味と、甘さの絶妙なハーモニー。
 そして、普通のマンゴーと明らかに違うのが、そのなめらかさ。
 一般に売られているマンゴーだと、どうしても繊維質を舌に感じてしまうのですが、それが全く無く、まさにとろけるような食感で、うっとりしてしまいました。
 これは、高いだけの価値、あるようです…。

 あと二つ残っているので、だめにならない程度に時間をおきながら、しっかり味わおうと思います。

« キットカット 夕張メロン | トップページ | 超・巨大パフェ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは☆こねこです♪
 
 お隣のネコちゃんが亡くなってしまったんですね・・・。

 私も昨年の12月にマルコ(享年11歳)というネコ(♂)を亡くしてるのでお気持ちは分かります・・・。

 マンゴーは今、流行ってるみたいですね。
 いろんなところでマンゴーの文字を見ますから♪

 真夏にはちょっと甘すぎるかな?と思いますが、香りもよくコロンなどで南国の香りなんてあると必ずマンゴーの香りが入ってますもんね(微笑)。

 markさんの感想からすると、かなり舌触りが良さそうですね。
 確かにマンゴーは繊維質たっぷりですから、滑らかにするのは難しいと思いますが、そこが高級と名がつく品だけありますね♪

 まだ残ってるそうで・・・(じゅるり☆)。
 ア~ン♪(笑)

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 例え、自分の家の猫ではなかったとしても、「普段そこにいたもの」がなくなってしまうことの喪失感、違和感は、相当大きいのだな…と、思わずにはいられません。
 かなり前から、我が家で飼っていた猫と同じように、弱っていっていたのを目にしていたので、恐らく同じ病気だったのかな…と思います。
 その子供たちは、今のところ元気に辺りを飛び回っているようですが(微笑)。

 マンゴー、どうも「私」とは、相性の悪い果物なんですよね(笑)。
 マンゴーが悪いわけではないのですが、お気に入りのキルフェボンという洋菓子店でも、マンゴーフェアの間は、一番お気に入りのチーズムースがなくなってしまったり、リンゴパンが美味しかったメロンパンのお店でも、マンゴー入りのメロンパンに置き換わってしまったり…。
 本当に、マンゴー自体が悪いわけではないのですが、こう続くと、少し複雑です。

 今回のマンゴー、やっぱり「味」も美味しかったのですが、舌触りのなめらかさに、普通のものとは大きな違いを感じました。
 やっぱり、高級品は、高いだけの価値があると、思わずにはいられないこのなめらかさ!
 文才が無いため、上手に伝えられないのが、もどかしいです…。

 まだ2個残っていますが、駄目にならないうちに、しっかり味わいたいとおもいます。
 こんな高級品、駄目にしたら、悲しすぎますからね!

こんばんは!隣の猫さん残念でしたね。
すごい高級なマンゴーなんですね。
私は食わず嫌いでまだ食べたことがないです。markさんの様子を聞いていると食べて見ようかな?と思いました。

 kussamamatakachanさん、こんばんは。

 あくまで、姿を見なくなったことからの、推定ですけれどね…。
 食事のときにも顔を見せないので、ほぼ確定的、だと思います。
 生前は色々悪さをされたものの、やっぱり少し寂しいかも…。

 アップルマンゴー、しかも国産のものとなると、スーパーなどでも信じられないような値段がついています。
 他の果物とは、一桁違う、1000円以上が当たり前。
 まさに、現代版果物の女王、といえるのではないでしょうか。

 食べず嫌いというのは、もったいないと思います。
 もっとも、きちんと熟したマンゴーで無いと、かなり癖の強い味なので、難しいところ。
 ケーキ屋などで、マンゴーが入ったケーキをチョイスして、食べてみるのがいいかもしれません。
 そういうところでは、一番美味しい時期のマンゴーを使ってケーキにすると思いますので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/15461856

この記事へのトラックバック一覧です: 完熟マンゴー:

« キットカット 夕張メロン | トップページ | 超・巨大パフェ »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE