新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 微妙、モチクリーム | トップページ | 勘違いにも…。 »

ReadyBoost、使えるか?

 たまには、お菓子以外の話題も書かないと、お菓子のブログになってしまいそうで…(苦笑)。

 WindowsVistaには、「ReadyBoost」と呼ばれる機能がついています。
 これは、「高速なUSBメモリーをハードディスクのキャッシュ代わりに使うことで、アプリケーションの起動を高速化する」という機能です。
 基本的には、メモリの代用という側面が強い機能だと思います。

 これが、使えるかどうかなのですが、恐らくノートパソコンを使っている人以外には、あまり価値のない機能なのではないかと思います。

 なぜなら、普通のUSBメモリよりも高速なタイプを求められる(結果、出費は相当かさむ)上、デスクトップのパソコンの場合、こちらを利用するよりも、素直にメモリを増設した方が、安く上がる場合も多いからです。
 もちろん、パソコンの内部をいじらなくても使えるという点で、ReadyBoostにも、初心者向けとしては、価値があると思いますが…。

 高速化の度合いも、メモリ自体を増設するのに比べれば、やや効果は低いようですし…。
 ある程度の性能を持つパソコンだと、そもそも使っても使わなくても、速度が変わらないということもありうるようなので、やっぱりノートなどの、メモリを増設するのが難しいタイプのパソコン向けなのかな…と、感じました。

« 微妙、モチクリーム | トップページ | 勘違いにも…。 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは☆こねこです♪

 私はデスクトップしか使ったことがないので分からないんですが、ノート型はどうしても容量の点で劣ってしまうんですね・・・。

 USBもほとんど使ったことがなく、そういう機会もほとんどないので自分で調べてみますね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 ノートは、特殊なメモリを使う上、メモリの交換が、普通のデスクトップよりもかなり困難な場合が多いのです。
 また、スロットの数も少なめなので、どうしてもメモリは、最初に買ったときよりも増やすというのが、難しいところ。
 そこに着目すれば、この技術は、十分価値があると思います。

 USB、私の場合は、マウスやキーボードまでUSBなので、ハブと呼ばれる分岐を増やすためのパーツまで使って、フル活用しています。
 使わない人は、ほとんど使わないのかもしれませんが、私にとっては、かなり重要な接続スロットの一つかも。
 USB式の扇風機まで使っていますし…(笑)。

 ども、markさん^^

確かにReadyBoostはノートPCでは有効かも知れませんね。
デスクトップならi-RAMなどRAMディスクを構築する
方法がありますし、HDDを複数搭載可能ですからOSの
pagefileやアプリのワークエリア、巨大なデータの
保管先をS-ATAⅡの高速なHDDに設定するとか、それこそ
i-RAMに設定すれば相当に体感速度は上がるハズ。

ノートPCはパーティションを切っても1つのHDDである事に
変わりはないので、アクセスが集中すればどうしても
処理待ちが発生しますから。

余談ですが、P-ATAの同一チャネルのMasterとSlaveは
同時にアクセスできないので、上で書いたようなワーク
エリアを別のHDDのパーティションに設定する場合、他の
P-ATAのチャネルのHDDにするか、S-ATAのHDDにしないと
効果が上がりませんので要注意です。
同じ理屈でインストール後もゲームのCD/DVDにアクセスする
ゲームの場合、インストールしたHDDとCD/DVDドライブが
同じチャネルにあると少し処理がモタつく事になるかも
知れません。

まあ、PCの処理でボトルネックとなるのは人間なので、
秒・ミリ秒単位の遅い速いを騒ぐのはナンセンスなのかも
知れませんけどw

 がじろうたさん、こんばんは。

 i-RAMって、確か転送速度がボトルネック(SATA並みで、SATAⅡレベルではない)といううわさを聞いたことがあります。
 それでも、ハードディスクの速度を考えれば、かなり早いことは間違いないので、メモリを余らせている人にとっては、選択肢の一つになりうると思います。

 最近はハードディスクも高速化しましたし、そもそもデスクトップでは、大量にメモリを積むことが多いので、速度でのストレスは、あまり感じません。
 さすがに、チャンネルの干渉については、私の専門外なので、よく分かりませんが、最近のHDDはSATAなので、ATAPI(もっとも、今は光ドライブもSATAに移行しつつありますが…)のドライブと干渉する人は、だんだん少なくなりつつあるのではないかと思います。

 確かに、PCの処理で、一番のボトルネックになっているのは、「人間の処理速度」かもしれませんね(笑)。
 とはいえ、秒単位でも、積み重なればストレスを感じる人もいると思いますし、人によっては「最速」という言葉に純粋にあこがれることも考えられるので、一概には言えないと思いますけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/15546307

この記事へのトラックバック一覧です: ReadyBoost、使えるか?:

« 微妙、モチクリーム | トップページ | 勘違いにも…。 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE