新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 夏ばてしすぎ? | トップページ | 甲子祭と食べ歩き »

カレーラムネ

 前回で「飲むのに勇気が必要な一品」としてあげたものの正体は…この、カレーラムネです!
 がじろうたさんのブログで感想が載っていたのですが、かなりすさまじい味を想像させる文章に、かなりの不安とちょっぴりの好奇心を交えながら、購入しました。

Ca340647

 見た目は、こんな感じ。
 色からして、すでに普通のラムネとは、一線を画しています。

Ca340648

 インド人もビックリ!?とありますが、確かにインド人でも考え付かない組み合わせであることだけは、間違いないと思います。
 カレーとラムネの不思議なコラボ…って、不思議なだけで、美味しさは保障しないのですね(笑)。
 相当、危険物のようです。

Ca340649

 裏側の写真。
 このシンプルな原材料が、逆に不安を掻き立てます(笑)。
 このラムネ、静岡で作っている商品なんですね…。
 この会社、確かわさびラムネでも、名前を見たことがあります。
 変わったラムネを作るのが、趣味なのかもしれませんね。

 それでは覚悟を決めて…ビー玉を落とした瞬間に、カレーの香りが漂います。
 自己主張、強いようで…(笑)。
 他の人にも、味見用によそってから、いざ挑戦!

 スパイシーな香りで、意外と悪くない?
 もったり系のカレーだったら、かなり悲惨な出来だったと思いますが、スパイシーな感じで、思ったよりもうまくまとまっています。
 カレー自体というより、カレー粉みたいなイメージで、スパイシーな香りが前面に出た印象を受けました。
 個人的には、結構いけるかも…。

 もっとも、同時に飲んでいた母は、顔をしかめて「何これ…まずい」の一言でしたけれどね(笑)。
 かなり人によって、受け止め方に差がある味のようです。
 がじろうたさんは「油っぽさ」をあげていましたが、私には油っぽさは全く感じませんでしたし。

 更に、もう一つ変わったラムネを手に入れましたが…それについては、また今度、ということで。
 こちらほど、インパクトは強くないですけれどね。

« 夏ばてしすぎ? | トップページ | 甲子祭と食べ歩き »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

カレーラムネだったんですね!?
想像するに、確かにスパイシーなカレー粉&ラムネと思えば、ナイこともないかなと思いますね。ややこしい・・・
夏ばて退治には、なかなか刺激的ですね~(^○^)

 ども、markさん^^
カレーラムネを堪能したようですねw 味わいとしては
油分は感じないんですけど、飲んだ後に胃に残る、
安い油で揚げたカツや天ぷらを食べた後を思わせる
感覚が個人的にはダメです…。
でもこういう未知へのチャレンジは大好きなのでまた
新たな味を模索したいと思います。


 こんにちは☆こねこです♪

 いやぁ・・・これはもう、カレーの香りがするだけで飲む気になれませんよぉ(笑)。

 ラムネのあの爽やかでほんのり甘い香りが売りなのに、すべてかき消してますよね(笑)。

 でも、ラベルをはがせばレモン風味のラムネ?と思って、柑橘系が好きな私だったら飲んじゃうかもしれないです(笑)。

 そのあと介抱してくれます?(にゃは☆)

 ねこでした。ニャン☆

こんにちは
飲料を作っている会社も
いろんな味をつくり出していますね。
カレーかぁ。
カレーは飲み物ではないと
思っている以上はおいしく飲めない
かもしれませんね。
まだ見かけたことがありません
冒険できない私ですので
オットに飲んでもらいたいと
思います

 junnaさん、がじろうたさん、こねこさん、ゆずさん、こんばんは。
 カレーラムネ、相当好みの分かれる一品だと思います。
 私は、意外にもそこそこ気に入ったりして…(笑)。

 To junnaさん

 スパイシーなカレー粉風味と、ラムネの風味が合わさって、相当「刺激的」な飲み物になっています。
 夏ばて退治には…確かに、カレーは効果的ですが、これが効果的であるかどうかは、実験してみないと分からないですね…(笑)。
 それほど頻繁に飲むものでもないと思いますし。

 To がじろうたさん

 油で揚げたような感覚…なるほど、そういわれると、いわゆる「胸焼け」を起こしかねないようなスパイシーさなので、納得がいきます。
 こういう、怪しい飲み物も、私は大好きなので、また何か珍しい飲み物があったら、積極的に試してみようと思います。
 見知らぬ世界(中には、「知らない方が幸せな世界もありますが…(笑))を体験するというのは、人生のスパイスですし。

 To こねこさん

 カレーといっても、カレーライスのカレーというよりも、タンドリーチキンなどのスパイシーな香りなので、「人によっては」、食欲を刺激されるかも(笑)?
 まあ、ほんのりとさわやかな甘さは、全てこのスパイシーな香りの前に、消えうせて、全く新たな飲み物と化していますけれどね。
 こねこさんには、きついかもしれません。

 目の前で倒れられたら…責任もって介抱せざるを得ないでしょうね。
 カレーラムネのレベルで倒れるとしたら、ジンギスカンキャラメルなんて食べたら、命にかかわりそうですが…(笑)。

 To ゆずさん

 この会社、珍しい飲み物を作るのに力を注いでいると、新聞でも述べられていました。
 確かに、この組み合わせは、想像すらしない新たな世界を切り開いたとは思います。
 受け入れられるかどうかは、別として…(笑)。

 カレーのスパイスがベースなので、チャイなどを飲みなれていれば、もしかしたら受け入れられるかも?
 もっとも、無理をして美味しく飲む必要があるものではないと思いますけれどね。
 「ネタ」としての一品だと思います。

 オットが犠牲になるのですか…(笑)。
 倒れたら、きちんと介抱してあげてくださいね。

か、カレーラムネ・・・
そんなありそうでないものがあったんですね(×_×)
ラムネにもご当地モノってあるんですね(^▽^)

勇気を出して飲んでみようかな(苦笑)
ちょっと話が反れますが、
兵庫にはネーポンという名前のジュースが
密かに人気らしいです。
今では工場が閉鎖されてしまって
幻の飲み物になってしまったのですが、
レトロなものが好きなファンにはたまらない一品だそうです。


 ヒメさん、おはようございます。

 カレーラムネ、ご当地物…なのでしょうか?
 静岡県で作っているので、もしかしたら静岡県限定なのかもしれませんが、お祭りの屋台などで、もしかしたら見つかるかもしれません。
 もし見つけたら、手にとって見るのも一興かと思います。

 ネーボン…名前から察すると、ネーブル系のジュースだったのでしょうか?
 今では幻となった飲み物らしいのですが、一度飲んでみたかったですね。
 いわゆる「変わった飲み物」には、目がないので…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/16004804

この記事へのトラックバック一覧です: カレーラムネ:

« 夏ばてしすぎ? | トップページ | 甲子祭と食べ歩き »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE