新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 東京旅行 二日目 | トップページ | 東京旅行 三日目(後半) »

東京旅行 三日目(前半)

 この日の目標は、東京タワーに行くことと、大江戸温泉物語という温泉施設に行くことでした。
 前者は、小学校のときの修学旅行で行ったきりなので、もう一度行ってみたかったということ、そして後者は、一昨日(二日目)の疲れを癒し、もうひとつの本番といえる四日目に備えることです。

 まずは、東京タワーへ。
 行く方法はいくつかあったのですが、最もわかりやすい、品川からバスに載っていく方法を選択しました。
 今いる大崎から、一駅という近さも魅力的でしたしね。

Ca340694

 東京タワーに着くと、チケットが販売されていました。
 普通に大展望台まで行くチケットと、内部のさまざまな施設を見ることができる、ちょっとお得なチケット。
 とにかくとことん東京タワーを楽しみたかったので、当然後者を選択しました。
 もっとも、特別展望台に行くためには、別のチケットが必要のようでしたが、まあこれは仕方がないかもしれません。
 メンテナンス、大変だと思いますし…。

Ca340695Ca340696Ca340698

 こちらは、大展望台から撮った写真です。
 ただ適当に撮っても、十分「絵」になる風景に、圧倒。
 大展望台でもこれなのですから、特別展望台は、期待できそうです。

 ただ、30分待ちの行列ができていましたが…(苦笑)。
 どうやら、今年の旅行は、ひたすら忍耐が必要なようです。

Ca340705Ca340706

 特別展望台だと、まさに「人がゴミのようだ」(byムスカ)という気分が味わえます。
 最大までズームアップした、右の写真ですら、人の姿は芥子粒程度にしか見えませんからね…。
 視点の高さというだけで、ここまで違うとは、正直思いませんでした。

Ca340709

 おまけで、特別展望台のトイレ(笑)。
 メンテナンス、大変だと思います…。
 気を使いながら使用しました(笑)。

 そこから大展望台に降りて、軽食。

Ca340710

 ある意味、観光地相場とはいえ、これで850円は、高すぎますよね…。
 とはいえ、鳴く腹の虫には勝てず、これでおなかを満たしましたが。

Ca340711

 そこから、歩いて降りて(ちなみに、大展望台まで歩いて上ることもできます…かなりの体力が必要なので、お勧めはしませんが)、さまざまな施設の入っているフロアーに。

 まずは、トリックアートを見に行きました。
 さまざまな「だまし絵」が並んでおり、かなり面白かったです。

Ca340714Ca340715Ca340716

 こんな感じの作品が、次々と並べられています。
 檻に入っているように見えながら、途中で檻が消えてしまっているとか、ワインの液体の部分をつなげると、いるかの絵が浮かび上がるなど、なかなか趣向を凝らしたものぞろい。
 後日、またいくつかピックアップして紹介するかもしれません。

 次に、統計関係の資料が集まっているコーナーに入りました。
 ここは、入場無料です。
 その中に、一枚「だまし絵」を発見!

Ca340724

 構造改革を肯定する、まさに「国民に対する」だまし絵だと思います。
 こんなことにだまされたりしたら、この先悲惨な世の中が待ち受けていますよ!
 構造改革の名を借りた国民いじめ、絶対反対です。

 そしてその次に向かったのが、蝋人形館。
 残念ながら、ここは撮影禁止のため、写真は撮れませんでした…。
 とはいえ、写真撮影禁止の札がないコーナーがあったので、そこだけはしっかり写真に収めましたけれどね。

Ca340725Ca340730

 こんな感じの、リアルな蝋人形が並んでいます。
 ちなみに、現アメリカ大統領、ブッシュの蝋人形もあったので、思う存分つばを吐きかけておきました。
 戦争肯定主義者の彼は、私が最も嫌う人間の一人ですし…。

 後は、中世の拷問をリアルに再現したコーナーもあったのですが、ここは18歳未満立ち入り禁止にするべきだったのでは?
 入った子供、その恐ろしさに泣き出してしまいましたし…。
 写真は撮影できたので、希望があれば公開しますが、くれぐれも後悔しないよう…(笑)。

 そして、ホログラフのコーナーに。
 そこでは、さまざまなホログラフ映像が並んでいました。
 光の当て方で、形が変わるものもあり、これまた面白かったです。

Ca340734

 お気に入りは、これ。
 ライオンの子供が写っているのが、お分かりになるでしょうか?
 写真技術が未熟なので、うまくいかなかった点はご容赦ください。

 最後に、ギネスブックのコーナーに。

Ca340739Ca340740Ca340743

 順に、世界一太っていた人、世界一背の高かった人、世界一背の低かった人のレプリカです。
 ここまで太ってしまうと、もはや動くこともできなそう…。
 もっとも、その体重と自分の体重を比較することができるコーナーがあり、そこで自分の体重を知って、愕然となってしまいましたが。
 今日の運動(?)で、できるだけエネルギーを消費しないと…。

 東京タワー見物は、これでおしまい。
 大江戸温泉物語につきましては、明日の更新にて紹介したいと思います。
 こちらも、結構ボリュームがありますので…。

« 東京旅行 二日目 | トップページ | 東京旅行 三日目(後半) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは☆こねこです♪

 いろいろと楽しめたようですね☆
 私がタワーに行ったのは小学校の社会科見学のときだったので、もう10年以上は過ぎてます・・・。
 
 ムスカの名ゼリフ・・・笑っちゃいました♪
 私はジブリ作品が大好きなんですが、そのなかでも「ラピュタ」は一番好きなので、いろんなセリフを覚えてます(笑)。

 今度、日差しなどで眩しかったら「目が~!!目が~~~!!!」と叫んでください(キャハハハ☆)。

 温泉は・・・markさんの裸が見られるんですか?(キャ~☆)

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 東京タワー、思っていたよりも遥かに「楽しめる」ところでした。
 小学校の修学旅行以来なので、実に20年近いブランクがあります。
 それでも、意外と中の構造や展示物などを、覚えていて、自分でもびっくりしています。

 やっぱり、高いところに上ったら、このセリフは欠かせないでしょう(笑)。
 本当に、芥子粒みたいに小さく見えたので、彼の気持ちに少し共感してしまったかも。
 まぶしいときに、そちらのセリフというのも、お約束ですよね。
 もっとも、今では別に、「うぉ、まぶし!」(by武蔵GUN道)というのも、あるらしいですが…。

 さすがに、わいせつ物陳列罪に問われたくはないので、裸の写真はありませんよ(笑)。
 もっとも、占いで使ったため、左手の写真は掲載しましたが…。

東京タワーよく見てはいますが 最後に行ったのは3年くらい前かな?!
展望台で 足下がガラス張りの所に行きました?
足がすくむ感じが たまらないんですよ~

大江戸温泉は行ったことないので、記事が楽しみ♪

 のんさん、おはようございます。

 東京タワー、3年前に行ったということは、子供の見学についていったということでしょうか?
 大人一人だと、なかなか行く機会がないと思いますし…。

 展望台、足元がガラスのところなんて、あったのですね!
 外にばかり気を取られていて、それは知りませんでした。
 もし、もう一度行く機会があれば、ぜひそこは見てみたいと思います。

 大江戸温泉物語については、今日の記事にて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/16159721

この記事へのトラックバック一覧です: 東京旅行 三日目(前半):

« 東京旅行 二日目 | トップページ | 東京旅行 三日目(後半) »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE