新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« パソコンのありがたみ | トップページ | キョロちゃんのプリン »

パソコンの「非」ありがたみ

 昨日も、かなり悲惨でした…。

 パソコンを使い、法務局と呼ばれるところに提出する書面、通称「地積測量図」を(模擬的に)作るという作業を行ったのですが、当然現在では、パソコンを用いて作るようになっており、直接紙に墨で書き込むようなことはなくなっています。
 ところが、このパソコンのソフトが、100万もする超高級品の癖に、使い勝手が最悪という、どうしようもない代物でした。

 さすがは、官公庁関連の会社が作っただけのことはある…という、操作系のだめっぷりに、とにかくイライラ。
 文字を訂正するだけでも、選択した上で、右クリックから訂正を選ばないと訂正できないため、一つ一つのパーツごとに右クリックを強いられ、非常に非能率的です。
 選択して、そのままキーボードで入力することで置き換えるというのが、直感的な動作だと思うのですが…。

 他にも、部分を拡大すると文字が細かくなりすぎたり、拡大縮小がわずかな動きで急激に起きてしまうため、全体をすぐにつかめなくなってしまったり…。
 本当に、悲惨な出来でした。

 これは、民間参入をぜひやってもらいたいものです。
 恐らく、10分の1くらいの金額で、はるかに使い勝手の良いプログラムが、あっという間に出来ると思うのですが…。

« パソコンのありがたみ | トップページ | キョロちゃんのプリン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます☆こねこです♪

 お役所がやることは市民の感覚ではないのだと痛感する場面ですね・・・。
 
 同じ市民なはずなのに、どうしてこうも感覚が狂っちゃうんでしょうね?

 まだまだイライラすることが続くと思いますけど、こういうときこそ冷静に、ですね♪

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 お役所が絡むと、どうしても非能率的になる部分は、確実にあると思います。
 そういう部分では、どんどん民間参入させて、コストダウン、及び利便性の向上を図って欲しいと、痛切に感じました。
 もっとも、消防のように、「民間参入には適しない」分野も、確実にあるので、一概に民間解放するばかりがいいとはいえませんけれどね。

 お役所仕事、感覚が一般と違うというのは、感じずにはいられませんよね。
 もっとも、一般であっても、いわゆる「独占企業」であれば、同じような傾向があると思います。
 供給の多様性は、満足度を高めるために、経済学的にも不可欠なのですが…。

 イライラして、テンパル時こそ、冷静さを失わないようにしないと…ですよね。
 パニックになりやすいので、余計にそれを感じます。
 どうにも、「普段より負担がかかる」状況には、弱い傾向があって…(苦笑)。

こんばんは!連日大変みたいですね。
体を壊さないように気をつけてくださいね。
100万円もするソフトがそれではがっかりですね。
何とかなって欲しいですね。

 kussamamatakachanさん、おはようございます。

 もう少しで、研修も終わり。
 この三連休で、疲れた体と頭を可能な限り癒して、最後の一踏ん張りをしようと思っています。

 100万円もして、特殊なキーをパソコンに接続しないと起動しないという、相当高価かつコピーガードに気を使っているソフトらしいのですが、中身はかなりボロボロのようで…。
 ソースを公開して、一般の人に修正してもらった方が、よほどいいものができそうな気がします。
 独占企業の弊害、ひしひしと感じずにはいられませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/16446577

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの「非」ありがたみ:

« パソコンのありがたみ | トップページ | キョロちゃんのプリン »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE