新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« マーガリンならぬ… | トップページ | ナチュラッテ »

世界お茶祭り

 昨日は、静岡(市)に出かけました。
 といっても、目的は大道芸ではなく、世界お茶まつりの方。
 (そのため、静岡ではなく、東静岡で降り、グランシップに向かいました)
 大道芸は、脚立持参でなければ、とてもではありませんが、パフォーマンスを見るどころではありませんし、人ごみの中を歩くのは、ひたすら疲れますからね…。

Ca340864

 伊藤園が、特別協賛なのですね(笑)。
 実際、内部には、伊藤園のコーナーも設けられておりました。

Ca340862

 会場の外では、お茶の手もみの実演を行っていました。
 この状態では、まだ茶葉に水気が残っていて、柔らかい感じなのが、写真から伝わるでしょうか?

Ca340863

 工程が終わると、こんな感じになります。
 まだ「乾燥」を行っていないので、若干湿り気は残っていますが、ほぼ普段目にするお茶と変わらない姿になっていました。

 会場内(ちなみに、入場は無料です)は、どちらかというと「世界各地のお茶の、展示即売会」といった感じに作られていました。
 お茶を無料で試飲することが出来るため、少なくとも10種類を越えるお茶を味わうことができるという、なかなか経験できない体験をしました。
 意外と、韓国茶が日本茶に近い口当たりで、美味しかったです。
 それ以外にも、紅茶から中国茶、更にはあまり知らない国のお茶まで勢ぞろい。
 中国茶のコーナーでは、いわゆる「きき茶」(どれが、どのお茶かを当てるというもの)まであって、なかなか楽しむことが出来ます。
 まさに、「お茶の祭典」と呼ぶにふさわしい賑わいでした。

 それとは別に、お茶の文化を紹介するコーナーや、お茶の歴史を茶器などと共に紹介するコーナーなどもあり、お茶全般にわたって網羅的に紹介しているような感じを受けました。
 かなり高級そうな茶器も展示してあったりして、見ごたえがありました。
 (もちろん、そのコーナーは、写真撮影禁止となっていましたが…仕方ないですよね)

 ここからは、会場内で目にしたものの中で、いくつか変わった物があったので、それを紹介します。

Ca340865

 これは、「カフェインを除いた緑茶等」の、ペットボトルです。
 夕食時にお茶を飲みたいという人などにとっては、有効な商品なのではないかと思います。
 まだあまり市場に出回っていないのですが、近日中にコンビニなどで取り扱われるそうです。

Ca340866

 紅茶などが幅広い銘柄で販売されていました。
 種類が豊富にありすぎて、全てを把握し切れません…(笑)。
 また、こことは別のところで、「ダージリンの初摘み」(つまり、ファーストフラッシュ)の試飲も行われていました。
 やっぱり、緑茶に近い感じで、日本人にとっては受け入れやすい紅茶だと思います。

Ca340867Ca340868

 これは、抹茶を作るための機械です。
 左の方はどんな工程なのかちょっと分かりませんでしたが、右の方は分かりやすいですよね(笑)。
 昔なら石臼でやるところを、機械で手早く行えるというのは、すごいと思います。

Ca340870

 かと思えば、別のところでは、石臼で引く工程を体験させてくれるコーナーまで!
 意外と軽い力で動くのですが、続けているうちにだんだん腕が疲れてきて…。
 大変な作業であることは、間違い無さそうです。

Ca340869

 奥のステージでは、韓国風?のお茶を入れる実演を行っていました。
 ちょっと望遠で撮ったので、細かいところが見えないのはご容赦あれ。
 入れ方の一つ一つに意味がこめられているところは、日本の茶道と変わりないようです。

Ca340871

 お茶の歴史のコーナーに置かれていた、韓国の「銭茶」と呼ばれる、丸くて穴の開いた形に加工された、これも立派な「お茶」です。
 持ち運びの利便性を考えて、このようなデザインになったのかもしれませんね。
 時代的に考えると、まさしく「お金の代わりになる」くらいに高価だったのかも?

Ca340872Ca340873

 同じくお茶の歴史のコーナーで実演されていた、1200年前の唐のお茶、「餅茶」を、試飲させてもらえるコーナーで撮影しました。
 炙った上で、「塩を入れて」沸騰させたお湯で煮出すという、変わったものです。
 しょっぱいのは間違いないのですが、お茶独特の甘さと渋さもしっかり味わえました。

 お茶祭りは、今日まで開催されます。
 大道芸もいいですが、こちらもなかなか面白いので、静岡に住んでいる方は、訪れてみてはいかがでしょうか?

« マーガリンならぬ… | トップページ | ナチュラッテ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。興味深いお茶祭りですね~。
3年に1回のイベントなのかしら?
東静岡なら行ってみたかったけど
う~ん、今朝では・・・むずかしく、残念。
お茶文化、奥が深いですね!

 つぼみさん、こんにちは。

 かなり面白かったですよ!
 確かに、ホームページの説明を考えると、3年に1度のイベントのようですね。
 今日は、用事が入ってしまっているようですね…ちょっと、残念。
 お茶のさまざまな文化に触れられる、いいチャンスだと思いますので、3年後の機会には、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

じつわ、お茶屋さんの息子なのです。
仕入れは確か(愛知県西尾市の)西尾茶だったか。
この西尾茶ってほとんど京都の宇治茶として出荷されてるそうです。
95%の西尾茶に5%の宇治茶をまぜて「宇治茶ブランド」で売ってるとか・・・。流行の産地偽装か?
話がそれましたが、なので抹茶を石臼で挽く工程のところは懐かしく読ませていただきました。
オイラも是非行きたいイベントでしたね。

 ナナスケさん、こんばんは。

 ナナスケさん、お茶屋さんの息子だったのですね!
 愛知のお茶に宇治茶をわずか5%で「ブレンド」ですらなく(それでも、かなりひどいと思いますが)、「ブランド」として売っている…それは、紛れも無い産地偽装といわざるを得ないと思います。
 消費者からすれば、だまされている以外の何物でもないと思いますからね。
 ちょっと、悪質です…。

 まあそれはそれとして、抹茶を石臼で挽く光景は、そうだとすると、見慣れたものなのでしょうね。
 確かに、そういう「お茶と密接な関係を持っている」人であればあるほど、このイベントは楽しめるのかもしれません。
 三年後の機会には、ぜひ開催地(静岡県とは、限らないかもしれないので…)を、訪れてみてはいかがでしょうか?

 こんばんは☆こねこです♪

 さすが静岡、お茶の国って感じですね(微笑)。
 
 しかも偶然なのか、今、玄米茶の2杯目を飲みながらコメントを書いてます♪
(そばにはお隣さんからいただいたおかきもありますが:笑)

 日本のお茶だけじゃなく、世界各国のお茶まで紹介していたんですね。これもこれで貴重なお祭になりましたね。

 なんか・・・いろいろありすぎて目移りしそうです(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
 

 こねこさん、こんばんは。

 静岡で、3年に1回開催されるイベントのようです。
 もちろん静岡のお茶もありますが、他の県のお茶、さらには他の国のお茶、それも緑茶系だけではなく、さまざまなお茶が試飲できるので、目移りすることこの上なしでした。
 もっとも、あまりにも飲みすぎて、利尿作用が大変でしたが…(笑)。

 ちょうど玄米茶を飲みながら、コメントを書いていたのですね。
 私の場合、飲み物はパソコンの近くには置くことがない(倒れて、キーボードにかかったりしたら、悲惨ですからね)ので、そういう環境はちょっと面白いと思います。
 もちろん、注意深い人ならば、無用の心配なのかもしれませんけれどね。

 会場も広く、展示されていたものもさまざまで、これで無料というのは、少し信じられないくらい、充実したイベントでした。
 3年後に、再び開催されたら、また行ってみたいな…と思うくらい、魅力的なイベントです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/16961883

この記事へのトラックバック一覧です: 世界お茶祭り:

« マーガリンならぬ… | トップページ | ナチュラッテ »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE