新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 手足のしびれ | トップページ | 過ぎたるは及ばざるが…。 »

立錐の余地無し

 毎日電動歯ブラシを使っている私なのですが、どうやら歯周病があるらしく、その治療のために、歯医者に通っています。
 ところが、前回行ったときに、そこのメインの医師が倒れてしまったという話を聞き、今は東京に行っている、別の医師が来て治療してくれているようなのです。
 正直、そちらの医師の方が、腕前は「上」なので、こちらとしてはありがたかったのですが…。

 今日行ってみたところ、「3時からの治療となる」という張り紙が。
 (ちなみに、ここの歯医者は、土曜日の午後も治療を行っています…それが、選ぶ理由の一つでもあるのですが)
 そのため、9時ぴったりに出た私は、肩透かしを食う羽目になってしまいました(笑)。
 仕方ないので、その足で床屋に行って、髪の毛をさっぱりさせることに。

 そして、改めて3時前に家をでて、3時5分前に入るようにしたのですが…。
 そこに広がっていたのは、全ての椅子を埋め尽くす患者たちの姿!
 スリッパもほとんど使用されており、この状況で待つことは、はっきり言って「労多くして、実り少なし」というより、他にありません。
 幸い、歯周病も今はかなり治まっている(薬用デンタルペーストのおかげかも)ので、無理に2時間待って、3分の治療を受ける必要もありませんし。
 3秒で中の状況を把握して、その場で回れ右、でした(笑)。

 歯周病は、かなり治っているとはいえ、「完治」といわれるまでは、少し不安もありますが…。
 この状況だと、次に歯医者にいけるのは、年明けということになってしまう可能性も、少なく無さそうです。

« 手足のしびれ | トップページ | 過ぎたるは及ばざるが…。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます☆こねこです♪

 そんなに患者さんでいっぱいだったんですか!

 でも・・・歯医者と聞くだけで思わず口を押さえる私っていったい・・・(笑)。

 以前に虫歯の治療をしてもらったんですが、歯茎に打つ麻酔と歯を削るとき神経に当たった痛さをいまだに覚えてるので、できることならもう行きたくないですね(苦笑)・・・。

 次の治療・・・なんとか年内に行けるといいですが、だんだん厳しくなりそうですね・・・。

 ねこでした。ニャン☆

こんにちは
土曜日の診療ってみな同じことを
考えているんですね。
平日歯医者にいけない人は
この日しかありませんので
混雑してしまうんでしょうね。
私の行っている歯医者さんなんて
予約といいながらも予約どおりに
やってくれません。
人が多いからです。
なんでこうも混雑するのかなって
行くのがイヤになります。

 こねこさん、ゆずさん、こんばんは。
 一応、毎日歯周病対策として、うがい薬で口の中をゆすいでいるので、症状の悪化は防げるのではないか…と思います。

 To こねこさん

 本当に、すごかったですよ~!
 待っていたら、確実に2時間はかかると判断し、即座に撤退を決意しましたから(笑)。

 歯医者、苦手な人が多いですよね…。
 私は、実は結構好きで、歯の調子が悪いとなれば、すぐに行くのですが、恐らく「変わり者」に分類されると思います。
 ほおって置いて悪化するよりは、早めに治療した方が、痛い思いをしなくて済むという考えも、ありますけれどね。

 次にいけるのは…恐らく、年明けでしょうね。
 来週も、混むことはほぼ確実でしょうし。

 To ゆずさん

 土曜日の病院というのは、どうしても社会人で、ごった返すのが宿命のようなものですからね。
 混雑するのは、半ば覚悟していましたが、「あそこまで」とは思いもしませんでした。
 まさに、「座るスペースすらない」状況でしたから。

 予約を取っているところで、予約どおりに行ってくれないというのは、腹がたちますよね!
 それは、予約制度の意味が、無いと思います。
 一度、抗議してみてはいかがでしょうか?
 無節操に予約の数を増やすなんて、予約制度を導入する資格無し、だと思いますよ!

歯医者はギリギリまで絶対に行きたくないところの一つですね。あのキュイーンって音がどうしてもダメ。
でも年に一回の歯石除去はかなり嫌々ながらも欠かさず行く。
だって歯周病になるのが嫌だから。
markさんは歯医者さんが好きですと・・・。
すげーな(汗)

 ナナスケさん、こんばんは。

 歯医者、苦手な人が多いですよね~!
 確かに、歯石除去や研磨などは、相当痛みも伴いますので、嫌だという気持ちも、よく理解できます。
 それでも、虫歯になって更に痛い思いをするよりは、「まだまし」だと思って、通っているんですけれどね。
 そういう意味で、「通うのは、嫌いではなく、むしろ自分では分からないところを見てもらえるので、助かる」と思っているわけです。
 さすがに、「その痛みが好き」というほど、マゾヒストではありませんよ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/17375230

この記事へのトラックバック一覧です: 立錐の余地無し:

« 手足のしびれ | トップページ | 過ぎたるは及ばざるが…。 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE