新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 正月料理には… | トップページ | ココロ、料理に成功! »

お雑煮 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ お雑煮
「お正月といえばお雑煮。あなたのうちや地域のお雑煮はどんなのですか?」
 我が家では、一日目と二日目で、違うお雑煮を食べています。
 一日目には、醤油と鶏肉をベースにしたすまし仕立てのつゆに、ほうれん草、かまぼこ(紅白一つずつ)、そして焼いた御餅を入れた、関東風のお雑煮。
 二日目(正確には、三日目も)は、大根、里芋を鰹節仕立てで煮込んで、レンジで温めた御餅を入れた、どろっとした田舎風のお雑煮です。
 ちなみに、こちらには、鰹節と海苔を混ぜ込んだものをかけて、かき混ぜながら頂きます。
 
 実は、昔は二日目の方の雑煮ばかりでした。
 それが、テレビを見て、澄まし汁仕立ての雑煮が実においしそうだったので、それを作ってほしいと母にお願いをして、その結果今の形式になったという経緯があります。
 私自身は、澄まし汁のお雑煮の方がすきなのですが、やっぱり「我が家の味」である、濁り汁のほうのお雑煮も、それはそれで捨てがたいものがあるので、両方食べて初めてお正月…という感じになるというところがあります(笑)。

« 正月料理には… | トップページ | ココロ、料理に成功! »

コメント

おけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!!

お雑煮…
作ってないです~
オットがお餅食べないですから…
もちろんおせちもダメなので、我が家は普通の日常と変わらないです。
あ~、侘びしい…

 ル・シュクルさん、こんにちは。

 あけまして、おめでとうございます。
 こちらこそ、よろしくお願いいたします。

 お雑煮…ル・シュクルさんのところでは、作っていないのですね。
 お餅がダメ…確かに、御餅を入れないと、お雑煮にならないですよね~(苦笑)。
 おせちもダメ…単品で、伊達巻など、比較的受け入れや吸い物でも、やっぱりダメなのでしょうか?
 又は、一人前~二人前のおせちを買って、その中から食べられそうなものを試してみるというのも、一つの手段だと思います。
 少しでも、お正月気分を味わいたいですからね~!

 こんばんは☆こねこです♪

 今日も日本酒飲みましたか?(微笑)
 私も大晦日に久しぶりに飲みましたよ。もちろんコップにしたら2割程度ですけど♪

 お雑煮はまだ食べてないんですよね。
 今日も弟家族が来ていて、まだお餅を食べるにはちょっと危ない年齢(姪が5歳、甥は1歳なので無理!:笑)なので、食べるのは明日からになりそうです。

 ちなみにウチもすまし仕立てのお雑煮です。
 物心ついたときからそれに慣れてるので、ほかのを食べるときちょっと勇気が要るかもしれませんね(笑)。

 それと、わが神奈川でも地域(特に山間)によって味噌仕立てになったりとそれぞれで違うみたいですね。以前tvk(神奈川のUHF局)で放送されてるのを見て初めて知りました。

 静岡もそうかもしれませんが、神奈川も私が住んでるK市やTくんが住んでるお隣のY市などの都市部もあれば山北、足柄、箱根などなど、自然たっぷりという地域もあるので、同じ神奈川県でもいろんな面で違うことが多いと思います(微笑)。

 まぁ・・・個人的にはお雑煮よりもおしるこ大好き派なんですけどね(エヘヘ☆)。

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 ちなみに、今日は日本酒は飲みませんでした。
 お酒、あまり強くないので…。
 明日も、4日から仕事があるので、お酒は控えて、4日~5日の夜にでも、また杯を傾けようと思います(笑)。

 確かに、5歳と1歳だと、御餅を食べるのは、少し危険な年頃ですよね。
 避けるほうが、無難だと思います。
 喉に詰まらせたりしたら…大変なことになりますからね!

 すまし仕立ては、関東圏で一番多いお雑煮だと思います。
 味噌仕立ては、むしろ関西の方で多くみられるのかもしれません。
 我が家は、テレビで見て、関東風のお雑煮を一日目に食べるという風習になっていますが、基本はにごったタイプのお雑煮(ただし、味噌仕立て出ではない)が、メインです。
 餅が、溶けているので、にごってしまうんですよね…(苦笑)。

 恐らく、伊豆地方、中部地方、西部地方など、静岡でも所変われば、お雑煮もまた変わってくると思いますよ。
 狭い日本で、ここまでさまざまなバリエーションあふれる雑煮が食べられていると考えると、ちょっと面白いと思います。

 まあ、今の若い人(に限らず、かもしれませんが)にとっては、お雑煮よりも、お汁粉ですよね~(笑)。
 あの、小豆とお餅の絶妙なハーモニーは、たまらないものがあると思います。
 我が家では、お餅がまだ少し余っているので、お汁粉も恐らく作ることになると思いますよ。

こんばんは!お雑煮大好きです。
こちらは元旦はお父さんがお雑煮を作る習慣があります。・・・・・もしかしたら家だけかも?
でもおいしかったのを覚えています。
今年は主人が作ってくれました。
それなりにおいしかったです。

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします(*^_^*)

ブログにもアップしたように、我が家のお雑煮は、mark家の一日のお雑煮(関東風?)のタイプですね。 二日目の田舎風もおいしそうですね。
お汁が濁っているのも、身体が温まりそうでいいなぁ~
あそうそう、お汁は関東風でも、うちは西なので丸餅です~ 
そして、焼かないタイプ。

 kussamamatakachanさん、junnaさん、おはようございます。

 To kussamamatakachanさん

 そちらでは、「男」が作るという、風習があるのですね!
 ちょっと、珍しいかもしれません。
 雑煮、材料がおおざっぱに切られていたりして…(笑)。

 やっぱり、「人に」作ってもらう料理というのは、美味しいと思いますよ。
 普段自分が作っていると、どうしても味付けなども、ある程度決まったものになりがちですからね。
 幸せなことだと思います。

 To junnaさん

 今年も、よろしくお願いします~!

 関東風かと思っていたら、水菜を入れたり、丸もちを焼かなかったりと、どちらかというと「関西」系に近いつくりなのですね!
 それでいて、澄んだ汁なのですから、面白いと思います。
 焼かない御餅を入れて時間が経つと、つゆがどろどろになってしまうような気がするのですが…?

 丸もちを使うというのも、関西風特有ですよね。
 関東では、角餅を焼くことで、丸くしてから雑煮に入れるというのが、普通だと思いますから。
 地方によって、いろんな作りがあって、面白いと思います!

明けましておめでとうございます、markさん。
我が家でも一日目のお雑煮ですが、どろっとした田舎風のお雑煮というのも興味深いですね~。
レンジでは何分ぐらいの設定にするのかしら?
ちょっとチャレンジしてみたいな~、お餅もまだあるので・・・。

 つぼみさん、こんにちは。
 
 あけまして、おめでとうございます。
 本年も、よろしくお願いいたします。

 大体この辺りだと、澄まし系の関東風が主流なのではないかな…と思います。
 文化的にも、富士川を越える辺りで、関東と関西がぶつかり合っているので。

 どろっとした田舎風のお雑煮に、海苔とおかかをたっぷりかけて食べるのも、結構美味しいですよ!
 多分、味噌は入っていないと思うのですが、お餅が溶けて、液がにごった感じになっています。
 もしかしたら、溶けているのは御餅ではなく、里芋のほうかもしれませんが…(笑)。

 レンジでは、大体膨らみ始めるのを見て、感覚で判断しています。
 少しでも目を放すと、あっという間にぷっくりしてしまうので、こればかりは「時間」ではなく、感覚で行わないと、どうしようもありません…。
 一応、一分くらい加熱して、まだ固いようなら固さにあわせてもう一分くらい、膨らみ始めたらすぐに切る…といった感じでしょうか。
 そして、里芋と大根をしょうゆ味で煮込んだつゆの中に、その御餅を放り込むという作り方です。

 仕上げに、海苔とおかかをたっぷり乗せるのが、我が家流。
 一度、お試しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お雑煮 (今日のテーマ):

« 正月料理には… | トップページ | ココロ、料理に成功! »

アクセスカウンター

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE