新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 許せない判断 | トップページ | クオカード、当たり! »

石槌正宗 純米大吟醸

 最近、日本酒を二種類購入しました。
 1月中に注文すると、バースデー割引ということで、500円お得になった…からです。
 日本酒は、あまり量が飲めないだけに、質にはこだわりたいところ。

 そこで選んだものの一つが、この「石槌正宗」です。
 お正月に飲んで、とっても美味しかった記憶があるので、もう一度味わおうと思いました。
 そして、どうせ味わうのなら、最上級を…と考えるのは、仕方ないですよね(笑)。
 720mlで、2580円です。

Ca340961

 入っている箱からして、既に堂々たる風格が(笑)。
 ある程度の「はったり」というものは、高級酒には必要だと思います。
 これは、期待できそう…。

Ca340962

 薄いフィルムで、包まれていました。
 また、箱の内側には、プチプチが敷き詰められ、振動を内部に与えないよう、細心の注意が施されています。
 この最上級のお酒のトレードマークは、右下の天狗…でしょうね(笑)。

Ca340966

 フィルムを取ったところです。
 上の栓のところが、少し変わっているのが、お分かりになりますでしょうか?
 金属の部品で、きちんと密閉できるように、工夫がされています。
 こういう、細かいところでいい仕事をしているのは、個人的に大歓迎。
 風味が落ちるのを、可能な限り防ごうという、心意気が見て取れます。

Ca340967

 おちょこに注いだのですが…本当に無色透明の、澄んだお酒なので、色が全く分からないと思います。

 この澄んだ色合いは、味のほうにも反映されています。
 まさに、「日本酒の粋を切り取った」ような、雑味の全く無い、キリッとした味わいのお酒です。
 いわゆる、飲みなれた人にはちょっと寂しいのかもしれませんが、私のような「初心者」にとっては、まさに「美味しい日本酒とは、こういうものを指す」という、指針のような味わいで、大満足でした。
 これは、本当に飲みやすいです~!

 昨日、もう一度味見のために飲んだのですが、印象は全く変わらず。
 澄み切った、キレのある、いい日本酒です。
 売っているお店は限られますが、これはお勧めの一品です。

 ちなみに、私は「佐野屋」という、オンラインのお店で手に入れました。
 あまりメジャーな銘柄ではないので、普通のお酒やさんでは、なかなか手に入らないかも…。

« 許せない判断 | トップページ | クオカード、当たり! »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは☆こねこです♪

 このおちょこ・・・見てるだけで飲んだような雰囲気があって好きです(微笑)。

 ただ、ずっと見てると目が回りそうで(笑)・・・。

 でもお兄ちゃんの表現がいいので、記事を読みながらすでに頬が・・・ぽっ☆

 あ、これは記事ではなくお兄ちゃんに酔っちゃったのかな?(キャ~☆)

 コホンっ!(照笑)
 ねこでした。ニャン☆

こんばんは!
もう~~呑みましたかぁ?
私は今、酎ハイ飲んでます(笑)
ちょっとほろ酔い気分です。。
日本酒、銘柄で味が違うんですかぁ?
あまりわからないんで・・

 こねこさん、yumi-mamaさん、こんばんは。

 To こねこさん

 このお猪口は、利き酒のときによく用いられます。
 円がいくつも書いてあるのは、それによってお酒の「ほんのわずかなにごり具合」を確かめるという意味合いもあるとか…。
 今のお酒は、ほとんど無色だと思いますけれどね。
 目を回しそう…ずっとみていると、私の場合は、引き込まれそうになります。

 このお酒は、本当に美味しいですよ~!
 日本酒は、独特の癖があって、苦手だったのですが、その悪い癖を全て取り除き、うまみの部分だけを抽出したような、澄んだ味の日本酒です。
 高いだけの価値は、ありました~!

 私に酔う…今日は、アルコールは自重しているんですけれどね(笑)。

 To yumi-mamaさん

 酎ハイは、私はちょっと苦手です…。
 焼酎の、独特の「癖」が、どうも何で割っても、しっかりと感じられるような気がして。
 それよりも、個人的には、ウォッカで割るほうが、お酒の癖が無くて、美味しいと思います。
 こちらも、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 日本酒は、高いものから安いものまで、さまざまで、味も全く違いますよ。
 このお酒は、癖がほとんど無い、いわゆる「飲みやすい」系統に分類されると思います。
 日本酒特有のえぐみなどを感じさせない、いいお酒でした!
 (まだ、冷蔵庫に残っていますけれどね…(笑))

こんばんは~

何とも自分好みの話題ですね。
仰るとおり日本酒は値段によってピンキリの差がもの凄く激しいですから
本当に旨い酒を飲みたいなら出費を惜しんではいけません。

しかし美味しそうですね。
本当に上等な日本酒はあの甘ったるい臭みが全く無くて
切れ味鋭く、後味爽やかで、何よりフルーティー。
馥郁たる香りと味わいとともに喉を滑り落ちていく心地良さといったら!
果実酒よりもずっと澄んだ味わいを楽しめます。
「日本酒が苦手」という人は、上質な日本酒を飲むと
印象が180度変わると思いますよ。

まあ、自分はどぶろくでもウォッカでも
平気でがぶ飲みするアルコールバカなのですけど(笑)。

今日はこれで失礼します。

 toraboさん、こんばんは。

 日本酒は、toraboさんは相当うるさいと思いますからね~!
 このお酒は、「日本酒の余計な雑味を、とことんまでそぎ落とし、純粋な部分だけを取り出した」ような、どちらかというと初心者むけの味なのかもしれません。
 もっとも、それこそがもしかしたら、日本酒の王道…なのかもしれませんけれどね。

 上等な日本酒を飲んだら、もうカップ酒なんて、絶対に飲めなくなってしまいますよね~!
 美味しさが、全く違いますから。
 米の味わいが存分に引き出された日本酒の味わいは、本当に最高だと思います。

 やっぱり、toraboさんも、辛口派…なのでしょうか?
 私は、辛口を冷で楽しむのが、最高だと思っています。
 お燗は…あまり好きではなかったり。
 どうしても、「臭み」が出てしまうように感じてしまって。

 どぶろくを飲めるというのは、それはそれで。
 そういう、「濁り酒」には、こういった清酒とは別の味わいがあると思いますからね。
 ウォッカは…カクテルベースとして、私も愛飲しています。
 悪酔いしにくいのが、私にとっての最大のメリットかも。

こんばんは!
本当にお久しぶりになっちゃいました~!
忙しさで目が回ってます。
とても高価なお酒ですね。
でもおいしくって良かったですね。

 kussamamatakachanさん、おはようございます。

 お久しぶりです…といっても、そちらのブログにもよく書き込みをしているので、そんなに感じませんでしたけれどね(笑)。
 そちらも忙しいようですし、実生活が最優先、でいいと思いますよ。
 あくまで、余暇として、ブログの方は楽しんでください。

 値段は相当高かった(下手な有名どころよりも、高価かも…)だけに、ちょっと怖かったのですが、正月のときに美味しかったので、その感覚を信じて買って、大正解でした!
 このお酒、今まで飲んだ中でも、一番美味しいかも…happy02
 有名なお酒だからといって、自分にとって美味しく感じるとは限らないだけに、難しいのですが、このお酒の飲みやすさは、特筆ものだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/40036284

この記事へのトラックバック一覧です: 石槌正宗 純米大吟醸:

« 許せない判断 | トップページ | クオカード、当たり! »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE