新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 春の新作 | トップページ | 微調節のむずかしさ »

e-taxへの道は遠し

 昨日は、ちょっとパソコンショップに足を運びました。
 最近話題の、e-taxなどに使われるカードリーダーが、発売されていないかな…と思って。
 普通の家電店では売っていないのが確実なので、パソコンショップを覗いてみたというわけです。

 そうしたら…確かに、取り扱っていました!
 ちょっと前までは、見かけなかったことを考えると、まず「最初の一歩」である、カードリーダーを手に入れるという段階は、かなり難易度が下がったのかも…。

 ただ、値段が高い。
 3980円なので、実質4000円です。
 一回の申告で、最大で受けられる控除額が5000円までということを考えても、これはe-tax.が流行らないのは、当然かな…と思わさせられてしまいました。

 しかも、e-taxの場合、添付する領収証などが無いため、それらを3年間保管して、提示できるように備えておかなければならない…というハードルも、ありますからね。
 まだまだ、普及には程遠いシステムだと思います。

« 春の新作 | トップページ | 微調節のむずかしさ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは☆こねこです♪

 e-taxというのは名前だけで詳しいことは分からないですね・・・。

 今はネットでの決済にはまだまだリスクが伴うので、値段や利便性よりもネックになってる部分かもしれませんね・・・。

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 e-tax、インターネットと行政の関係で、どうなっているのかを知りたかったので、多少調べたのですが…これでは、やる人がほとんどいないのも、当然だな…と思わせられるような制度でした。
 やっぱり、お役所仕事というのは、一般の感覚とはずれているのだなと、感じずにはいられません。
 こんな複雑なシステムで、利用率を高めようなんて、それこそ現場で説明させられる人たちが、かわいそうで仕方がありませんよ!
 勧める気には、到底させられないような制度ですから…。

 ネットの決済のリスクを可能な限り減らしたがために、利用するには高すぎるハードルを課されたものとなってしまっています。
 カードリーダが、パソコンの標準装備になりでもしなければ、この制度は到底行えないでしょうね…。
 一部の、お金をもっていて、頭もいい人だけが、優遇されるようなシステムだと思います。

e-taxですか、今のシステムはソフトの発達に人間や運営側がついてきていない場合が多いのかなあ・・・と思わされることが多々あります。
あまりシステムばかりが先走るのも考え物ですね(汗)

 快速海風三号さん、こんばんは。

 ソフトの開発云々よりも、それを支える部分が、まだ未熟なのかもしれませんね。
 あるいは、安全性を重視しすぎた挙句、利便性を全く欠いているのか…。
 システムの開発に税金が使われたことを考えると、今の不便なシステムは、腹がたって仕方がありませんよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/40522920

この記事へのトラックバック一覧です: e-taxへの道は遠し:

« 春の新作 | トップページ | 微調節のむずかしさ »

アクセスカウンター

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE