新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« e-taxへの道は遠し | トップページ | 暖房器具の片付けどき (今日のテーマ) »

微調節のむずかしさ

 知っている方も多いかと思いますが、私は結構鬱の傾向があり、病院で薬を処方されています。
 ただ、時々とことんまで落ち込んでしまい、普通に飲んでいる薬だけでは、足りなくなってしまう…ということも、しばしば。
 そういう時は、以前にもらって、飲まなかった(体調によって、薬も使い分けていますので…)薬が余っているので、それを飲むこともあるのですが…。

 一昨日は、少しそれが多かったようで、とにかく眠くて仕方がありませんでした。
 夜9時30分には、既に床の中に…。

 そして昨日の朝方も、眠気に襲われて、仕事に行くのに非常に苦労しました。
 電車には辛うじて乗り込めたものの、席が開いたのを確認し、座った途端、意識が途絶え、気付くと終点の駅…。
 職場が終点から乗換えなので、事なきを得ましたが、もしこれが別の職場のときに発生していたら…と思うと、ぞっとします。

 その後も、モニターを眺めているだけで眠気が襲うという状態で、午前中はほとんど仕事ができませんでした。
 元々眠くなる薬なので、ある程度は覚悟していたのですが、まさかここまで「残る」とは…。
 幸いにも、午後には体調が回復したので、そこからは頑張って、普通に仕事をこなすことができましたけれどね。

 病院で処方されたとおりに飲むのが一番だと分かってはいるものの、身を斬られるような、死んでしまいたくなるような辛さに太刀打ちするには、やっぱり薬の微調節は、必要なようです。
 ただ、加減は相当慎重にやらないと、昨日のような危険な状態に陥りそうです。
 とりあえず、効かないと思わずに、一錠飲んだ後は、少し様子を見る…ようにしようかと、思っています。

« e-taxへの道は遠し | トップページ | 暖房器具の片付けどき (今日のテーマ) »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
私も色んな薬を飲んでいますが・・
病院で処方された通り、飲まなきゃいけないのかも知れませんが。。
自分で調整して飲みます。
一錠を半分に爪で折って飲んだり・・
段々と自分の判断で症状で薬の量を調整するよーになりました。。

 こんばんは☆こねこです♪

 私は以前に自分で調整して失敗した例があるので、以降は処方どおり飲むようにしてます・・・。

 お兄ちゃんも、微調節するなら今回のことを糧にしたら失敗しない調節ができるかもしれませんね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

 yumi-mamaさん、こねこさん、こんばんは。
 今日は、フリー版のメンテなので、更新しているところが少ないですね。
 私は、明日飲み会なので、返信は遅れると思います…ご了承ください。

 To yumi-mamaさん

 一錠を爪で割って飲むのは、私もやったことがあります。
 というか、睡眠薬が、そのままでは強すぎるので、私の場合半分で、ちょうどいい感じなので…。
 それでも、たまに「効き目が朝まで残る」ことがあるんですけれどね。

 本当は、病院の処方どおり…が一番なのでしょうが、処方されたときと、症状が辛いときでは、大きな隔たりがあると思いますし。
 心の病気の場合、特にこうやって調節するのは、やむをえないところがあると思います。

 To こねこさん

 こねこさんは、調節して失敗したことがあるのですね(苦笑)。
 私も、失敗は数知れず…です。
 それでも、「本当に辛い」のを、どうにかしないと…と思って、調節するため、やむをえないんですけれどね。

 今回のことを糧として、飲む量は控えめに、効果を感じるまでじっと待つ…を、心がけようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/40536828

この記事へのトラックバック一覧です: 微調節のむずかしさ:

« e-taxへの道は遠し | トップページ | 暖房器具の片付けどき (今日のテーマ) »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE