新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« スワンサイダー | トップページ | 復帰可能 »

祖母、入院

 先日、調子がおかしかった祖母なのですが、かなり回復したものの、やっぱり少しろれつが回らず、また食べ物にむせたり、足元がおぼつかないような状態が続いていました。
 そのため、一昨日検査を行ったところ…高血糖の発作ではなく、小規模な脳梗塞であることが判明。
 幸いにも、命に別状があるようなものではなかったようですが、脳梗塞の場合、発生してから3時間がリミットになるため、GWをまたいでしまった今、完治させることはできず、リハビリによってある程度機能を回復させるしかない…との結論でした。

 そして昨日、リハビリのための施設に祖母が向かったのですが、リハビリしなければならない項目がいくつもあることや、送り迎えを毎日しなければならない(しかも、遠方の病院に)ことなど、総合的な観点から、入院の必要があるということで、結局昨日、入院の手続きをすることになりました。

 あくまで、リハビリのための入院とはいえ、かなりショックが大きいです…。
 もっとも、ただでさえ糖尿病や緑内障など、さまざまな症状が発生していたので、病院できちんとした管理の下で生活するのは、悪いことではないのかもしれませんが…。
 ともあれ、2~3ヶ月くらいの入院が必要とのことなので、かなり大変な状況です。

 私の鬱病といい、祖母の脳梗塞といい、今年の我が家は病気に好かれているのかな…と、感じずにはいられません。
 偶々重なっただけかもしれませんが、神がいるとしたら、文句の一つも言いたくなるところです。

« スワンサイダー | トップページ | 復帰可能 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
markさん~~おばぁちゃんも早期に分かって良かったんですよ!
入院して悪い所を直して!!
悪いことばかりは続きません、次には良い事がまってます^^
きっと^^
私も鬱状態になりましたし鬱で苦しむ人を実際みました。。
本人や同じ様になった人にしか本当の心の痛みは分かりません。。
頑張れ!!頑張れ!!は言ったら逆にストレスなんです。。頑張らずに頑張りましょうよ^^

 yumi-mamaさん、こんばんは。

 早期に分かった…というか、脳梗塞のため、リハビリが必要ということが判明したわけなのですけれどね(苦笑)。
 最初に病院に行ったときに分かっていれば、治療できたかもしれなかったのですが、ちょうど混んでいたことと、脳神経外科の医師がお休みだったという不運が重なって、結局脳の方は治療不可能だと判明しました。
 まあ、軽度の症状で済んだのは、不幸中の幸いでしたが…。

 yumi-mamaさんも、鬱の症状に苦しんだことがあるのですね!
 私も、かなり苦しめられている(しかも、「鬱病」ではなく、「性格的なもの」なので、薬が効きにくいのです…)ので、鬱の苦しみを乗り越えたyumi-mamaさんを、素直に尊敬できます。
 本当に、「死ぬより苦しい」という状態にまで、追い込まれますからね…。

 頑張れという単語は、鬱病の人にとっては禁句なんですよね。
 まあ、私はもう治りかけているので、大丈夫だと思いますが。
 職場復帰後も、あまり無理をしない程度に仕事をこなして行こうと思います。

お見舞い申し上げます。
大変だと思いますが、リハビリというものは
進歩を感じられる日々だとも言いますので
ぜひ、励ましてさしあげてくださいね。
markさんの症状も少しずつ改善されてらっしゃるとのこと、何よりです。
病を得て知るものも多いと思います。
どうぞ、日々気持ち良くお過ごしください。

 つぼみさん、こんばんは。

 リハビリ、相当ぎっしり詰まっている様子…。
 祖母が音をあげないか、ちょっと不安です(苦笑)。
 今まで、結構サボっていましたからね…。
 この機会に、しっかりリハビリを行って、より元気になってかえってきて欲しいという気持ちも、ちょっとあります。
 そのためには、まめに顔を出して、励ますことも大切でしょうね。

 こちらの症状は、ようやく改善しました。
 鬱の人の気持ち、嫌というほど味わい、精神的に辛い人に対して、少しは優しく接することが出来るようになったのかな…とも感じます。
 まあ、職場復帰目前で、ちょっと不安も残っていますけれどね。

 こんばんは☆こねこです♪

 脳梗塞・・・でしたか・・・。

 以前に「ろれつが・・・」と言ってたとき、もしかしたら・・・という思いがチラッとよぎりましたが、さすがに先に言うこともできず、まして断定してないのに言えませんでした・・・。

 これからはリハビリという、若い人でもイヤになることをしなければいけませんが、そこはお母さまに負担はかかるものの、家族全員でカバーするつもりでいけばいいと思います(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

こんばんは!
おばあちゃん入院してしまったんですね。
脳梗塞だったのですね。大変でしたね。
リハビリして少しでも改善して元気になってくれるといいですね。

 こねこさん、kussamamatakachanさん、こんばんは。
 リハビリ…直接我が家が携わるわけではないのですが、祖母が耐えられるか、少し心配です。

 To こねこさん

 私も、その可能性は考慮しつつも、あってほしくないという思いから、目をそらしていた結末ですね…。
 同じような状態になったときが以前あって、そのときは高血糖による発作だったので、今回も同じかな…と軽視していたのが、いけなかったのかもしれません。
 もっとも、判明した時点で、もうどうしようもなかったんですけれどね。

 リハビリ…病院で行っているうちはまだいいのですが、果たして家でやるようになってから、続けられるのかどうかが、ちょっぴり心配です。
 年ももう、80歳を越えていますからね…。
 ある程度(特に、物を飲み込むことと、しっかりしゃべれること)まで回復したら、その時点で十分という気も、少しします。
 あまりに過酷なリハビリは、かわいそうですからね。

 To kussamamatakachanさん

 脳梗塞…色々と、「なりにくくする健康法」をやっていた祖母がなったということで、健康番組を一層信じられなくなりました。
 結局は、確率論でしかないのだな…と、痛感。
 まあ、もしかしたら、軽症で済んだのは、健康法のためなのかもしれませんが…。

 リハビリで、物を普通に食べられるようになり、そしてきちんと話せるようになれば、良いな…と思います。
 それ以上の状態回復は、「病気になる前よりも回復させる」という、相当の無理を強いることになりますから…。

脳梗塞とは。 発生してから3時間がリミットだとは知りませんでした。
驚きというか、ショックです・・・
入院やリハビリの辛さ、経験あるだけに分かります。
リハビリ内容は違うと思いますが、私は 出来ない自分にイラつきました。
リハビリって 身体的にも精神的にも辛いんですよね。。。
見守ってあげて下さい。
家族が入院したときの大変さも分かります。
家族全員の協力が不可欠になりますよね。
おばあさまが1日でも早く退院できますように。

 のんさん、おはようございます。

 脳梗塞、いわば「血管が詰まる」病気なので、その先が酸欠で壊死してしまうまでに取り除かないと、意味がないのです…。
 そのため、リミットが定められているということのようです。

 のんさんは、骨折でリハビリを経験していますからね…。
 リハビリの辛さは、よく分かると思います。
 私は未経験なので、想像するしかできないのですが、祖母の苦痛は、相当なものかも…。
 できれば、今日明日にでも見舞いに行って、励ましてあげようかな、と思っています。
 一日でも早く、退院できればいいのですが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/41135544

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母、入院:

« スワンサイダー | トップページ | 復帰可能 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE