新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 微妙な不都合? | トップページ | 安物ゆえに »

作(ざく)吟醸

 またもや、佐野屋(地酒.com)で、お酒を仕入れました。
 ここのお酒は、比較的外れが少ないので、愛用しています。
 今回選んだのは、小瓶になっている「作」という名前のお酒。
 食事中に飲むお酒というカテゴリーらしいのですが、果たしてどんなお味なのやら?

Ca341217

 300mlの、小瓶タイプです。
 あまり多すぎても、飲みきれないので、このくらいのサイズで、どんな味の銘柄なのか、試してみることにしました。
 口の部分、しっかりと「はめる」タイプになっていて、小瓶ではあっても、日本酒であることをしっかりと主張しています。

 そして、お味のほうは…「日本酒らしい日本酒」というのが、私の感想です。
 どちらかというと、素朴…というか、洗練された感じではなく、日本酒特有の「癖」を、存分に発揮しているような、そんな感じがしました。
 これは、「日本酒好きが飲むべきお酒」であって、私のように、「澄んだ味の、米から作られたお酒」を求めている人にとっては、ちょっと日本酒らしさが強すぎる可能性があるかも…。

 まだ結構残っているのですが、父に押し付け(笑)、次の日本酒にチャレンジしてみたいと思います。
 今度は、自分好みの味であれば、いいのですが…。

« 微妙な不都合? | トップページ | 安物ゆえに »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは☆こねこです♪

 日本酒の細かい味わいまで気にして飲んだことがないので分からないんですが、日本酒にもいろいろあるんですねぇ・・・。

 辛口と甘口があるのは知ってますが、飲み比べたことがないので「???」です(笑)。

 ワインなら飲み比べをしてみたいんですけどね。飲みやすいので♪(その代わり酔いやすいですけど:笑)

 ねこでした。ニャン☆

日本酒は飲まないので良く分かりませんが・・
好きな友達が口当たりが良いとか甘いとか辛いとか言いますよ^^
友達に教えたいと思います♪

 こねこさん、yumi-mamaさん、こんばんは。
 もう一つ、別のお酒も開けたのですが、そちらの方は、また後日紹介します。
 もっとも、読む人がどれだけいるのか、疑問ですけれどね(笑)。

 To こねこさん

 日本酒、美味しいものは、「米から作られた、澄んだ味のお酒」という感じで、一般に思われている日本酒の味とは、大きく異なります。
 そういうものだと、美味しく飲めるのですが、どうやらこの「作」は、「普通の日本酒に近い」お酒だった様子…。
 まあ、好みもあるので、こういうお酒があることを、否定はしませんけれどね。
 単に、私には合わなかった、というだけのことですから。

 お酒の飲み比べ…私も、ほとんどやったことがありませんよ~!
 知っている銘柄も、せいぜい10種類程度だと思いますし。
 その中で、美味しかったものは、また飲みたいな…と思いますけれどね。

 ワインの飲み比べ…舌が繊細ではない私だと、安物の方が美味しく感じてしまいそうですね(笑)。
 飲みやすい…う~ん、私はあの、独特の癖が苦手で、特定のお店でしか飲まないのですが…。
 詳しくは、明日の記事にて。

 To yumi-mamaさん

 日本酒、飲む人は少数派ですよね…。
 口当たりのいい、本当に美味しい日本酒を知っていないと、日本酒を飲もうという気持ちになる人は、あまりいないから…なのかもしれません。
 美味しいものは、本当に美味しいんですけれどね。
 
 この「作」というお酒は、吟醸系の、日本酒の味がしっかりした日本酒だと思います。
 どちらかというと、辛口と甘口の中間くらいなので、癖が無いと思いました。
 日本酒が好きな人なら、受け入れやすい味だと思いますので、勧めてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/42388489

この記事へのトラックバック一覧です: 作(ざく)吟醸:

« 微妙な不都合? | トップページ | 安物ゆえに »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE