新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 配置転換 | トップページ | 三ツ矢サイダーの新作? »

「悪魔の」ゲーム

 最近、はまりまくっているのが、「P4」こと、ペルソナ4という、RPGです…。

 このゲームは、日常生活のパート(どちらかというと、アドベンチャーゲームっぽい感じで、恋愛要素もあります)と、ダンジョンにもぐるパートに分かれており、それぞれの完成度が、どちらも非常に高いのが特徴です。
 日常生活で築いた「絆」が、ダンジョンで作る「ペルソナ」と呼ばれる、主人公の分身(FFシリーズの、「ジョブ」の方が、より近い概念かもしれません)の力にも直結しているので、どちらのパートも手を抜くことが出来ず、一日一日をどう過ごすかが、非常に重要になってきます。
 プレイ時間も、長い人だと100時間をゆうに越すというくらいの「長丁場」なゲームなのですが、それが長いと感じさせないゲームバランスは、さすがの一言。
 RPGで、「骨のある」物が好きな人には、自信を持ってお勧めできるゲームです。

 ただ、時間を湯水のごとく食いつぶすことだけは、覚悟しておいてください。
 ゲームの題材(ペルソナは、古今東西の悪魔をモチーフにしています)だけではなく、実生活に与える影響という意味でも、「悪魔のゲーム」という表現が、ふさわしいかもしれません。

 おかげで、ブログの巡回とかが、少し遅れ気味かも…(苦笑)。
 毎日一回は、行っているんですけれどね。

« 配置転換 | トップページ | 三ツ矢サイダーの新作? »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます☆こねこです♪

 悪魔のゲーム・・・このゲームにかかわらず、ハマりまくってしまうゲームはみんな悪魔のゲームかもしれませんね(笑)。

 私はバイオハザードシリーズと天誅シリーズ(忍者のゲームです)にハマってましたね♪

 とくに天誅シリーズは忍者になりきってるので、私の特性が活かされるかな?と思ってます(ねこだけに?:笑)。

 ねこでした。ニャン☆

こんにちは
RPGのゲーム、長く遊べていいですよね
RPGでなくてもゲームとなると
時間がいくらあっても足りません(*゚▽゚*ゞ
私がはまったのはDSですが
逆転裁判とレイトンシリーズです。
どちらもアクションではなくて頭を使い
話をすすめていくので
これは没頭しました。
なかなか最後は泣けたりするんです。
レイトンは最終作が秋に出ます。
とても楽しみです。

魔のゲーム・・・
私はゲームしません。。
何故ならハマリまくり・・が自分でも分かりますから(笑))))

 こねこさん、ゆずさん、yumi-mamaさん、こんばんは。
 このゲームは、攻略本を片手にプレイしてなお、歯ごたえがあるレベルなので、プレイしていて楽しいです~!
 本当に、時間がいくらあっても、足りないかも。

 To こねこさん

 このゲームの場合、題材となる「ペルソナ」というのが、古今東西の悪魔ですからね~!
 半数以上の由来が分かれば、かなりのマニアだと思います。
 私も、知らないものが何体もいますから…。

 こねこさんは、どちらかというと、アクション系を中心としてプレイしているのですね。
 天誅…確か、相手の背後から近づいて、ばっさり…という、忍者のゲームですよね。
 ある意味、「こねこさんらしい」ゲームなのかな…なんて、思ってしまいました。
 相手の視線を読まないと、すぐに発見されてしまうので、私には向かないかも…。

 To ゆずさん

 逆転裁判…名作の呼び声高い、アドベンチャーですよね!
 私も、プレイしたいな…と思いつつも、携帯ゲーム機を買わなかったため、プレイできずにいるゲームの一つです。
 シナリオがかなりいいらしいので、何とかしてプレイしたいのですが…。
 もっとも、推理系は、私の硬直した頭だと、かなり難しく感じるかもしれませんけれどね(笑)。

 レイトンシリーズも…結構有名ですよね。
 確か、任天堂が、「攻略をネットに上げないように指示した」ということで、話題になったのを記憶しています。
 どうしても攻略できないという人のために、そういうサイトがあっても、悪くないと個人的には思うのですが…。
 攻略本を買わせるための手口だとしたら、悪辣にもほどがあると思いますからね。

 To yumi-mamaさん

 yumi-mamaさんは、あえてプレイしないという選択をしているのですね~!
 それが、一番正解なのかもしれません。
 ゲーム、はまり込むと、本当に時間を湯水のごとく、もって行かれますから…。
 主婦には、不向きなのかな…なんて感じることも、あります。

お久しぶりです。

最近自分は『デビルメイクライ4』熱がぶり返しております。
アクションにしてプレイ時間が60時間を超えております。

前作は100時間ほどやってしまったので、それから考えるとそう大したことではないのかもしれませんが……

プレイすればするほど、製作者の作り込みが感じられる、良い作品だと思います。

 NEOさん、おはようございます。

 アクションにして、60時間のプレイ…それは、かなりすごいと思いますよ!
 RPGなどに比べて、アクションというジャンルは、どうしてもプレイ時間は短めになる傾向がありますからね。
 それだけ充実した作品というのは、すごいことだと思います。

 前作は100時間…。
 RPGの大作よりも時間をつぎ込むほど、熱中できるアクションというのは、本当にすごい!
 有名なシリーズだけに、ちょっとプレイしたいのですが、今のところは時間が取れそうに無いので、プレイ終了後にでも探してみようかな…と思います。
 4はPS3なので、プレイできませんけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/42454921

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪魔の」ゲーム:

« 配置転換 | トップページ | 三ツ矢サイダーの新作? »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE