新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« お台場への旅行 前編 | トップページ | お台場への旅行 後編 »

お台場への旅行 中編

 (前回、後編に続くと書きましたが、長くなりそうなので、もう一つ区切りをつけさせてもらいます)

 会場に到着したのは、ほぼ12時30分ジャストでした。
 受付を見ると…やっぱり、女性の名前の方が、多いようです。
 とはいえ、男性の名前がまったく無かったわけでもないので、一安心。

 会場の作りが、かなり独特で、ステージに対して正面となる席がなく、全て横向きになる形。
 イベントの会場としては、ちょっといまいちな作りではないかな…と感じました。
 とりあえず、席は自由だったため、窓側の席を選ぶことに。
 ステージを撮影しやすいということで選んだ(そういうアドバイスがあったため)のですが…ステージから遠く、スライドなどが見づらかったかも?

Ca341706

 私の席からだと、ちょうどステージが、こんな位置になっていました。

 まだ開始までに、少し時間があったため、受付付近にある、チョコレートの販売ブースに移動することに。
 そこでは、フェアトレードによって作られたチョコレートが、いくつも並んでいました。
 試食もあったので、いくつかを食べ比べることに。

Ca341700 Ca341705

 左側は、普通のチョコレートで、右側はフレーバータイプのチョコレートでした。
 どちらかというと、普通のチョコレートの方が好みなので、試食してみることに。

 味としては、市販の普通のチョコとは違い、かなり酸味を感じるものが多かったです。
 これを好む人もいるのでしょうが…個人的には、ちょっぴり苦手かも?
 そのため、酸味が少ないチョコを、一つ購入することにしました。

Ca341699 Ca341701

 これが、購入したチョコレートです。
 200グラムで、1,155円…ちょっぴり高価ですが、支援ということも考えると、いいかもしれません。
 製菓用のチョコレートで、そのまま食べてもいいのですが、お菓子作りに使ってもいいということでした。
 今度、じっくり味わって、感想を書きたいと思います。

 そうこうしているうちに、いよいよイベントスタートです。

 まず、「地球のココロ」の行動理念を、説明されました。
 この活動は、インターネットのキャンペーンサイトで、ブログでの発信という行動を通じて、社会に呼びかけていく…ということを、趣旨としたものだということです。
 今回は、身近な食材、チョコレートを通じて…ということになります。

 次に、「CHOCOREVO」の方の説明がありました。
 チョコレートの産地で、子供が過酷な労働に従事していることを知り、そこから活動を始め、フェアトレードや、オーガニックといったタイプのチョコレートを広く知ってもらうことで、その状況の改善を図る…というものでした。

 また、ちょっと面白い話も聞きました。
 チョコレートの生産者は、カカオを「フルーツ」として食べているそうです。
 生のカカオには、表面に白い部分があり、その部分が甘みのある味で、なかなか美味しいのだとか。
 逆に、生産者は、「チョコレート」として加工されたものは、食べたことが無い…というのも、印象的でした。

 そして、フェアトレードの概念も説明されることに。
 フェアトレードとは、「一定の最低取引価格を保障し、その上で相場の上昇に合わせて、相場より少し高い価格で取引する」ということでした。
 そのことによって、生産者を支援し、より高い品質のものを取引する…という概念です。
 単に生産者にだけ利益があるのではなく、消費者にとっても、高品質なものを手に入れるという点で、メリットがあるというのは、今回初めて知ることができました。

 また、チョコレートの生成過程についても、スライドを使って説明を受けたのですが…。

Ca341709

 小さい字とスライドの小ささが相まって、ちょっと読み取るのに困難でした。
 覚えているところで、印象的だったのは、チョコレートの粒子をどこまで細かくするかによって、舌触りが大きく異なってくるということ。
 大体、15~35マイクロメートル程度が、なめらかさを感じる、一番美味しい粒子の大きさで、これ以下だと粘りが強くなりすぎ、逆にこれ以上だと、舌にざらつきを感じてしまう…ということです。

 また、このときに、カカオ豆の実物も、目にすることになりました。
 テーブルの上においてあったのですが、普通のチョコだと思い、危うく食べそうになっていた…のです(笑)。

Ca341704

 これが、カカオ豆の実物です。
 皮をかぶった状態なのですが、かすかにチョコレートっぽい香りも感じたかも。
 そして、ひねるようにすると、皮が取れるということで、ひねってみたのですが…。

Ca341711

 …ひねりすぎて、砕けてしまいました(笑)。
 どうも、力加減が難しいようです…。
 母が、上手く皮をむいてくれたので、そちらも撮影。

Ca341712_2

 こんな風になるのです。
 焙煎し、乾燥させたカカオ豆…チョコレートの原料ですが、砂糖が入っていない状態のため、非常に苦いだろうな…と、想像できます。

 そして、オーストリア在住の、フェアトレードの農園と契約している人も、さまざまなことを語ってくれました。
 やはり、フェアトレード、そしてオーガニック(自然農法)のものから生まれる、カカオの品質の良さを求めて、そういうところと取引している…ということが、印象的でした。

 休憩を挟んで、実際にフェアトレードによって作られたチョコレートの試食にうつるのですが…後編に続く。

« お台場への旅行 前編 | トップページ | お台場への旅行 後編 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~~~!!!!
美味しそう♪
チョコレート大好きな私にはたまりません。

 こんばんは☆こねこです♪
 
 うわぁ・・・すごい細かく書いてくださったんですね。いろいろと知らなかったこともあって勉強になります(微笑)。

 酸味のあるチョコ・・・想像しにくいですが、私も苦手だと思います。かといって甘すぎるのも苦手なので、今回取り上げてる「カカオ」の香りが前面に出てるのが好きですね。いかも「チョコ!」って感じがして☆

 後編は何が出てくるんでしょうか。楽しみです(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

 yumi-mamaさん、こねこさん、こんばんは。
 一杯書いてありますが、これでも、かなりの部分を忘れてしまったかも…。
 せっかく当たったのに、ちょっともったいなかったかもしれません。

 To yumi-mamaさん

 実際、いろんな味のチョコレートが販売されていました。
 工場の特徴なのか、ちょっと酸味の強いものが多く、好みにあったのはこれ一種類だけだったんですけれどね(笑)。
 高価なこのチョコ…普通に食べるのもいいですが、お菓子作りに使ってみようかな…なんて、考えています。

 To こねこさん

 とにかく、ひたすらメモを取ったのですが…語ってくれたことの、半分も書きとめることができませんでした…。
 「啓発」という点では、非常に残念です…。
 もっと、要点を絞ってメモする力をつけたいな…と、感じました。

 高級なチョコレートだと、結構「酸味」がするもの、ありますよ~!
 恐らく、発酵の過程で酸味をつけるのでしょうが…私は、ちょっと苦手です。
 甘すぎるチョコ…というと、キットカットでしょうか(笑)。
 私は、結構好きですけれどね。
 やっぱり、カカオの味がしっかりしているチョコが、一番美味しいと、個人的には感じます。

 後編は…チョコレートの食べ比べです。
 かなり細かいところまで書きましたが、感覚的なものなので、果たして伝わるかどうか…?
 ちょっぴり、心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/44501558

この記事へのトラックバック一覧です: お台場への旅行 中編:

» イベント参加者のブログアクション! ブロガーmeetsチョコレボ!! [Event]
3月28日に開催された「ブロガーmeetsチョコレボ!!~チョコレートレボリュー [続きを読む]

« お台場への旅行 前編 | トップページ | お台場への旅行 後編 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE