新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« クオーターパウンダー | トップページ | 情緒不安定 »

小岩井 ミルクとコーヒー

 以前のものは、少し失敗だったとはいえ、別のものが出ていたのならば、試してみる価値はある。
 小岩井から、ミルクとコーヒーという、新作が出ていました。
 HPによれば、ミルクと乳酸菌と、同時に発売された商品のようです。

Ca341785

 ミルクとコーヒー…これまた、個性化が難しい組み合わせではないかな…と思います。
 世の中には、コーヒー牛乳は、いくらでもありますからね。
 小岩井ならではの独自性が、どれだけ出せるのかが、気になります。

 早速、飲んでみることにしました。
 コーヒーの味は…そこそこしっかりしているかな?という感じで、牛乳とのマッチングも、悪くはありません。
 ただ、「独自性」を出すまでに至っているかと問われると…ちょっと、首を傾げるかも?
 もちろん、味自体は悪くないんですけれどね。

 「新しいけれど、どこか懐かしい」というキャッチフレーズですが…懐かしさこそ感じさせられるものの、目新しさはあまり感じられなかったかもしれません。
 とはいえ、味自体は悪くないので、たまに買うくらいならば悪くないかな…とも思いました。

« クオーターパウンダー | トップページ | 情緒不安定 »

ドリンク」カテゴリの記事

コメント

キリンの小岩井ブランドですねcatnotes
なんだか他飲料よりも、高級なイメージがあります‥shineshine

味はしっかりしてるのな、小岩井らしさが出てないのは残念ですねthink
差別化をはかろうとしたら、ヘンな味になっちゃったのかなsign02

ちょっと高そうやけど、こんど手に取ってみたいですdognote

 こんばんは☆こねこです♪

 ミルクコーヒーではなく「と」が入ってるんですね。

 この手のドリンクはいっぱいあるので、独自性を出すのは難しいのかもしれませんね。
 
 コーヒーの香りを変えるくらい・・・でしょうか・・・?

 ねこでした。ニャン☆

 リュウさん、こねこさん、こんばんは。
 小岩井ブランド、350mlのときと、500mlのときがあるのですが、より美味しいのは、350mlのときだと思います。
 今回は、両方とも500mlだったので、いまいちだったのかも?

 To リュウさん

 確かに、ちょっぴり高級なイメージがありますね。
 350mlなのに、普通のペットボトルと同じ値段のことが、しばしばあるので、そう感じるのかもしれません。
 値段自体は、コンビニでは変わらないと思いますよ。

 味自体は、普通のコーヒー牛乳…といった感じですね。
 コーヒーの香りを強くするなどの、個性化が無かったのが、ちょっと残念です。
 まあ、「オーソドックス」な味なので、飲みやすいというメリットはありますけれどね。

 To こねこさん

 ミルク「と」コーヒー、という名前です。
 とはいえ、個人的な感想では、ミルクコーヒーでいいのではないか…という感じでしたけれどね(笑)。
 ミルクと○○…というのが、小岩井の伝統的なネーミングなので、それにあわせているのだと思います。

 この手のドリンク、本当に数知れず…ですからね。
 独自性を出すのは、かなり困難だと思います。
 それでも、ブランドの一員なのですから、それなりに出来ていれば…と思うのですけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/44980929

この記事へのトラックバック一覧です: 小岩井 ミルクとコーヒー:

« クオーターパウンダー | トップページ | 情緒不安定 »

アクセスカウンター

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE