新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 08月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | コミッククール »

ハーブの世界 その15 ミルクシスル

 たまには、ハーブの話をすることにします。
 私が買っているハーブのお店で、最近注目をあびているのが、この「ミルクシスル」というハーブです。
 このハーブには、非常に強い、肝機能強化の働きがあるのです。

 どのくらいすごいかというと…動物実験で、毒キノコをマウスに食べさせ、その後このハーブを注入したマウスは、ほかのマウスと違い、しっかりと生き残り、そして肝臓もダメージを受けなかったという研究結果があるくらいです。
 そのため、外国では、毒キノコの解毒用として使われていることすら、あるといいます。

 ほかにも、肝臓に炎症を持っている人、肝臓に負担がかかっている人にこのハーブを与えたところ、肝機能の値が、劇的に回復したという研究結果も報告されています。
 お酒をよく飲む人などには、このハーブは、非常にすぐれた効果が期待できるのではないかと考えます。

 また、最近の研究では、肝臓の癌に対しても、効果があるとか…。
 抗がん剤と同等の効果で、しかも副作用が無いという、研究結果もあるくらいです。
 まさに、このハーブは、「肝臓の友」といえるのではないか…と思います。

 また、母乳の出をよくする効果もあるらしいので、授乳期の親にとっては、非常にありがたいハーブかもしれません。
 もちろん、授乳期に飲んでも、副作用は無いので、安心できます。

 ちなみに、このハーブは、「マリアアザミ」と呼ばれる植物から収穫できます。
 種の部分なので、そのままでは抽出されないのですが、ミルで細かくひく事で、お湯に溶け出すようになるので、ハーブティーとして利用する際は、お忘れなく。

 味のほうは…名前のとおり、薄いミルクのような味がします。
 癖の無い味なので、そのままでも大丈夫ですし、ほかのハーブとブレンドしても、問題ないと思います。

 貴重なハーブなので、ちょっと高価なのが難点ですが、非常にすぐれた効果を持つハーブだと思います。
 肝臓が気になっている人には、お勧めですよ。

« 08月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | コミッククール »

ハーブ&アロマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ひさびさの、ハーブ記事ですねcatmusicnotes

中国茶にも、「この葉っぱは肝臓の悪いウイルスを消します」と説明されたものもありましたjapaneseteaflair ほんまかいな、と思いましたが、お茶で肝臓に良いって、本当にあるんですね~confidentsign01

解毒効果テキメンなのも、興味津々ですup

ミルクシスル、調べてみたら、サプリメントにもなってるんですね。葉っぱ同様、お値段けっこうするみたいですがcoldsweats02 頭の隅っこにおいときますscissorsshine

 こんばんは☆こねこです♪

 そんなにすごいんですか!!
 実験もすごいですけど・・・。

 肝臓って、悪くしてても自覚症状がないこともあるって聞いたので、これは定期的に使うのもいいかもしれませんね。副作用がないのであれば安心ですし(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

 リュウさん、こんばんは。

 久しぶりに、ハーブの記事を書くことにしました。
 ちょっとネタ切れ気味だったので、以前に撮影した写真を見ていたところ、まだ書いていないことに気づいて、です。
 急いで書いたので、ちょっとほかのハーブの記事よりも、文章が荒いかも?

 中国茶のそれは…いまいち信用が出来ませんが、このハーブの効果は、実際に臨床試験を行った上で確認されたものなので、かなり信用できると思います。
 ヨーロッパのほうでは、「毒キノコ対策」として、実際にこのハーブが常備されているとか…。
 なかなか、すごいハーブだと思いました。

 サプリメントでも、摂取できるようです。
 ただ、植物のどの部分を使っているのかが、ちょっと分かりにくいですけれどね。
 私の行っているハーブのお店では、種の部分が販売されており、それをミルでひくことで、ハーブティー向けにしていました。
 値段はちょっと高いですが、効果を考えると、お酒を飲むときに良いかな…と、思います。

 こねこさん、こんばんは。

 確かに、実験はちょっと残酷ですよね…。
 とはいえ、その結果、このハーブの有効性が証明できたのですから、ここは目をつぶることにしましょう。
 肝臓に対する効果が、非常に強いハーブらしいので、ウコンに代わって、お酒を飲む人の必携ハーブになる…ことも、あるのではないかと思います。
 もっとも、値段がちょっとネックですけれどね(笑)。

 肝臓は、自覚症状が出にくい器官ですからね…。
 血液検査などを、定期的に行って、症状の前兆を確認したほうが、いいと思います。
 その上で、症状があるようならば、このハーブの出番、ということかもしれません。
 実際、劇的な効果があったという報告も、数多くあるようですから…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/46036807

この記事へのトラックバック一覧です: ハーブの世界 その15 ミルクシスル:

« 08月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | コミッククール »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE