新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 光への移行 | トップページ | 精神安定剤 »

炙りまくり

 昨日の昼食は、久しぶりに、魚がしで食べることにしました。
 祖母の怪我が、ほぼ完治したため、自分ひとりで食事もできるようになったことから、家族で食事に行くことも、できるようになったためです。
 どうせならば、いいものを食べたい…という、父の希望で、ここに決まりました。
 珍しいお寿司が、いろいろとあるので、個人的にも結構好きな場所です。

Ca342010

 まずは、お勧めの炙り三種を。
 個人的には、生のお寿司もいいのですが、この「炙り」が、大好物。
 火が通ることで、いっそう「うまみ」が増しているように、感じます。

Ca342012

 続いて注文したのが、「鮭しんじょう」という、吸い物みたいなものでした。
 エリンギと、三つ葉が入っていて、なかなか豪華な感じです。
 白い固まりの中に、鮭の身が入っていて、こちらもなかなか美味しかったです。

Ca342011

 そして、私の大好物、えんがわも、炙ったものを食べてみることにしました。
 ところが、これは…ちょっと脂が強すぎて、くどい感じがしてしまいます。
 えんがわは、生で食べるほうが、おいしいかも…。
 まあ、あくまで好みによるとは思いますけれどね。

Ca342013

 最後に、炙りの五貫セットを注文して、終了。
 これまた、いろんな味で、楽しめました。
 ただ、あまりにも炙りを注文しすぎたためか…注文用のタッチパネルに、「炙りは時間がかかります」との表示が…。
 ちょっぴり、反省。

 久しぶりの、美味しいおすしに、かなり満足。
 今日から、また頑張らないと、ですね。

« 光への移行 | トップページ | 精神安定剤 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

・・・ということはこのお食事、快気祝いもかねているんでしょうか?
美味しいものをお腹一杯に食べるっていくつになっても幸せです。

炙りって色々あるんですね。
えんがわの炙りは初めて聞きました。
まあ、寿司ネタを炙ればなんでも『炙り』でいけるんでしょうが。(笑)

こんばんは。

お出かけされたんですね。
ご家族仲良しで素敵ですcarnotes

魚がし、「うおがし」って読むんですよね。
静岡は焼津港があるから、ネタがぴちぴち新鮮なんでしょうかfishfishfishshine

ぼくは瀬戸内育ちであまり良い漁港に恵まれなかったので、兵庫県の回転寿司の味を覚えて金沢に来ると、同じ回転寿司でも味が全く違うのに驚きましたcatrestaurantsign01

炙りモノ、ぼくも食べてみたいです。
脂がノッててほっぺが落ちそう。えんがわは、残念やったみたいですが‥コリコリが美味しいんですよねcatfacesweat01

久しぶりに、お寿司食べたくなってきました。
スーパーの閉店間際の狙おうかなeye

 しまさん、リュウさん、こんばんは。

 To しまさん

 快気祝いは…どうでしょう?
 祖母の分も、買ってくればよかったのかもしれませんが、糖尿病なので、あまり食べさせるわけにもいかず…。
 今回は、買いませんでした。
 このお店の一人前は、ちょっと多めなので、祖母には多すぎるんですよね…。

 炙り、いろんなネタで、存在するようです。
 今回は食べませんでしたが、イカを炙って、塩を載せたものが、絶品。
 ネギとイカ、そして塩のシンプルな味なのですが、実に美味しかったです。
 今度行ったときは、注文しようっと。

 えんがわの炙りは…脂が溶けてしまって、ちょっとくどかったです。
 向いていないネタもあるのだな…と、実感させられました。

 To リュウさん

 我が家の場合、比較的家族で食べに行くことが、あります。
 本当は、弟も一緒に行けると、よかったのですが…今はかなわぬ夢ですし、弟はあまり好んでいませんでしたからね。
 3人なので、テーブル席だと、ちょっともったいないな…と感じることが、あります。

 うおがし…その呼び方で、あっていますよ。
 ちなみに、魚がしの寿司は、焼津港ではなく、沼津港から仕入れています。
 そのほうが、より近いですからね。
 西部のお店では、もしかしたら、焼津港直送なのかもしれませんが…。

 魚の味、県によってまったく違いますよね。
 私も、山梨で一人暮らしをしていたことがあるのですが、魚の味のまずさには、閉口させられました。
 今は、冷凍技術も進んでいると思うのですけれどね…。

 炙りもの…このお店の、特徴的なお寿司です。
 魚をちょっぴり炙ることで、うまみが引き出されて、実に美味しいですよ。
 まあ、えんがわのように、あまり向かないネタもあるので、何でも炙ればいいというわけでは、無いようですけれどね。

 お寿司…閉店間際を狙うのは、いいかもしれません。
 もっとも、シャリが乾燥して、美味しくない可能性があるので、余裕があれば、普通にできたてのものを購入したほうが、いいと思いますよ。
 せっかく高いお金を出すのなら…ですからね。

 こんばんは☆こねこです♪

 私も今日、お寿司を食べましたぁヽ(´▽`)/・・・といっても、お通夜でのお食事ですけどね(微笑)。

 炙りというのはまだ食べたことないですね。
 一度食べてみたいと思うんですが、なかなか行く機会がないですからね・・・。

 私は白身と貝類が好きなので、ついついそっちばかり食べちゃいます(◎´∀`)ノ

 ねこでした。ニャン☆

こんばんは

行きつけの店が良質であるというのは羨ましいですね。
自分の方では逆に、行きつけの寿司屋二店のうち、
一店が品質が落ちてしまったのでちょっと残念だったりします。

炙ることで風味や甘みが増すというのは確かに有りですね。
基本的に均質である生身を炙ることによって、火が通った部分と生の部分のギャップを生み出し
本来の美味さをより引き立てるというところでしょうか。
香ばしい風味というのも、食欲を刺激する要素でしょうし。

でも、自分もあまり炙りネタには巡り会ったことがないですね。
寿司とはちょっと違いますが、生まれて初めて焼きガニを食ったときはさすがに美味いと思いました。
塩ゆでとは違う香ばしい風味や際だった甘みが鮮烈でした。
生で食べるのが基本の寿司も、調理次第で色んな側面を見せてくれるのでしょうね。
自分は烏賊や鮹が大好物なので、軽く炙ったら美味しいでしょうねぇ。
良い烏賊は下手に醤油や山葵を振らなくても、その甘みと歯応えだけで十分堪能できますから。
リクエストすればなんでも炙ってもらえるのでしょうか?
もしそうだったら良い店ですね。

今日はこれで失礼します。

 こねこさん、toraboさん、こんばんは。

 To こねこさん

 お通夜でのお寿司…だと、さすがに美味しいというレベルでは、ないでしょうね…。
 というか、味を感じられるだけのゆとりが、ないかもしれません。
 ちなみに、こちらのほうでは、焼き場で助六を食べるというのが、風習になっているようです。

 炙りのお寿司…お店によって、やっているところとそうでないところがあるので、まずはやっているところを探さないと、ですね。
 白身や、貝類が好き…となると、あまり炙らないで、生で食べたほうが、美味しいかもしれません。
 ホタテなんかは、炙るとそれはそれで、美味しいですけれどね。

 To toraboさん

 魚がしも、ちょっと雰囲気が変わっています。
 元々は、客が直接職人に、握ってほしい寿司を注文するスタイルだったのですが、タッチパネルによる注文に、変わっていました。
 そのため、「変り種」の寿司を見つけ出すのが、ちょっと大変になってしまって…。
 まあ、そんな中でも、いろいろと新商品があるので、十分楽しめますけれどね。

 炙る…元々、火を通すことで、うまさというものは増す傾向がありますからね。
 風味も増しますし、アミノ酸の構成も変化するので、美味しさが増すと思います。
 もっとも、生のほうが好き(寿司ですからね…)という人もいるので、このあたりは好みの差が出ると思います。

 焼きガニ…それはまた、美味しそう~!
 塩茹でみたいに、味が流れ出すことなく、ぎゅっと凝縮された状態で閉じ込められたうまみが、舌の上で広がることを想像すると…たまりません~!
 今度食べるときは、生ではなく、炙って食べてみようかな…なんて、思ってしまいました。

 イカやタコ…そのあたりは、炙るとまったく違う味が引き出されるので、面白いところだと思います。
 特にイカの炙りは、私の大好物のひとつですよ~!
 生のイカみたいに、噛み切れないということもなく、火が通ったことでうまみも増して、実に美味しいです。
 白髪ネギと、塩を振るだけで、絶品ですから。

 おそらく、リクエストすれば、ほとんどのネタは、炙ってもらえると思います。
 まあ、中には炙りに向かないネタもあるので、そのあたりは自己責任で…ということになるでしょうけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/46201798

この記事へのトラックバック一覧です: 炙りまくり:

« 光への移行 | トップページ | 精神安定剤 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE