新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 10月16日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 携帯新調 »

山法師 純米ひやおろし

 たまには、変わったお酒を飲んでみようと思い、いつもの「佐野屋」をのぞいてみたところ…冷やおろしという、いわば新鮮な、出来立てのお酒が売っていました。
 (9月の話なので、今はもう、普通のお酒になっています)
 その中から、今回選んだのが、この「山法師」というお酒。
 普通のお酒が、16度~17度なのに対して、14度~15度と、アルコール度数が低いため、飲みやすいかな…と判断したのが、決め手です。
 果たして、結果はどうだったのでしょうか…?

Ca342073

 こちらが、そのお酒です。
 青いボトルという、ちょっと変わった商品。
 なんとなくですが、ほかのお酒に比べて、スリムな感じを受けるデザインになっています。

 本当は、買ってすぐ飲めばよかったのですが…ほかのお酒を飲んでいたので、そちらが終わるまで、手が出せませんでした。
 そのため、一月寝かせたものを飲んだ感想になるのは、ご容赦ください。

 飲んでみると…確かに、軽い感じがします。
 すっきりした感じで、日本酒を飲みなれない人でも、これは飲みやすく感じるのではないか…と、思いました。
 逆に、日本酒をよく飲む人にとっては、ちょっと軽く感じすぎるかも?
 味自体は、しっかりしているので、物足りなさを感じることは、あまりないと思いますけれどね。

 口当たりは、非常に滑らかで、ほんの少しだけ甘みも感じます。
 甘みも感じるのですが…後味としては、どちらかというと辛口のお酒なのかな…という感じで、すっきりした後味なので、ついつい飲みすぎてしまうかも。
 この軽さは、特に食事中に飲む、私みたいな人にとっては、かなり嬉しいです。

 日本酒を飲みなれない人にこそ、飲んでもらいたいお酒かも。
 入門として、試してみるのも、悪くはないと思いますよ。

« 10月16日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 携帯新調 »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます☆こねこです♪

 アルコール度数って、1度2度違うだけで変わるものなんですね。

 もっと5度以上で変化を感じるものだと思ってたので、お酒の奥深さをさらに知ることができました☆

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 アルコール度数、わずか1%の違いなのですが、感覚としてはかなり違うな…と、思いました。
 明らかに、このお酒は、飲みやすさが違いますから。
 お気に入りのお酒に、またひとつ追加です。

 1%…ドリンクでも、果汁1%のものって、結構ありますよね。
 やっぱり、入っているのとそうでないのとでは、かなり違いが出るのかも…。
 そう、感じました。

こんばんは。

口当たりが「滑らか」等、お酒を味わえる人しか語れないなぁと思えるプロな表現が出てきて、なんだかカッコイィです。

僕だったら、「じゃぁ、ザラザラもあるのか…」と思ってしまいますbottleconfidentsweat01

ゴハン、日本酒を片手に‥shine
一度やってみたいのですheart01

 リュウさん、こんばんは。

 口当たりが滑らか…というのは、それだけ飲みやすいということですね。
 逆の言葉は…「どっしりしていて、飲み応えがある」という言葉にでも、なるのかな…と、思います。
 八海山なんかは、後者のいい例かな…と、思いますよ。

 日本酒、私の場合は、ご飯と一緒に飲むのが、メインの飲み方です。
 そうなると、こういった「飲みやすい」お酒というのが、好みになるかも。
 すっきりしていて、癖がなく、どんなおかずとも合いますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/46502153

この記事へのトラックバック一覧です: 山法師 純米ひやおろし:

« 10月16日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 携帯新調 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE