新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 文章の遅さ | トップページ | ロボットと美術展(BlogPet) »

ロボットと美術展

 昨日は、静岡県立美術館に行ってきました。
 今回のテーマは、タイトルにあるとおり、ロボットと美術のかかわり…という、ちょっと変わった催しです。
 これは、子供が大勢来るかな…と、覚悟して行ったのですが、思ったよりも子供の姿は、少なかったです。
 東静岡の、ガンダムのほうに流れた…のかもしれません。

Imgp0795

 入場エントランスから、すでにちょっと、いつもの展示とは異なる雰囲気でした。
 ここだけは、写真撮影が許されていたので、一枚。

 中に入ると…キュービズムと、ロボットという、なかなか面白い切り口から、スタートしました。
 確かに、あの異常なデザインは、ロボットなどの人工的なものに、つながるかもしれません。
 そこから、模型やアニメのイラストなど、さまざまなロボット関係のものが展示されていて、非常に見ごたえのあるものでした。
 (バーチャロンのキャラクターや、初音ミクなども、広義のロボットに分類されているあたりは、ちょっと評価が分かれるかもしれません)
 900円という入場料にしては、十分以上に楽しめました。

 そこから、静岡に行き、パルコの2Fにある、「PIZZA SALVATORE」というお店に入ることに。
 ここは、以前TVで紹介され、ピザの賞をとった人がやっているということで、期待して行ったのですが…。

 この日は、ビュッフェ形式になっていたのですが…ピザが、ふにゃふにゃで、あまり美味しいとは感じられませんでした。
 パスタも、温める機械に入っていたため、柔らかくなりすぎていましたし…。
 何より、種類が少なかったのが、非常に痛かったです。
 1680円という値段にしては、ちょっと期待はずれだったかも?

 その後、ゲームなどを購入した上で、マツザカヤの北海道展へ。
 ロイズの、チョコレートチップスの新作などをゲットして、家に帰りました。

 今日から仕事だというのに、ちょっとはしゃぎすぎたかも?
 まあ、何とか頑張ります!

« 文章の遅さ | トップページ | ロボットと美術展(BlogPet) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは☆こねこです♪

 ロボットと美術の関わりですか。
 つながりがないように見えて、接点はいくつかあるようですね。

 というか、ロボットもデザインした時点で美術と接点ができますからね。

 そして・・・これで終わるかと思いきや、最後に食べ物の話題になるところがお兄ちゃんらしいですね(笑)。

 ねこでした。ニャン☆

(*´∀`)ノ゙こんばんゎ~★
あははh、なんかなつかしいのがいっぱい居ますね(´▽`*)アハハ
へーミクはロボット扱いなんだ~^^

 こねこさん、さとちんさん、こんばんは。

 To こねこさん

 ロボットと美術…まあ、元々ロボットというもの自体が、人を模して描かれることが多いですからね。
 こねこさんの言うとおり、デザインという面でも、意外と美術的な要素、あるようです。
 結構、考えさせられる展示で、個人的には良かったと思いました。

 食べ物のほうは…いまいちだったのが、残念。
 きちんと、ビュッフェではないときに食べれば、評価は変わるのかもしれませんが…。
 一度いけば、十分という感じではあります。

 To さとちんさん

 懐かしい…ですか?
 私にとっては、ちょっと知っている年代よりも前というイメージがありますけれどね(笑)。
 まあ、アトムくらいに有名ならば、誰でも懐かしさを感じると思いますので、そういう意味で言ったのかもしれませんが。

 ミクは…ロボットというか、「人が感情移入したことによって、広くキャラクターとして認識された」という側面から、この展示に加わっているようです。
 休日の、早い時間に並ぶことで、CDも手に入るとか。
 それ目当てに、もう一度行ってもいいかな…なんて、考えてしまいました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/49713888

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットと美術展:

« 文章の遅さ | トップページ | ロボットと美術展(BlogPet) »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE