新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 飲みすぎ注意 | トップページ | 完熟ぶどう&カルピス »

アサーティブの講義

 一昨日と、昨日の二日間で受けた講義は、「アサーティブトレーニング 基礎講座」というものでした。
 これは、アサーティブジャパンのテキストを元に、コミュニケーションの手段を学ぶというものです。

 上のリンク先にもあるとおり、アサーティブ(アサーティブネス)というのは、「自分も相手も尊重するコミュニケーション」です。
 コミュニケーションのとり方の一つ、という感じなのですが、自分がへりくだることもなく、逆に相手を見下すわけでもない、対等な関係を築くための考え方ではないかと、個人的には感じました。
 今まで自分がとっていたコミュニケーション(どちらかというと、自分が下手に出てしまうことが多かったです)とは、異なるやり方だったため、非常に面白く、かつこれからの仕事などでの関係においても、役立つ考え方ではないかな…と、思いました。

 特に面白かったのは、「ノーということ」が、むしろ相手に対して誠実な対応であるという考え方です。
 むしろ、アサーティブな「ノー」を伝えることで、逆によりよい関係を築くことが出来るということに、驚きました。
 ノーと言えないというのは、、日本人が抱えがちな弱点の一つでもあるので、もっと多くの人(特に、外国人と接する機会が多い人)に、アサーティブな「ノー」の伝え方を学んでほしいと、個人的には感じました。

 更に進んだ、「応用編」では、怒りに対する扱い方など、私の最大の弱点に対しても、対応方法を学べるようです。
 そちらも、絶対に、受講しようと思います!

« 飲みすぎ注意 | トップページ | 完熟ぶどう&カルピス »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アサーティブネスは私も本で読んだことあります。

コミュニケーション能力アップにつながるようですね。

頑張ってください(^^)

 こんばんは☆こねこです♪

 人は、持って生まれた性格に加えて、育ってきた環境によってコミュニケーションの違いはありますが、こうやって決められた講座で学ぶというのも、また1つ自分の引き出しを多くすることにもなりますよね。

 性格と環境による違いは人の数だけありますから、少しでも多く学び、話す機会やテクニックを増やすことは、その違いにも柔軟に対応できるということでもあり、私もお仕事で「慣れ」を感じないためにもいい刺激になります(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

 スマッシュさん、こんばんは。

 アサーティブネス、知っているのですね!
 交渉における、結構有用なスキルだと思うので、個人的にはかなり面白いと感じました。
 もちろん、実践するのは、結構難しいですけれどね。
 私も、身内に使えるかと問われたら、まだ出来ないでしょうからね。
 簡単に使えそうな相手で、経験を積むことで、やっていければ…と思います。

 こねこさん、こんばんは。

 育った環境が、コミュニケーションに与える影響は…とても大きいと思います。
 やっぱり、「子は親の背中を見て育つ」ものですから。
 それらで世の中に対処しようとしても、どうしてもうまく行かないという場合に、このアサーティブは、一つの対処方法の例として、使えるのではないか…と、感じました。

 話す機会…これが、結構難しいんですよね。
 身内に試すのは、かなりハードルが高いので、まずは他人から、使ってみようと思います。
 使わなければ、さびてしまうものでもあると思いますし。

(*´∀`)ノ゙こんばんゎ~★
へ~そういうコミニュケーション手段を教えてくれるんだぁ^^

NOといえば、、年代にもよるけど2者選択のノーでも嫌な人いるよね(´▽`*)アハハ
NO=自分の敵らしくて、、Σ(´∀`;)
今江戸時代じゃないってば!

 さとちんさん、こんばんは。

 なかなか、面白い講座でしたよ~!
 少なくとも、コミュニケーションが苦手な私にとっては、非常に有意義なものでした。
 自己主張しつつ、相手も尊重するというのは、簡単そうで、なかなか難しいですからね。

 NO、それすなわち自分の敵…そういう人に対処するためのNOも、教えてくれます。
 もちろん、難易度はかなり高いですけれどね。
 それにしても、そういう人、少なくとも「人間」ではないのでは…と、個人的には感じてしまいます。
 おそらく、他者からの評価も、低いでしょうね。

なかなか 谷澤先生のお話をうかがう機会を作れないわたしとしては
とっても羨ましい記事です。
わたしもいつか、なにかしら??の講座に出てみたいなあ~、って切に思ってます。

 つぼみさん、こんばんは。

 今回の講座は、とっても実りあるものでした~!
 もっとも、これから実践して、「身にしみこませる」必要がありますけれどね。
 今日も、アサーティブな言い方になっていなかったことがあって、反省、です。
 次の応用は…基礎を修了した人が対象なので、ちょっときついかもしれませんが、つぼみさんもいつか、講座に出て、いろいろと学ぶ機会がもてれば…と、思います。

 なお、谷澤さんは、個人的なブログもやっています。
 http://tanizawa-k.jugem.jp/
 いつも、考えさせられる記事ばかりで、とっても魅力的なブログだと思います。
 もしよければ、訪問してみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/52589846

この記事へのトラックバック一覧です: アサーティブの講義:

« 飲みすぎ注意 | トップページ | 完熟ぶどう&カルピス »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE