新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« スコール 長野産巨峰 | トップページ | ウィルキンソン ドライコーラ »

山崎10年 ボトル買い

 先日、ホテルで飲んだ、山崎の12年が非常に美味しかったため、もう一度飲みたいと思っていました。
 そこで、週末に探してみたのですが…これが、高い!
 なんと、7千円近い金額で、とても手が出ませんでした…。

 そこで購入したのが、山崎の10年のほうです。
 こちらでも、3千円以上と、かなり高価なのですが、それでも12年に比べれば、かなり安いですからね。
 2年の差…果たして、どれだけの差なのでしょうか…?

Imgp1842

 お店によって、売っている形が違っていました。
 私が購入したのは、ドンキホーテで、こちらは箱に入った形での販売。
 他のお店だと、瓶の状態で販売しているところもありました。
 箱がつく分、ちょっぴり高級感を感じられるかも?

Imgp1843

 ウイスキーの分類としては、シングルモルトに分類されます。
 これは、一つの蒸留所で作られたものを、瓶詰めしたものということらしいです。
 他には、一つの樽から作られたもの(シングルカスク)、幾つかの蒸留所で作られたものをブレンドしたもの(ヴァッテッドモルト)などがあるらしいのですが…初心者の私では、おそらくその差を実感するのは、困難でしょうね…。

Imgp1844

 そして、中身の瓶です。
 最近、写真を撮るときに、なぜか傾いてしまう癖があって…。
 ご了承ください。

 この形で売っているお店も、結構ありました。
 まあ、外箱が必要な人ばかりでは、無いですからね。
 それにしても、40度のお酒が、700mlとなると、見た目にも圧巻です。

Imgp1845

 最初の一杯は、ぜひストレートで…と、最後のほうに記載されていますが、私みたいに弱い人には、とても無理です(笑)。
 なめるようにしてみましたが、やっぱり度数が高すぎて、ちょっとむせかけました。
 まあ、他のウイスキーに比べたら、圧倒的にクセは少ないですけれどね。

 飲んでみての感想は…2年の差、やっぱりあるようでした。
 10年のこちらのほうが、まだ「角がある」ような感じで、ちょっぴりウイスキーのクセが残っているような感じです。
 わずか2年の違いで、まろやかさに差が出るとは…ウイスキー、恐るべし。
 だからこそ、倍以上の値段の差があるのでしょうけれどね。

 とはいえ、他のウイスキーに比べたら、この山崎の飲みやすさは…郡を抜いていると思います。
 といっても、今までに飲んだウイスキー、せいぜい3~4種類なのですが、どれも癖があって、非常に飲みにくく、個人的には苦手なお酒でした。
 それに比べると、まさに別物という飲みやすさは、山崎特有なのかな…と、感じました。

 とりあえず、この一本、どのくらいもつのやら…。
 下手をすると、私の場合は、一年以上もつ可能性、ありますからね。
 冷蔵しないでも、大丈夫らしいのですが、とりあえず冷蔵庫に入れて、ちびちび飲もうと思っています。

« スコール 長野産巨峰 | トップページ | ウィルキンソン ドライコーラ »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

買っちゃいましたか!

おいしいウイスキーは本当においしいんでしょうね。

一番高いウイスキーは「オールド」しか飲んだことないので、

山崎のおいしさは想像もつきません(>_<)

こんばんは。
酒好きとしてはたまらない話題ですね。
ちゃんとウイスキーの「角」が分かるのは凄いです。
酒という物は味わってナンボ、楽しんでナンボですからね。
量が飲めなくてもちゃんと楽しめるのなら良いことだと思いますよ。

美味い酒が高いというのはもう定番かと。
やっぱり素材にしろ、手間にしろ、技術にしろ、ある程度以上のものを望めば
それなりにお金がかかってしまうのは仕方がないところ。
むしろ良い酒は幾ら金をつぎ込んでも飲みたくなります。
一杯目はストレートというのは、やっぱりお約束ですな。
ロックで飲むのもいいですが、あの燃えるような味わいを楽しみたいですよ。
あー、久しぶりにウィスキーが飲みたくなってきた。

今日はこれで失礼します。

 こんばんは☆こねこです♪

 あらっ!
 今度はウイスキーにハマってしまいましたか(笑)。

 お兄ちゃんは、量はあまり飲めなくても、やっぱりお酒は合ってるんじゃないですか?そういう人ってけっこういますし。

 私は・・・強くない上に合ってないので、おとなしく「プチデビル」でやり過ごします(笑)。

 それにしても、やっぱり高いんですね。
 お酒なので安いものはないでしょうけど、1年も持たせたなら安くなりそうですね☆

 ねこでした。ニャン☆

 スマッシュさん、こんばんは。

 他のところで、3千円台後半~4千円台なのに対して、ドンキホーテだと、3千100円で、お釣りが来る値段。
 この安さに、思わず手が出てしまいました(笑)。
 やっぱり、山崎は、他のウイスキーよりも、クセが少なくて美味しいです!
 もっとも、先に12年を飲んでしまったのは、失敗だったかも…(苦笑)。

 オールド、あれも歴史のある、いいウイスキーですよね。
 山崎も、ベビーボトル(180ml)ならば、千円ちょっとのものが売っているので、それで味見してみるのも、いいかもしれません。

 toraboさん、こんばんは。
 そちらのほうに、なかなか訪問できなくて、申し訳ありません~!

 酒好き…といっても、浮気性で、いろんなお酒を飲んでいますけれどね。
 その中でも、ウイスキーは、やっぱり「大人の酒」だと思います。
 まあ、最近はハイボールの復活で、若者も飲んでいるようですが…。

 美味しい酒が高い…というのもあって、むしろ初心者ほど、それなりの値段の商品を飲むべきなのかな?と、個人的には感じます。
 安いものは、やっぱり味がいまいちなので、それで敬遠してしまう可能性、高いですからね…。
 私が、まさにそうでしたから。
 山崎を飲んで、ようやくウイスキーというお酒に対して、美味しいものもあると、認識しましたし…。

 ストレートで…本当は、やってみたいのですが、やっぱり度数が強くて、ちょっとむせてしまいました。
 なめるようにして、少量ずつ飲むのであれば、それはそれでありなのかもしれませんが。
 お酒に弱い私の場合は、水割りや、ハイボールのほうが、向いているようです。

 こねこさん、こんばんは。

 ウイスキー、まさか私が飲む日が来るとは、思いませんでした。
 他の安いウイスキーを飲んで、癖があって美味しくないと、敬遠していたので…。
 量こそ飲めないものの、私は結構、お酒は好きだったりするので、これはこれでありなのかもしれません。

 値段は…まあ、日本製の高級ウイスキーの、代名詞ともいえる、山崎ですから。
 10年でこの値段ですが、最高級の25年物だと、なんと10万円くらいしますよ~!
 さすがに、一生に一度の贅沢としても、その金額は出せません…(苦笑)。
 まあ、一瓶で、おそらく半年以上もつと思うので、それで3千円だったら、むしろコストパフォーマンスは、非常にいいという計算になりますけれどね(笑)。

(*´∀`)ノ゙こんばんゎ~★
へーたった2年の違いでそんなに異なるの??
すごいねえー生きてるのね(´▽`*)アハハ

 さとちんさん、こんばんは。

 2年の違いで、これだけの値段の差なのですから…もっと長い年月のものになると、加速度的に値段は跳ね上がります。
 18年というものもあったのですが、お値段なんと、2万円!
 12年から、4年加わることで、倍以上の値段になるのですが、それだけ味の深みも増すので、当然なのかもしれません。

 ちなみに、樽で寝かせないと、熟成は進みません。
 家で瓶を寝かせていても、香りが飛ぶだけ、です(笑)。
 まあ、未開封だと、10年くらいは大丈夫らしいですけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/52542102

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎10年 ボトル買い:

« スコール 長野産巨峰 | トップページ | ウィルキンソン ドライコーラ »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE