新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« はがないのゲーム 追記 | トップページ | かぎかっこ »

「絆」の乱用

 諸般の事情により、「明日」の朝の記事は、お休みさせていただきます。
 (また、しばらく「自重」することにします…こんな風に、「人を軽んじる」ことは、自分自身が一番許せないことですからね…)

 (上記は、一部修正されています。
 「今」の私は、いろいろと更新したいので。
 そして、その「更新」が、一番「癒される」状態なので、ご了承ください。2月17日追記)

 この記事は、某所で書かれた記事の、「引用」になります。
 ただ、「私なりの解釈」が入ってしまっているので…もし、「原典」を知りたい人は、リンクからたどってください。
 この記事は、見なくてもかまいません。

 某所のブログの記事(少し古いものになってしまいました…自戒の気持ちで、いっぱいです)に、「きづな」という新党が発足したという記事がありました。
 また、同時に自民党のポスターにも、「絆」という文字が記載されていたのです。

 そして、そのことに対して…私は、激しい憤りを覚えました。
 「二大政党」が、どちらもこの「絆」という、大事な言葉(去年の「一文字」ですからね)をこんなにも軽んじているということは…正直、ぞっとするしかありません。
 以前、toraboさんが「どちらの政党を選んでも、地獄である」ということを述べましたが…その言葉が、これほどまで「当てはまる」とは、思いませんでした。
 どちらも、「国民」のことなんて、全く考えておらず、ただの「馬鹿な存在」として捉えているというのが、この事態を見れば、分かると思います。
 つまり、「流行語を使えば、国民はこちらのほうになびく」ということを。

 かといって、「それ以外の党」が、国民の味方かと問われると…激しく疑問ですけれどね。
 ですが、少なくとも私は、「この二つの党には、死んでも投票したくない」こと、および「その二つの党に投票する人は、可能な限り「考えて欲しい」(考え直して、ではありません)」ということを、ここに述べさせていただきます。

« はがないのゲーム 追記 | トップページ | かぎかっこ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176760/54001082

この記事へのトラックバック一覧です: 「絆」の乱用:

« はがないのゲーム 追記 | トップページ | かぎかっこ »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE