新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

キリン 世界のキッチンから 晴れ茶

 ローソンの、2月24日のお試し引き替えで、手に入れた商品です。
 129円(税込)のところ、メルマガ会員限定の30ポイント(通常50ポイント)でした。
 値段がほかのペットボトル飲料より、若干安いため、通常時の必要ポイントも下がっており…少しお得感は薄いかもしれません。
 とはいえ、久しぶりの「世界のキッチンから」の新商品なので、楽しみです。

Imgp1073

 こちらが、商品です。
 緑茶とハーブのきりっとブレンド…どんな味なのか、楽しみです。
 ギリシャの知恵からということで、普通のお茶とは少し異なる方向性が楽しめそうですからね。

Imgp1074

 濃い緑茶と冴えるハーブ…ということは、少しカフェインが強めなのかもしれません。
 寝る前に飲むのは、避けた方が無難かな?と感じました。
 ギリシャでは、料理にハーブをたっぷり入れるという習慣があるようで…それにちなんで、日本の緑茶とレモングラス、ミント、ローズマリー、ゼラニウムをブレンドしたようです。

Imgp1076

 表記としては、レモングラスとペパーミントは「エキス」と記載されていますが、残りの二つは「香料」に含まれると思われます。
 内容量が500mlと、しっかり入っている点が、ありがたいと感じました。

Imgp1077

 カロリーゼロは、かなりありがたいです。
 普通の料理と一緒に食べたり、スイーツのお供にするのにも、向いているかな?と思いました。
 カフェインの量が記載されていない点は、少し気になりますけれどね。

Imgp1079

 グラスに注ぐと…見た目は、通常の緑茶とほとんど変わりません。
 ですが、ミントなどの爽やかな香りが漂い、明らかに普通の緑茶とは異なることが、実感できます。

Imgp1080

 やや上から撮影しました。
 緑というよりは、茶色っぽい感じで…高温で抽出したのかな?と感じました。

 飲んでみると…すっきりしたハーブの香りが、気分を引き締めてくれそうです。
 緑茶の味も濃く、ハーブの香りに負けていません。
 ハーブティーが苦手な人には、癖が強くあるように感じられるかもしれませんが…ハーブティーが好きな私としては、こんなに緑茶とハーブ、相性が良かったのだな…と、驚きを隠せませんでした。

 個人的に、ツボにはまった商品です。
 これは、リピ確定だと感じました。

モンテール 京都宇治お抹茶エクレア

 母が、久しぶりにモンテールの商品を買ってきてくれました。
 京都宇治の、お抹茶…去年似たようなコンセプトで、シュークリームを食べた記憶があります。
 http://mark.cocolog-tnc.com/blog/2014/02/post-ddd4.html
 それが結構美味しかったので、今年のこのエクレアも、かなり期待できそうです。

Imgp1054

 こちらが、商品です。
 値段はレシートをもらい忘れてしまったため、不明ですが…高くても120円程度だと思われます。
 低価格で一定のクオリティーというのが、モンテールの特徴の一つですね。

Imgp1055

 抹茶の味わいを引き立てるため、白餡を合わせているのも、去年同様です。
 この時期の風物詩になっているのかもしれませんね。

Imgp1057

 裏面にまで、記載されていました。
 そこまで強調しなくても…と、少しだけ思ってしまいます(笑)。

Imgp1058

 カロリーは、209キロカロリーです。
 サイズがそれほど大きくないため、控えめな値になっています。

Imgp1059

 添加物は、ある程度使われているようで…その点は、コンビニスイーツと同じですね。
 気になる人は、気にする所だと思うので、写真を撮りました。

Imgp1061

 天然の抹茶を使用しているため、チョココーティングの色が変わる場合があること、茶褐色の生地の一部が袋に入る場合があることが、記載されていました。

Imgp1062

 袋から出すと、こんな感じです。
 上全体に、抹茶チョコのコーティングがされています。

Imgp1063

 横からだと、こんな感じです。
 手で持つところがあるので、ある程度安心して食べられます。
 ちなみに長さは15センチくらい、幅は太い部分で4センチで、高さは3センチくらいでした。

Imgp1064

 カットすると、こんな感じです。
 隙間無く、しっかりとクリームが詰まっているのが、分かります。

 食べてみると、抹茶の味をしっかり感じられる商品でした。
 とはいえ、苦すぎるということも無く、どちらかといえば庶民的な味に仕上げられています。
 味のバランスが良く、やっぱりモンテールはそのあたりのバランス調整がうまいと感じました。
 白あんをつかっているためか、抹茶が主張しすぎないため、子供でも食べられる味だと思います。

 予想通り、美味しい商品で…良かったです。
 2月の新商品だと思うので、お求めはお早めに、です。

心身不調で

 今日は、精神科とカウンセリングに行ったのですが…どちらでも精神を削られるようなことがあり、疲れ果ててしまいました。
 カウンセリングの道中も、かなりの距離があり…肉体的にも限界の状態で、家に帰ってからしばらくは、動けないほどに疲弊しきっていました。

 今もまだ、精神的におかしな状況が続いています。
 そのため、巡回などは明日行うことにして、休ませていただきます。
 誠に申し訳ありませんが、ご理解いただけるよう、お願いいたします。

ローソン スプーンで食べるレモンケーキ

 ローソンで、美味しそうな商品を発見しました。
 スプーンで食べるレモンケーキ…普通のレモンケーキと、少し異なるようです。
 ほかのブログでの評価も高かったため、購入してみることにしました。

Imgp1038

 こちらが、商品です。
 かなり大きなパッケージですが、中身は小ぶりなため、あえて小さな皿の上に乗せることにしました。
 値段は150円(税込)と、そこそこの価格です。

Imgp1041

 瀬戸内産のレモン果皮と、純生クリーム入りホイップクリームの組み合わせです。
 「入り」ということは、純生クリームと、植物性のものを混ぜてあるのでしょうか…?
 ちなみにこの商品は、チルドのコーナーに置いてある商品で、右下にも「要冷蔵」の文字が記載されています。

Imgp1042

 カロリーは、228キロカロリーです。
 チルドスイーツとしては、それほど高くないかな?と感じました。

Imgp1043

 原材料の最初に、糖類がずらりと並んでいます。
 また、植物油脂も使われており、マーガリンかホイップのどちらかが、該当するのだろうな…と感じました。
 添加物も色とりどりで、コンビニスイーツらしいです(笑)。
 製造者は、フレシュールとなっており、プレミアムロールと同じ会社でした。

Imgp1045

 袋から出すと…こんな感じです。
 ちなみに、袋に入った状態と、同じ皿を使っているので…中身の小ささが、よく分かると思います。
 一応長さは、とがった部分で9センチ、幅は5.5センチ、高さは4センチあるので、極端に小さいというわけではないのですが…。
 楕円形なので、体積はそれほどでは無いのかな?と思います。

Imgp1051

 カットすると、こんな感じです。
 かなりしっかりと、ホイップクリームが入っていて、なかなか美味しそうです。

 食べてみると…まず感じたのが、レモンの風味の強さでした。
 周りのチョコレートやスポンジには、レモンの味を感じないため、クリームの部分のレモン風味が、かなりしっかりしているのだと思われます。
 ホイップもなめらかで、スポンジもしっとりして美味しく、通常のレモンケーキとは全く異なる商品だと感じました。
 要冷蔵という点は弱点ですが、こちらの方が明らかに、美味しいと思います。

 予想以上にレベルが高くて、大満足でした。
 もっともスプーンで食べるには、プラスチックの付属のものでは無く、金属製のスプーンを使わないと、周りのチョコレートコーティングを崩すのが難しいと思いますけれどね。
 

ファミリーマート 俺のどら焼き

 ファミリーマートで、俺のシリーズの、変わった商品を発見しました。
 常温のコーナーにある…どら焼きです。
 以前、常温のワッフルがいまいちだった記憶はありますが、俺のシリーズはわりと好きなので、試してみることにしました。

Imgp1028

 こちらが、商品です。
 値段は150円(税込)で、シールを剥がそうとしたのですが、うまくいかず…この形で失礼します。
 色が真っ黒で、普通のどら焼きとは明らかに異なるのが、一目で分かります。

 ちなみに、今回から実家にあった撮影セットをアパートに持ってきて、そちらで撮影しています。
 やっぱり専門の道具を使った方が、見栄えがいいな…と、個人的には感じました。

Imgp1029

 中に入っているのは、黒ごまあんと…黒ごまもち?!
 なにやら不思議な組み合わせで、どんな感じになるのか、興味津々です。

Imgp1030

 炭末色素という文字があり、どうやら皮の部分の黒さは、炭をつかって出しているようです。
 コンビニの商品にしては、比較的原材料がシンプルかな?と感じました。
 製造者は、米屋という会社で…私の記憶では、初めてだったと思います。

Imgp1031

 俺のシリーズだけあって、カロリーは307キロカロリーと、やや高めです。
 まあ、ずっしりとした重量感があったので、ある程度覚悟していましたけれどね。

Imgp1032

 脱酸素剤を入れることで、かなり長期にわたる保存ができるよう、工夫されているようです。
 買ってしばらく経ってからの紹介ですが、それでも3月半ばまで、賞味期限がありましたからね。
 買い置きに、いいかもしれません。

Imgp1033

 袋から出すと…まさに、真っ黒です。
 ちなみに直径は、約9センチくらいあって…ボリュームがあります。

Imgp1034

 横からだと、こんな感じで…かなり厚みがあります。
 調べてみたら、3センチくらいあって…通常のどら焼きよりも、かなり分厚いという印象を受けました。

Imgp1037

 カットすると、こんな感じです。
 真ん中に餅の部分があったため、包丁がうまく入らず、下の方が崩れてしまいました。
 普通は切ったりせず、そのまま食べると思うので、この点は仕方ないと思います。

 食べてみると…ごまの風味が、非常に強いです。
 ごまのあんも濃厚ですが、更に餅が入ることで、より濃さが増しているように感じました。
 餅の部分のびよーんと伸びる、独特の食感もおもしろく、個人的にかなりいい商品だと思いました。
 俺のシリーズの場合、質より量というイメージがあったのですが…この商品はボリュームよりも、味の方に特徴があると思います。

 ごまが好きな人は、要チェックの商品だと思います。
 値段がそれほど高くないので、手を出しやすいという点も、ありがたいと感じました。

スリーエフ もちぽにょ まっちゃみるく

 東京旅行の際に、スリーエフというコンビニを発見しました。
 カカ男さんが、時々ここの商品を紹介していて、ずっと美味しそうだと思いつつ、こちらに店舗が無いため諦めていたため、入ってみることにしました。

 スイーツのコーナーは…あまり品揃えが良くなかった(私が行った店舗が、たまたまそうだったのだと思いますが…)のですが…お目当てだった、もちぽにょという名前の商品があったため、試してみることにしました。
 本当は、普通の味から試したかったのですが…この商品しか無かったため、こちらを選びました。

Imgp1017

 こちらが、商品です。
 ホテルの一室で撮影したため、写真が見づらいのは、ご勘弁願います。
 人気があったため、復刻されたということで…少し楽しみです。
 値段は、120円(税込)でした。

Imgp1018

 カロリーは…非常に読みにくいですが、199キロカロリーです。
 チルドスイーツの中では低めですが、サイズが小さい(5センチくらいだったと思います)わりには、意外と高いと感じました。

Imgp1019

 コンビニスイーツらしく、添加物の固まりです。
 これは、やむを得ないと思いますけれどね。

Imgp1020

 製造者は、プレシアという会社でした。
 こちらではあまり見かけない名前ですが、そこそこ大きな会社なのかな?と思います。
 どこかで目にしたような記憶も、ありますし…。

Imgp1022

 フラッシュ無しで、撮影してみました。
 部屋が暗かったため、こんな感じになります。

Imgp1021

 逆に、フラッシュを使うとこんな感じで…調節が難しいです。
 画像編集などの技術があれば、ある程度何とかなったのかもしれませんが…。

Imgp1025

 中には、こんな感じで抹茶クリームが入っています。
 かなりたっぷり入っているようで、どんどん流れ出てしまい、焦りました。
 それだけなめらかだということ、でしょうね。

 味の方は…皮の部分は、もっちりしていて結構美味しかったです。
 クリームの方は、抹茶「風味」という感じで、それほど抹茶の味は強くないため、子供でも安心して食べられるかな?と思いました。
 逆に言えば、ちょっと癖がなさ過ぎて、物足りなさを感じるということもあり…私の場合はそちらに近い感想でした。

 ノーマルのこの商品があれば、試してみたかったところです。
 おそらくこれよりも、味のバランスが良かったでしょうからね。

セブンイレブン カカオ香るショコラロール

 kettsuさんのブログで、美味しそうな商品が紹介されていました。
 http://blog.livedoor.jp/kettsu/archives/55129774.html
 カカオ香るショコラロール…この時期ならではの商品だと思います。
 なかなか手に入れる機会が無く、ようやく手に入ったため、紹介したいと思います。

20150211_190247

 こちらが、商品です。
 値段は195円(税込)と、ちょっと高めですが…kettsuさん曰く、ローソンのフォンダンショコラよりも美味しかったとか。
 これは、期待できそうです。

20150211_190254

 裏を見てみると…添加物はそれなり、でした。
 製造者は、プライムベーカリーで…静岡のセブンイレブンでは、おなじみの名前です。
 カロリーは、さすがにチョコレートということも有り、307キロカロリーと高めでした。

20150211_190300

 かくし味はこだわりカカオのチョコカスタードと、ひっそり記載されています。
 裏面ということも有り、気がつかない人も、いるかもしれませんね。

20150211_190334

 袋から出すと…こんな感じです。
 ローソンのものと比較すると、スポンジの部分が多めなのが特徴です。
 スポンジが美味しいため、これはこれで有りだと思いました。
 ちなみにサイズは、長い方が10.5センチ、短い方が8.5センチの楕円形で、高さはだいたい2.5センチくらいでした。

20150211_190354

 横から、スポンジを撮影しました。
 チョコレートの粒が、スポンジに練り込まれているようです。

20150211_190400

 クリームを拡大しました。
 おそらくチョコカスタードは、スポンジとホイップ状のクリームの間に、塗られているのだと思われます。

20150211_190756

 スプーンを入れて、食べてみることにしました。

 一口目から気づいたのが、チョコの濃厚さです。
 ただ、個人的にはなんだか、無理矢理凝縮したような感じがして、ちょっと濃すぎるように思いました。
 また、クリームの食感が、ねっちょりとしており、それも異様な濃さを感じた理由の一つだと思います。
 スポンジの味は良かっただけに、ほかの部分が少し、気になる感じで…私はフォンダンショコラの方が、好みかな?と思いました。

 おそらく今日までの販売だと思われます。
 お求めの際は、お早めに。
 

旅に出ます

 探さないでください…。

 というのは冗談ですが、心身共に限界に近い状況なので、少しのんびりしようと思い、祝日を利用した形で、旅行をすることにしました。
 今回は、ひたすら心身をリラックスさせるのが目的なので、ホテルにも早めにチェックインして、ゆっくり休むことを重視しようと思っています。
 家だと、どうしても洗濯や掃除、食事の用意など、やることが多くて…気が休まらないところが結構ありますからね。

 休養が目的なので、巡回は基本的に、行わないつもりです。
 申し訳ありませんが、ご了承ください。
 また週末に、巡回を行おうと思います。

ローソン 温めて食べるフォンダンショコラ

 ローソンで、美味しそうな商品を発見しました。
 温めて食べるフォンダンショコラ…以前、ビアードパパのものを食べたときは、いまいちだと思ったのですが…別の会社の商品をもう一度試してみようと思い、購入してみました。

Imgp1008

 こちらが、商品です。
 値段は240円(税込)と、そこそこ高価な商品でした。
 温めて食べることが前提となっているため、電子レンジでどれだけ温めればいいのかが、パッケージに記載されています。

Imgp1009

 商品名としては、フォンダンショコラで登録してあるようです。

Imgp1010

 最初の内は、比較的まともな原材料が並ぶのですが…どんどん怪しげなものが増えていき、さすがコンビニスイーツだと感じました(苦笑)。
 ある程度は、やむを得ないですけれどね。

Imgp1011

 製造者は、フレシュールでした。
 プレミアムロールと同じ会社で、安心感があります。
 カロリーは、286キロカロリーとやや高めですが、チョコレートなのに300以下であるというのは、ありがたいところだと感じました。

Imgp1012

 蓋を取ると…きれいな白いハート型の粉砂糖が、デコレーションされています。
 上にフィルムがかけてあるので、剥がしてみました。

Imgp1013

 こんな感じになります。
 見た目がおしゃれなので、ちょっとした手土産にぴったりだと感じました。
 もっとも、値段が明記されているので、正式なものとしては不向きですけれどね(笑)。
 サイズは、直径が6センチ、高さが2.5センチ強という感じでした。

Imgp1014

 レンジで温めること、30秒…状態が一変しました。
 周りがとろりとした状態になり、粉砂糖は完全に溶けています。
 まるでクリームのような状態になっており、濃厚な味が楽しめそうです。

Imgp1015

 横からだと、こんな感じです。
 ほかのブログで知ったのですが、チョコレートのクリームが中に入っており、それが吹き出すような作りになっているようでした。
 かなり凝った作りの商品だと思います。

Imgp1016

 テーブルに移し、スプーンですくって食べてみることにしました。

 まず、外側のチョコレートソースは、熱くなっていて…チョコレートの風味を非常に強く感じます。
 洋酒も効いており、大人向けのチョコレートの味だと感じました。
 そして、スポンジの部分も濃厚なチョコレートが使われており、食感の違いを楽しむことができます。
 チョコレート好きの人には、たまらない商品で…温めて食べるということからも、今の時期にぴったりだと感じました。

 とっても美味しくて、大満足です。
 チョコレートが好きな人に、ぜひ試してもらいたい商品ですね。 

日清ヨーク はたらく乳酸菌バナナ

 ローソンの、1月30日のお試し引き替えで、手に入れた商品です。
 113円(税込)のところ、メルマガ会員限定の20ポイント(通常40ポイント)で、手に入れました。
 久しぶりに、メルマガ会員のお得さを実感できて、うれしいです。

Imgp1000

 こちらが、商品です。
 乳酸菌とバナナ…この組み合わせで失敗する方が、難しいと思うくらい、相性抜群の組み合わせだと思います。
 これは、期待できそうですが…果汁は1%と、控えめでした。
 バナナはそれほど高い果物では無いので、もう少し入れてくれても…という思いがあります。

Imgp1001

 このロゴと、この文章も、すっかりおなじみになりました。
 逆に言うと、これ以外の商品(カップヌードルを除く)で、これが付いていると違和感を感じるということではありますけれどね(笑)。

Imgp1002

 腸内の細菌バランスを整えるために、毎日飲むというのが勧められていますが…値段がちょっと、ですね。
 まあ、100円ちょっとなので、お昼を節約すればできなくは無いでしょうが。
 カロリーは、100グラムあたり50キロカロリーと、やや高めです。

Imgp1003

 ぶどう糖が一番多く含まれており、次にバナナ果汁のようです。
 かなり甘いことが予想されますが、果たして…?

Imgp1006

 今回、コースターを下に敷いた状態で、撮影してみました。
 こちらの方が、何となく引き締まったような感じを受けます。

Imgp1005

 角度を変えると、こんな感じです。
 黄色い色は、カロチン色素で出しているよう0でした。

 飲んでみると…優しい味がします。
 乳酸菌特有の酸味が、バナナによって和らげられ、非常に飲みやすい商品になっています。
 甘くて、これは万人受けしそうな味だと感じました。
 バナナが好きということもあり、今まででもトップクラスの出来だと感じた商品です。

 今回のこれは、大当たりでした。
 次はどんな味なのか、とっても楽しみです。
 

エルビー 生クリーム&カルピス 2015年1月

 ローソンの、1月31日のお試し引き替えで、手に入れた商品です。
 130円(税込)のところ、40ポイント(会員価格無し)で手に入れました。
 エルビーのこのシリーズは、ややポイントが高めですが、美味しいことが多く…楽しみです。
 調べてみると、去年の7月18日にも、お試し引き替えで出たことがあるようで…定番商品といっても過言では無いでしょうね。
 http://mark.cocolog-tnc.com/blog/2014/07/post-c48c.html

Imgp0992

 こちらが、商品です。
 今回、青いフェルトを洗ってしまっており、急遽白いもので代用しました。
 カルピスなので、あまり良くない選択肢だとは、分かっていたのですが…。
 100円均一で、もう一つ手に入れておこうと思います。

 生クリームとカルピスの、なめらかなおいしさ…かなり期待できそうです。
 この組み合わせで失敗する方が、おかしいでしょうからね。

Imgp0995

 オリジナルカフェスタイルという、シリーズの一つのようです。
 カルピスのロゴが入っているので、エルビーの商品だと気づかない人も、いるかもしれませんね。

Imgp0996

 おまけに、ホームページへのリンクが、カルピス本社のものになっているのですから…。
 ちょっとエルビーが、かわいそうだと思います。
 カロリーは100ml当たり、43キロカロリーと、ペットボトル飲料と同じか少し低めかな?というレベルで…生クリームが入っていることを考えると、驚くべき値です。

Imgp0993

 低カロリーなのは、甘味料を使うことで調節しているから、のようです。
 癖が気になる人は、避けた方が無難かもしれませんね。
 私は大丈夫なので、問題ないのですが。
 この面には、しっかりエルビーがカルピスからライセンスを受けて製造・販売しているということが、記載されていました。

Imgp0998

 グラスに注ぐと…見た目は牛乳みたいな感じです。
 バックが青ならば、よりはっきりしたのでしょうが…普通のカルピスよりも、明らかに色が濃いことが分かります。

 飲んでみると…濃厚な味が楽しめます。
 プレミアムカルピスよりも安価なのに、似たような濃厚さなので、個人的にはこちらの方が好みだと感じました。
 もっとも甘味料の味に対して、抵抗を感じる人にとっては、向かないと思いますけれどね。
 レベルの高い商品であり、何度もお試し引き替えの対象になるのも、十分納得できる商品でした。

 この味は、本当にいいと思います。
 まだ飲んでいない人は、ぜひ試してみてください。

ヴィドフランス ふんわり苺のホワイトケーキ

 富士駅の構内に、ヴィドフランスというパン屋が入っています。
 元々はキヨスクだったのですが、場所を変更&縮小した上で、こちらをメインにしたようです。
 そこで、美味しそうな商品が、紹介されていました。

 それが、このふんわり苺のホワイトケーキです。
 1月に購入したもので、写真がでかでかと掲載されていたため、期待できそうだと思い、試してみることにしました。

Imgp0982

 こちらが、商品です。
 値段は216円(税込)と、かなり高価な商品でした。
 苺をカットしたものと、苺ジャムが見て取れます。

Imgp0983

 箱から出してみました。
 粉砂糖がふられており、確かにホワイトという言葉がふさわしいです。

Imgp0984

 横から撮影しました。
 どうやら、デニッシュ系の生地を、カップの中に入れたもののようです。
 直径は8.5センチ、高さは6.5センチと、結構大きめのサイズでした。

Imgp0985

 カットしてみると…あれ…?
 中は、単なる空洞になっていました。
 てっきり、カスタードクリームなどが入っていると思っていただけに、期待外れです。

 食べてみると…単なるパンでした。
 甘みが強く、ねっちょりした食感で、あまり美味しくありません。
 苺のジャムや、苺自体もそれほど質の高いものを使っているというわけではなさそうで…見た目だけはいいものの、値段に見合う商品とは思えませんでした。

 高かっただけに、期待した分、裏切られた感じが強いです。
 こんな商品を、大々的に広告するというのは、ちょっとひどいのでは…と思ってしまうレベルでした。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE