新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

壊れゆくカバン

 2009年の、2月の記事で、皮製のカバンを購入したというものが、掲載されています。
 そのカバン、ずっと愛用してきて、3年目になるのですが…だんだん、壊れてきてしまいました。

 まず、表面に多数の傷がついてしまいました。
 沼津に勤めていた頃の、職場のロッカーが、異常に狭く、そのためどうしてもカバンを入れようとすると、こすれてしまったのです。
 まあ、これは使っている以上、やむをえないことなので、我慢していたのですが…。

 次に、ファスナーのところに、穴が開いてしまいました。
 ファスナーの部分は、どうしても皮ではない部分が存在するのですが、その部分に小さな穴ができてしまい、水がそこから入ってしまうように。
 もっとも、これもほんの少しだったため、まだ耐えられる範疇でした。

 そして、昨日発生したのが…ファスナーのところにある、皮の取っ手が、切れてしまったのです!
 まさか、そこまで経年劣化しているとは…思いませんでした。
 もっとも、相当細いものだったため、いつかは壊れるだろうな…と思いながら、使っていたのですけれどね。

 とりあえず、近日中に、何か別のもの(キーホルダーなど)をつけておかないと、ファスナーの開け閉めが難しくなってしまいそうです。
 応急措置として、そうするつもりですが…カバン自体も相当くたびれているので、そろそろ寿命なのかもしれません。
 毎日欠かさず持ち歩いたアイテムなので、とっても愛着があるのですが…。
 新しいカバンを探す必要性、ありそうです。

カバンの購入

 先日、静岡に行った理由のメインは、サロン・デュ・ショコラですが、それ以外にもいくつか目的がありました。
 そのうちの一つが、「カバンを購入すること」です。
 ナップサックを愛用していたのですが、そろそろ「大人向け」のカバンを持たせたいと、親が常々考えていたようで…。
 私自身は、背広にナップサックでも、問題ないと思っていたのですけれどね。

 何度か、かばん屋に足を運んだものの、これといった商品は見つからず。
 静岡にならば、もしかしたらいいものがあるかもしれない…ということで、両親が下見に行きました。
 そして、その結果、いくつかの候補が見つかって、静岡に行ったときに見てみることになったのですが…。

 入って、一つ目の候補を手に取った途端、ピンと来ました。
 これは、私が持つために作られた…というと、少し大げさですが、そのくらい、「相性」が抜群だったのです。
 他の候補も、いくつか見てみたものの、最初のインパクトには敵わず、結局そのカバンを購入することにしました。

Ca341546

 これが、そのカバンです。
 皮製、国産で、広がりがあって、ショルダーにも手提げにもできると、自分の思っていた条件全てを満たした、一品です。
 もっとも、値段のほうも、予想より5割増しくらい、高価でしたけれどね。
 ただ、3年間の間に、もし壊れたら、無償で修理するという「保証書」がついた位ですから、品質は間違いないものだと思います。

 ポケットの数も、結構あって、いろんなものが入るのも、好印象。
 一番外側のポケットには、携帯を入れて、すぐに取り出せますし。
 (携帯を入れる、専用のポケットが無かったのは、少し減点ですが…最近の携帯の形は多様化しているので、あえて作らなかったのかもしれません)

 お弁当のランチジャーが、すっぽり入るのも、嬉しいところ。
 他のカバンだと、どうしてもそれだけの幅が無かったため、形が崩れてしまうのが、難点でした。
 このカバンならば、そういうことも無いので、安心して持ち運べます。

 高価な買い物とはいえ、「一生使う」つもりで考えれば、十分元は取れるかも。
 大事に、愛用しようと思います!

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE