新ブログのアドレス

Twitter

  • Twitter

国籍取得における、民事局の矛盾!

 昨日は、「研修」がありました。
 基本的には、参考になることばかりで…非常に良かったのですが、一点、凄まじく「許せない」ことがあったため、急遽記事にします。
 おそらく、多くの人が、「共感」してくれると思うのですが…。

 国の機関、「法務局」(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/)の仕事の一つに、「国籍事務」というものがあります。
 これは、「外国人が日本人になるための手続き(帰化)」などなのですが…その中に、「届出による国籍取得」というものがあります。

 この関係は、平成20年に、大きく改正されました。
 今までは、「婚姻が要件だった」のですが、「認知だけで日本国籍が取得できる」ようになったのです!

 このことで、法務局の負担は、大きく増えました。
 婚姻の場合は、まだ「簡単にはできない」(重婚が禁止されていたり…)のですが、認知は「割と簡単にできる」のですから。
 当然、「偽装認知」などの問題も、出てきます。

 そして、その負担は…全て、法務局に丸投げ、なのです。
 国会の付帯決議で、「法務局がきちんと調査すること」、及び、「警察との連携を取ること」が条件だったので…。

 これだけならば、まだ許せます。
 しかし、最大の問題は、「血縁を確認するための、DNA鑑定が、要件とされていない」事なのです!

 当然、「偽装認知」を防ぐ、最大の方法は…「血縁であることを確認する」事だと思います。
 そして、そのために、現代最も有効な方法は、DNA鑑定であることは、ほぼすべての人に、理解いただけると思います。
 それにもかかわらず、「民事局は、むしろDNA鑑定をしたがらない」のです!!

 はっきり言って、「偽装認知を、推奨している」としか、私には思えません。
 その上で、「偽装だと分かったときは、すべて法務局が責任を負う」のですから…。
 しかも、その問題を「ナーバスなもの」と位置づけて、下手に問題提起すると、「民事局として、怒り出す」らしいのですから…もはや、呆れてものも言えません。

 こういう連中を、「給料泥棒」と呼ぶのだと思います!
 こんな民事局の連中を、のさばらせている現在の政権…。
 まさに、「まじめにやっている公務員を、コケにしている」と思います!

 もし、納得できる説明があるのならば、ぜひしてください。
 おそらく、「まともな説明は、期待できない」と思いますけれどね。
 そのくらい、民事局に対する不信感は、強いです…。

 今日のオススメ動画は、「なし」とさせていただきます。
 申し訳ありません。

「絆」の乱用

 諸般の事情により、「明日」の朝の記事は、お休みさせていただきます。
 (また、しばらく「自重」することにします…こんな風に、「人を軽んじる」ことは、自分自身が一番許せないことですからね…)

 (上記は、一部修正されています。
 「今」の私は、いろいろと更新したいので。
 そして、その「更新」が、一番「癒される」状態なので、ご了承ください。2月17日追記)

 この記事は、某所で書かれた記事の、「引用」になります。
 ただ、「私なりの解釈」が入ってしまっているので…もし、「原典」を知りたい人は、リンクからたどってください。
 この記事は、見なくてもかまいません。

 某所のブログの記事(少し古いものになってしまいました…自戒の気持ちで、いっぱいです)に、「きづな」という新党が発足したという記事がありました。
 また、同時に自民党のポスターにも、「絆」という文字が記載されていたのです。

 そして、そのことに対して…私は、激しい憤りを覚えました。
 「二大政党」が、どちらもこの「絆」という、大事な言葉(去年の「一文字」ですからね)をこんなにも軽んじているということは…正直、ぞっとするしかありません。
 以前、toraboさんが「どちらの政党を選んでも、地獄である」ということを述べましたが…その言葉が、これほどまで「当てはまる」とは、思いませんでした。
 どちらも、「国民」のことなんて、全く考えておらず、ただの「馬鹿な存在」として捉えているというのが、この事態を見れば、分かると思います。
 つまり、「流行語を使えば、国民はこちらのほうになびく」ということを。

 かといって、「それ以外の党」が、国民の味方かと問われると…激しく疑問ですけれどね。
 ですが、少なくとも私は、「この二つの党には、死んでも投票したくない」こと、および「その二つの党に投票する人は、可能な限り「考えて欲しい」(考え直して、ではありません)」ということを、ここに述べさせていただきます。

朝三暮四は当然!

 たまには、少しまじめな記事も書こうと思ったので、書いてみることにします。
 ちょっと硬い内容なので、興味の無い方は、読み飛ばしてください。
 また、私は経済学者でもなんでもない(専門は、法学です)ので、もしかしたら解釈を誤っている点があるかもしれませんが、ご容赦願います。

 中国の故事に、「朝三暮四」という言葉があります。
 これは、猿好きの人が、猿が増えて家計が苦しくなったため、えさを減らすことにして、それを猿に伝たとき…という設定の言葉です。
 猿に、「これからどんぐりを、朝3つ、夕方(暮)に4つやる」といったところ、猿は「少ない」と怒りをあらわにしたため、「それでは朝4つ、夕方に3つやる」といいなおしたところ、手をたたいて喜んだというエピソードになっています。
 このことから、結果は同じなのに、表面的な利害にとらわれることや、そのようにしてだますことを、朝三暮四と呼ぶようになったそうです。

 ところが…実は、猿の怒りは、当然なのです。
 なぜだか、お分かりになるでしょうか?

 会計を学んだ人ならば、ぴんと来るかもしれません。
 「キャッシュフロー」という考え方があるのですが、要約すると手元にいくらお金があるかということを現します。
 また、利益を得る機会があるにもかかわらず、その機会を逃すことを、「チャンスロス」といいます。
 そして、それらが非常に重要な意味を持つのです。

 朝4つどんぐりを持つということは、つまり活動する日中、4個の資本を持っていることになります。
 それを、たとえば別の猿のもっている、栗と交換したり、あるいは食べずにとって置いたりすることができるのです。
 逆に、夕方に4つのどんぐりを持っていたとしても、そういった機会は失われ、普通に食べるくらいしか選択の余地がなくなってしまうのです。
 (まあ、それをとっておくということもできますが…それでも、朝もらうのと、夕方にもらうのとでは、鮮度が変わってくると考えると、重要性がわかると思います)

 そう考えると、「取引の機会をもつことが出来る、朝のうちにどんぐりをもらう」ということは、非常に大きな意味を持つことになります。
 ゆえに、猿が後者で喜ぶのは、会計の視点からすると、非常に道理にかなったことだということが出来るのです。

 ちなみに、この理論は、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」という本の一項目を元に、自分なりにアレンジを加えて作ったものです。
 一時期ベストセラーになった本なので、読んだことがあるという方も、いるのではないでしょうか?
 かなり面白い本なので、もしまだ読んだことのない方がいるとしたら、ぜひ読んでみてください。
 (一応、アマゾンへのリンクを、ブログに掲載しておきます)
 
 

県知事選

 今日は、静岡県の知事を選ぶ選挙があります。
 私が入れる人は、すでに決まっているのですが…やり方がかなり卑怯だと思います。
 いったん政党から離れて、「無所属」になった後、再び復帰するというのですから。

 最低でも、投票所には、「どの党が推薦しているのか」を、明記するべきだと思います。
 今回、所属している党がある候補者は、共産党だけでした。
 ほかの候補よりも、ずっとフェアな態度で挑んでいると思いますよ。

 少なくとも、「自民・公明」の推薦候補にだけは、絶対に入れません。
 自民党も、公明党も、私は大嫌いですから。
 なぜ支持する人がいるのか、疑問になってしまいます。
 金でも渡されているのでしょうか…?

世界的少子化傾向?

 Wiiの、「みんなで投票チャンネル」で、ちょっと面白い結果が出たので、報告します。

 家にいる家族の数が、3人以下と4人以上で、どちらが多いかという投票だったのですが、なんと4人以上がわずかに上回ったものの、その差は2パーセント未満という、接戦でした。
 私たちが思っている以上に、世界的に少子化は進んでいるのかもしれませんね。

 ちなみに、少子化が叫ばれる日本ですが、今回の結果では、「4人以上」の国の方から、6番目と、国際的な目で見れば、比較的「大家族」の傾向があるということも分かりました。

 他の無作為抽出の結果ではなく、「ファミリー向け」の機種のイメージの強い、Wiiでこのような結果が出たということは、かなり着目すべきところだと思います。
 意外と、両親と子供だけの家庭、多いようですね…。

 ちなみに、3人以下の方が多数を占める国は、欧米諸国が中心。
 もしかしたら、少子化に加えて、子供が早く独立するという傾向も、この結果に影響を与えているのかもしれません。

義務

 今日は、統一地方選挙の、投票日です。
 個人的には、あまり政治家自体が好きではないのですが、投票には必ず行くようにしています。
 投票に行かない人に、政治について不満を述べる資格はないと思いますしね。

 ただ、本当に日本の政治、どの政党に入れても、ろくなことにならないというのが困りどころです。
 真の意味で「国民のため」に考えている政党なんて、恐らく「ない」というのがこの国の実情だと思いますしね。
 それでも、「棄権」することだけは、選びたくないため、やむなく「現政権以外」という消極的選択肢を選ばざるをえないです。

 重くなってしまったので、おまけに街中で見たちょっと変わった写真を。

Ca340389

 眼科らしいのですが、「病院」の、「内覧会」って…?!
 それだけ先端設備が充実しているということかもしれませんが、少なくともこんなものを開催する病院、私ははじめて見ました。

教育理念との乖離

 教育基本法の改正案が、強行採決の形で衆議院を通過しました。
 もともと、「教育」というものに政治が口を出すこと自体。あまり好ましくないと思うのですが、更にこの採決、及び内容に対する検討の欠如は、ひどいと思います。

 何よりも、一番悪いのは、「数で勝っていれば、どんなことでもしてよい」といった形の採決は、弱者切捨てを象徴しているようです。
 そのような「汚い」やり方で、「きれいな国」を作る…というのですから、信用できないと思います。

 また、「愛国心」という言葉が、何を指しているのかが全く分からないのも不気味です。
 何らかの「定義」がされているのならともかく、最悪「政府方針に追従すること」を強制するということにもなりかねませんしね。
 子供の教育を牛耳るということは、そのまま国を私物化するのと同じことだと思います。

 今回の改正は、個人的には受け入れられるものではなさそうです。
 「美しい」言葉ほど、「裏がある」ものだと思いますしね。
 以前の「ソフトバンク」のように。
 

景気回復?

 ちょっと、疲れ果てていたので、更新が遅くなりました。
 おまけに、今日は病院の「はしご」も行ったので、いっそう…。

 最近、ニュースなどで、「景気が回復し、いざなぎ景気並の長期にわたって好景気が続いている」と報道されています。
 しかし、個人的にはこの報道が、全く信じられません。

 少なくとも、自分、そして多くのサラリーマンにとっては、「給与は下がり、負担は上がり続けた数年間」であったのにもかかわらず、景気が回復したといわれても、説得力を持たないと思います。
 この場合、採用している指針に問題があると思います。

 恐らく、景気の判断に用いられるのは、「企業」の投資などだと思います。
 それはすなわち、「サラリーマンの首を切って、給与を減らして獲得した」お金を使って投資している…というように、自分には感じられてなりません。
 景気も、「企業」と、「個人」で、二つの指針を設けて「回復」を調べてほしいものです。

100円セールの落とし穴?

 私は足が遠のいているのですが、最近ミスタードーナッツで、全品100円のセールを行っておりました。
 ところが、よく見てみると、面白いことに気づきました。

Ca340066

 これが、そのチラシです。
 ドーナッツは、全品100円に、パイ・マフィンは全品120円なので、通常よりもお得になっております。
 ところが…このチラシの、「真価」は、実は下側の方にあったのです。

Ca340067

 ちょっと見づらい写真で、申し訳ありません。
 このクーポンは、チラシについていた物です。
 キャンペーン期間の後、おおむね一週間程度の間、「全品30%オフ」となっております。

 ここで計算すると、キャンペーン期間に買うのが「損」なのが分かります。
 まず、100円のドーナッツであれば…当然、100円で買うよりも30%引きの70円で買った方がお得になるのは、言うまでもありません。
 そして、ドーナッツの主力価格帯の130円の商品でも…30%引きだと、91円となり、セール中よりも安くなるのです!
 150円くらいから、ようやく逆転現象が発生するので、恐らくドーナッツで唯一お得になるのは、「Dポップ」(200円なので、30%引きでも140円)くらいだと思います。

 このクーポンは、恐らく「パイ」には使えないのではないか…と思います。
 そうでなければ、同じくこのクーポンを使ったほうが割安になると思いますので。

 チラシの期間に買うよりも、その後の方がお得になるチラシ(苦笑)。
 まあ、普通はここまで「考えない」とは思うのですが…。

生贄いじめの「公務員制度改革」

 最近、友人と飲む機会があって、公務員制度改革について、相当不満を持っていたようでした。
 その友人は公務員で、かつ「組合」という、職員組織のメンバーであることから、若干差し引きしなければならないところはあると思いましたが、あまりのひどさに、私も怒りを覚えたため、こうして記事として公開します。

 なお、確認したところ、「法律で明記されている部分について書くのなら、守秘義務違反にはならない、むしろ積極的にさらしてやって欲しい」とのことでした。

 まず一つ目の不満は、「給与制度改革」とのことです。
 全体的に給与が引き下げられ、これで国民は納得…しかし、実は「その上」に、キャリア組専用の「新しい級」が設けられて、一番たたかれるべきものたちがのうのうとしている(下手をすれば、さらに給与アップ)らしいのです。
 そして、「現場で働く」ものたちは一律減少…これで、「まともな改革」といえるのでしょうか?

 加えて、「職責級」というもので、キャリアの連中が、一番「大もうけ」できるようになっているそうです。

 次に、「天下り防止」ですが、聞くだけで怒りがこみ上げます。
 「一般職員」の天下りは厳重に制限しておきながら、「一定の知識を持つゆえに必要とされるものについては、例外措置を設ける」という形で、もっとも「天下り」を起こすキャリア組は、野放し(に近い…内部事情を知らないと、なんともいえないのですが…)らしいです。

 そして、「勤務時間の変更」についても、愚痴をこぼしておりました。
 今まで8時30分から5時までと、普通のサラリーマンより優遇されていたようなのですが、それをサラリーマンにあわせるため、昼休みを45分に減少させ、終業時間を5時15分に延長する…ということらしいです。
 これだけ聞くと、「当たり前じゃあ?」と思いますし、現に私もぽろっと口に出してしまいました。

 しかし、公務員の官庁は、おおむね「市街地から離れたところに建設される」ことが多く、通うだけで大変な場所も、少なくないそうです。
 (私も書類を出しに行って、「何でこんな不便なところに…」と、よく思いました)
 話によると、「昔は墓地だった」所なども多く、夜は絶好の霊的スポットだとか…(怖)。
 そういう「安く手に入る」ところを利用したため、利便性は二の次というのが現状のようです。

 そういうところに行く人たちと、「霞ヶ関の交通が充実している人たち」を一緒くたにして時間を設定する…そう聞くと、彼の怒りも少しは納得がいきます。
 少なくとも、「朝8時に入れというのは、全国を転々とさせられ、なおかつ住宅手当が100%出るわけでもない、うちらには無理なので、何とかそれだけは回避できて、ほっとしている」という彼の意見は、同調できそうです。

 そして、さらに給料の比較基準を、「中小企業を含めた基準」に引き下げるそうです。
 「専門的で、法律知識を常に必要とする」公務員(少なくとも、彼の職種は、業者や弁護士、最悪「暴力団」とやりあう大変なものです)に、「単純作業」と同じ給料の支給しかしてくれない…いくら国の財政がひどい状態とはいえ、「割に合わない」とこぼす彼の気持ち、よく分かります。

 こんなところをいじめるのなら、不祥事を起こしたキャリアをどんどん「クビ」にすれば、その分こちらにお金がまわってくるのに…「身内をかばって」、減給などの軽い処分しか、科さないらしいです。

 小泉内閣の「公務員制度改革」…果たして、本当に「国民のため」になるのでしょうか?
 一番「国民と接する」公務員のモチベーションが下がっては、本末転倒だと思うのですが…。

より以前の記事一覧

アクセスカウンター

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

BIGLOBE

  • BIGLOBE